and you!

DDオタクの備忘録

ジャニオタが自炊セットで雑誌を電子化した話

 

オタクをしていて避けては通れない問題、なんだと思いますか?
そう、収納の限界ですね。

 

円盤にグッズに写真に雑誌、うちわとペンライトの山……オタクをしているとその年数に応じて収集物の質量もどんどん蓄積されていくことでしょう。

今回はどうしようもなくなった雑誌の山を電子化したオタクの作業記録をお送りします。

 

 

 

 

  • 8/6 収納の限界に気付く

f:id:dm_you:20200807115613j:plain

かわいいフィルターで誤魔化したところで誤魔化しきれない限界を超えた雑誌たちがこちら。

しかしジャニオタを続けていれば収納問題は誰しも心当たりはあることでしょう。

全ての雑誌を細かく買い集めているわけではない私も、長年オタクを続けてきたことにより本棚のキャパをゆうに超えていました。 

 

雑誌が積み上がっているせいで新しい雑誌を買うのを躊躇してしまうことも多々あり、このままではいけない!と裁断機とスキャナをレンタルしたことのある友人に相談しました。

 

KIKO「自炊セットどこでレンタルした?雑誌タワーがやばい」

「(URL)」

KIKO「思ったより高かった……」(2公演分のチケット代)

山を自力で解体する手間を考えるのよ。きこは非力」

KIKO「ヒン…………借ります」

「紙も劣化するの考えるとここらでデータ化するのも悪かない」

 

ド正論パンチを貰い、教えてもらった自炊セット*1をレンタルすることに。

 7泊8日で一週間がっつりレンタルできるようなので、溜まった雑誌の山をこの機会にザクザクデータ化していくことに決めました。

 

  

友人に話を聞いたところ、

・裁断機がでかいので広いスペースを用意すること
・ゴミ袋を用意すること(裁断した本の背表紙が棒になる)
・サイズが同じものを揃えておくとやりやすい

 

等々の助言を頂いたので、先人のありがたさに感謝しつつ、レンタル品が届く前にある程度の雑誌を出しておきます。

 

f:id:dm_you:20200812022231j:plain

出して……

 

f:id:dm_you:20200812022303j:plain

出し……

 

f:id:dm_you:20200812022548j:plain

出していきます。

まずはサイズの揃っているDuet、POTATO、Winkupの3誌から手を付けていくことにしましょう。

 

 

  • 8/12 レンタルセットが届く

f:id:dm_you:20200812234841j:plain

f:id:dm_you:20200812235650j:plain

物珍しいもの大好きな二匹が目を付けてきましたが、さすがに刃があって危ないのでどいてもらって早速セッティングをしていきます。

 

こちらのブログを参考にしながらスキャナ用ソフトをインストール。

私のスキャン設定はこんな感じにしてみました。

f:id:dm_you:20200813001221p:plain

保存容量には余裕があるので画質は最高で。また、のちのちテキストの検索ができるように、全ページ検索可能なPDFにするにチェックを入れておきます。

 

 

  • 作業開始 

■8/12 作業1日目

帰宅が夜だったのでひとまずセッティングとお試しをしてみることに。


①本の背表紙を裁断する

f:id:dm_you:20200813000420j:plain

読み取りに支障が出ないように、ノリが完全に付着しない位置で切ります。*2
(目安になる場所にマステで印をつけました)

 

f:id:dm_you:20200813002119j:plain

するとバッサリ雑誌が切れ……
てない。

 

己の非力さを甘く見ていました。

一気に力を掛けようとするとうまくいかないことが判明したので、数回に分けながら少しずつ断ち切っていきます。

 

f:id:dm_you:20200813002452j:plain

ふう……。

恐らく、ある程度力のある方であればそう苦労はないのかもしれませんが、力に自信の無い方は数度に分けて細かく切っていくのが良さそうです。
(ただしスキャンの妨げになる切りクズが出やすいので注意!)

 

 

②裁断した雑誌をスキャンする

f:id:dm_you:20200813002751j:plain

ポスターやハガキを取り除きながら、裁断した雑誌をスキャナへ読み込ませていきます。

古い雑誌だと紙同士がくっついていることも多いので、ある程度確認しながら……。

 

 

③データの確認

f:id:dm_you:20200813003339j:plain

読み込まれたデータはこちら!綺麗だし、しっかりテキスト検索もできています。

最高画質に設定して、1冊あたりのスキャン時間は170p前後で10分、データ量はおおよそ450~550MBでした。*3

 

1冊10分……?
目標冊数を考えると最速でも50時間………………?

 

いえ、あまり考えずこの流れでどんどん電子化していきましょう。
裁断のパワー負けという予想外の問題はありましたが、とにかくやっていきます。

【1日目】

スキャンした雑誌:12冊

 

  

■8/13 作業2日目

昨日の目算でレンタル期間に終わる見込みがなくなってきましたが、やらないことには始まりません。
裁断にも慣れてきたので、用事のない今日は一日黙々とスキャン。

 

f:id:dm_you:20200818215023j:plain

何冊も作業をしているとスキャン画像に縦線のノイズが入るようになるので、エアダスターで細かいゴミを飛ばしたり、無水エタノール読み取りのガラス面を拭いたり*4などのメンテナンスも挟んでいきます。

エアーはゴミが溜まってきたら程度でよかったのですが、ガラス面はまめに拭いてやる必要がありました。

【2日目】

スキャンした雑誌:54冊

 

  

■8/14~18 作業3~7日目

レンタル最終日には梱包をし直して集荷してもらえるようにしておきたいので、18日を最終日に設定しておきます。

ここからは作業をするだけになるので、こちらのまとめをご覧ください。

f:id:dm_you:20200820014041p:plain

一週間での累計:218

 

2日目こそ他に予定もなく黙々とスキャンをし続けていましたが、日中予定のある日は30冊程度が限界でした。

 

ここで当初より懸念していた問題が浮上してきます。

標数のスキャンが終わっていません。

解体前の雑誌、過去に解体してファイリングされているスクラップなどがまだ部屋に残っていました。
思いの外、雑誌を綺麗に自炊するのは時間がかかるようです。

 

…… 

 

f:id:dm_you:20200819003416p:plain

延長料金は1日あたり700円!

便利なサービスのおかげでレンタル期間が延びてなんとかなりましたね。
それでは作業再開です。

 

 

■8/19、20 作業8、9日目

なにわの配信やハイハイジェッツの配信を見つつ、隙間時間はずっと残りの雑誌のスキャン作業をしていました。

【最終結果】
9日間での累計:293冊
データ量:118GB

 

なんとこの9日間の作業で、ひたすら積まれ続けていた雑誌の山が残すところバカデカテレガイアルファのみになりました!!!
こいつはもうどうしようもない大きさなので積まれててもらいます。


借りた機材を梱包し直して、レンタルサイトの注文履歴から集荷の申し込みをし、引き取ってもらえばレンタル終了です。

 

 

書ききれなかったtips

・レンタル品が届いた際の梱包の様子は写真に撮っておくべき
(返却時にどう入っていたのかわからず困惑するターンがあったので……)

・横幅の広い雑誌は両端を断ち落とすとスキャンできる
(端っこに写ってる子が切れちゃうかもしれませんが、そこは雑誌を取るか収納スペースを取るか自分の中で相談していただければ。今回はとにかく雑誌を減らそうということで、できる限りスキャンしました)

・猫飼いは作業の邪魔をされる
(裁断したゴミに飛びついてめちゃくちゃに散らかされました、気を付けて)

 

 

安いレンタル費用ではありませんが、長年積み重なった雑誌を思い切って処分できたことに大満足しています。

ただ、高画質でのスキャンにはどうしても時間がかかるため、大量の雑誌に取り掛かる場合はまとめた時間が取れる期間にレンタルをするのがおすすめです。*5

 

 

以上、ジャニオタの雑誌電子化備忘録でした!

全てのドル誌は電子対応してくれ~

 

 

*1:雑誌をスキャンして電子書籍にすることを自炊といいます

*2:ノリが付着することでスキャナのガラス面が汚れてしまいます

*3:ポポロは同程度、Myojoで800~900MB

*4:無水エタノールをコットンに染み込ませて清掃しました。ティッシュなど繊維くずが出やすいものは不向きです

*5:10時間ほど業務のように作業をこなした日ですら50冊ちょいでした……。

第二回非公式ジャニオタ菓子盆選手権 最強の「丈くんと過ごす今夏の駄菓子盆」はどれだ!?

 

夏です。

夏と言えば皆様は何を思い浮かべるでしょうか?

海? 花火? お祭りは今年の情勢を鑑みるになかなか開催が難しいところかもしれませんが……

 

しかし当然、この夏といえば

関西Walker&東海Walker単独表紙夏男

藤原丈一郎くんですよね!!

 

 

と、いうことで暑い日々が続く今日この頃、照り付ける日差しに負けながらオタクが再結集することとなりました。

 

題して、 

第二回 非公式ジャニオタ菓子盆選手権

最強の「丈くんと過ごす今夏の駄菓子盆」はどれだ!?

 

今回の記事につきましても、菓子盆選手権の原案であるオモコロ様への多大なるリスペクトを込めて制作させていただきました。*1

 


【開催要項】

「丈くんと過ごす今夏の駄菓子盆」に合わせた菓子盆をプレゼンしていただきます。
どんなシチュエーションで提供する菓子盆なのかも併せて設定してください。

 


【菓子盆選手権のルール】

・自己判断で、駄菓子の括りだと思うお菓子を使ってください
・予算は500円程度です
・菓子盆が用意できない場合、代用として皿を使うことは可能です
プロ野球チップスは公式ルールにより禁止されています

 


【選手権の流れ】

①テーマ発表
②用意した菓子盆の写真を発表
③設定したシチュエーションの説明、菓子盆の内容を好きなだけプレゼン

 


【参加者】

■エントリーNo.1 きぬこ 丈担 

前回の選手権ではふとした記憶の隙間を呼び起こさせるような『丈ー!お菓子持っていってー!』を披露。

ノスタルジーと幼心を存分に詰め込んだ懐かしさにより、人々の共感を呼んだ。

 

■エントリーNo.2 めそ 丈担 

前回の選手権では野球場を模した色彩豊かな『雨と野球と菓子盆と』を披露。

多彩な飛び道具を使いこなすエンターテイナーとして華々しく登壇した。

 

■エントリーNo.3 やこ 丈担 

前回の選手権では実生活に基づいた実在性溢れる『丈くんとだらだら過ごす雨の日の菓子盆』を披露。

日常のストーリーテラーさながらのリアリティを盛り込み、見る者を唸らせた。

 

■審査員(筆者) KIKO 大橋担 

相変わらずなぜ呼ばれているかはわからないが、前回の激戦を温かく見守った。

 

 

第一回の様子はこちらから!

dm-you.hatenablog.jp

 

 

今大会では、夏をテーマにした「駄菓子盆」と多少テーマを狭く設定させていただきました。この縛りがどう出るのかにも期待したいところです。

尚、今回も多大なるオタクの妄想が散見されますのでご注意ください。

 

それでは、早速一つ目の盆から紹介していきましょう!

 

f:id:dm_you:20200721001834p:plain

  

 

 

■エントリーNo.1 きぬこ

 

テーマ『夏祭りの思い出をなぞる駄菓子盆』

f:id:dm_you:20200725224127j:plain

【使用菓子】

 わたがし 70円
さくらんぼ餅 38円
ムーンライト 215円
ポテトフライ 38円
ビッグカツ 27円
うまい棒(コーンポタージュ味) 11円
そのまんまグレープ 38円
ミニコーラ 38円

合計 475円

【シチュエーション】

・親から自治会の仕事を押し付けられ、私は夏祭りに参加した子供にあげるお菓子セットを作ることに。
・そんな中(アイドルではない設定の)丈くんが家に来たが、会うのは久しぶりすぎて何を話せばいいかも分からない。
・昔を思い出して子供会のお菓子セットに使われるようなお菓子を出せば間が保つかもしれない。
・使用したお菓子は近所のスーパーで駄菓子コーナーに置いてあったもの。ムーンライトは駄菓子コーナーにあったので今回は駄菓子です。

  

 

やこ「綿菓子だ!」

きぬこ「綿菓子を置きましたよ。綿菓子もうちょっと置き方があったなとは思うんですけど……」

 

めそ「ムーンライト高っ」

きぬこ「そう箱なんですよねこれ」

KIKO「でも駄菓子コーナーにあったらそれはもう駄菓子です」

きぬこ「でしょ? それは一応ね気を付けましたよ」

 

きぬこ「私の菓子盆なんですけども、テーマが夏祭りの思い出をなぞる駄菓子盆になっております。子供の頃に自治体とかそういうところで、参加するとお菓子をくれる行事がある地域で、私は親から「今度夏祭りがあるから子供にお菓子セットを作る」という仕事を押し付けられます

 

きぬこ「お盆休みで家にいるのにそんな雑用を押し付けられて、と思っているところに、なんか玄関が騒がしいなと思っていると、なんと幼馴染の丈くんが我が家に急に訪問しに来たと

 

きぬこ「この幼馴染の丈くんなんですけど、普段は大阪市内の職場で営業の若手社員として働いていて、でひとり暮らしをしてるんですけど、お盆休みなので実家に帰って来てると。で元々ご近所さんなので親同士もよく知っていて、お母さんも家に上げてしまうんですね

 

きぬこ「あまりに久々すぎて何を話していいのかわからない。ただ、折角上がって貰ったのにすぐ帰れというのも悪いですし、そんな時に丁度今作っている夏祭りのお菓子セットがあるから、それを出して思い出話でもすれば場が持つだろうと考えて作ったという感じですね」

 

きぬこ「大の大人なので駄菓子をいろいろ集めて来て、っていうのに整合性を持たせるのをどうしたらいいかなということで、こういうことになりました」

やこ「でもそれでこのシチュエーション出てきたのすごいな」

きぬこ久しぶりの丈くんが来るっていうね」

めそ「ええ~どきどきするね」

きぬこ「が、まあイントロダクション的なところですね」

 

 

きぬこ「近くのお店の駄菓子コーナー、何屋って言うのかよくわかんないお店で駄菓子コーナーがあって、そこに売っているものだから駄菓子だろうという」

やこ「地区のお菓子の中に入ってそうですよ」

めそ私貰ったことありますもん、森永のそういうクッキーみたいな小分けのやつ」

 

f:id:dm_you:20200726013214p:plain

きぬこ「一個一個なんですけど、ポテトフライとカツとコーラのやつですね。このへん私の考えるザ・駄菓子っていう感じかなと思って入れたっていうのがメインですね。こういうちっちゃいポテトフライって大人になったら買わないよねという、駄菓子らしさで置いてますね」

 

f:id:dm_you:20200726013308p:plain

きぬこ「その中でコーラなんですけど、この盆中の私は久しぶりに会ってあんまり覚えてないから、丈くんがこういうもの好きっていうことは覚えてないんですよ。でもこういうちっちゃくて面白いものって好きなんですよ丈くんは

めそ「好きだとおもいます」

きぬこ「だから「あっこれ懐かしい~」みたいな感じですぐ食いつくんですよ」

やこ「かわいい~」

 

きぬこ「そういやこういうの好きな子やったなぁってなるんですけど、開けようとする時に丈くん不器用じゃないですか。ちっちゃい頃は指もまだ細いからいけるんですけど、大人になるからよけい開けにくくなってて、なかなか開かないんですよ。で昔からこの子ちょっと不器用だった気がするな、みたいな

めそ「ここで過去の記憶が蘇ってくる」

きぬこ徐々に記憶が蘇ってくるのがこのへんですね

 

きぬこ「一応仕事として申しつけられてうまい棒とかも買ってるんで、いっぱいあるやつを買ってたりするんですしょうね。で、適当に置いたんですよね。だけどたまたまこのコンポタ味が好きな味やったみたいっていう。コンポタ味好きそうじゃないですか

めそ「丈くんclapで二人暮らしのやつやってた時、朝ご飯コーンスープ作ってたからぜったい好きです

 

きぬこ「盆中の私はそれを忘れてるんですけど、まぐれで当たりを引くみたいな。まぐれだけど当たりだったから、びっくりするみたいな。なんとなく嬉しそうに見える

やこ「駄菓子ですから絶妙な感じですね」

 

f:id:dm_you:20200726013357p:plain

きぬこ「続いてなんですけどさくらんぼ餅ですね。これ私あんまり好きだった記憶ないんですけど、こういうのって人工的なというか、さくらんぼ?みたいな味すると思うんですけど、食べながら「こんな味だったっけ」みたいな話をし始めるようになりますね、このあたりで

めそだんだん打ち解けてきてる、気まずかったけど」

 

きぬこ「でつまようじが一本しか入ってないんですよ、ひとりで食べる用だから。気ぃ使って手で食べてくれるんですよ

やこ「かわいい~~」

めそ「ひとつひとつつまんで……」

きぬこ「悪かったなって思うんですよ、つまようじくらいあったのになって」

 

f:id:dm_you:20200726013548p:plain

きぬこ「次がですね、わたがしなんですけど。駄菓子コーナーに売ってたやつで、袋から出したまんまのやつぽんって置いても良かったんですけど、あまりにも塊感がすごくて……

やこ「四角いですよね」

きぬこ「そう四角くて、あんまり綿菓子感がなかったんでちょっとちぎってね、置いちゃって。ちょっと盆中の私はそういうことを気にしてないんですけど

 

きぬこ「丈くんってあんまり子供の時からお祭り行っても射的とかばっかりやって食べ物あんまり食べなかったなっていうのをこのへんで思い出してくるんですよね。綿菓子は夏祭りの雰囲気を味わってもらったらいいかなっていうので入れてます。見た目がかわいいかなっていうのもあるんですけど」

めそ「ファンシーな感じ、盆の上にこう。ほんわかします」


きぬこ「食べながら、ああそういえばこの子、あんまり屋台の食べ物とか食べてなかったなって思い出すんですけど、丈くんもその辺りになったら思い出して「お祭りっぽいもの食べてるわ」とか言うんですよね」

 

f:id:dm_you:20200726013755p:plain

きぬこ「そんな感じでそろそろ打ち解けてきたなぁっていうあたりで、ムーンライトの説明なんですけど。これ私が普通に好きなお菓子なんですよね。おうちに来てもらった人に全部駄菓子ってのも悪いなと思って、家におやつとして食べる用に置いてあるムーンライト、これも添えとこって感じですね」

 

きぬこ「さっきまでは出したやつがたまたま丈くん好きだったとかだったんですけど、これは私が好きだったやつなので、そしたら「これ好きなん昔から変わってないやん」って向こうが思い出してくれます

やこ「めっちゃいいな~~」

めそ昔の好みとか覚えててくれてるんや

 

きぬこ「それで、今まで忘れてたのを自分で思い出して、丈くんとも思い出が繋がったっていうことで嬉しくなるっていう

 

f:id:dm_you:20200726014001p:plain

きぬこ「最後ですかね、そのまんまグレープっていうぶどうのガムなんですけど。三粒入ってて一個がめちゃ酸っぱいっていうゲーム性のあるやつなんですよね。人が来た時にガムなんか出すなよと思うんですけど、そろそろ打ち解けてるんでちょっとゲームでもしようぜみたいなノリで食べるみたいな」

やこ「けっこうおちゃめですね」

きぬこ「で、案の定丈くんが酸っぱいやつを取るっていう。安定の流れ的な感じで」

 

きぬこ「最初は気まずいなって思ってたんですけど、幼馴染と久しぶりに会って、昔の思い出をお菓子を通じて辿って、最初嫌々だったけどこういうのも案外良かったかなぁなんて思いながら

 

きぬこ覚えててくれたのが嬉しかったな、なんて気持ちはありつつも普通に盆休みが終わったら丈くんは帰って行きますし、その後会うかどうかもわかんないですね。また会えたらいいなとは思ってるけど

やこ「地元の友達のあるあるだ」

きぬこ「と、いうのが私の菓子盆でした」

やこ「設定組むのすごいなー」

めそ「すごいですよ、嫉妬しちゃう」

 

 

久しぶりに会った幼馴染の丈くんと打ち解けるための思い出の菓子盆を出したきぬこ氏、審査員の講評はこちらとなりました。

 

 KIKO

まず、何よりも綿菓子の存在感に目を奪われます。
この一手がお祭りを連想させる一助になっているのでしょうか?しかしながら周囲のラインナップを見るに、遠足を思い起こさせるような顔ぶれにも見えます。
一体?と考えていたところで、子供会のお菓子セットに使われるお菓子だと聞いて妙な納得感が芽生えてきました。

なるほど、そのラインナップであればこの顔振れは納得です。
リーズナブルながらもボリューム感のあるスナック菓子をメインに据えて、どこか遊び心のあるそのまんまグレープや綿菓子が華を添えていました。
そして価格でも一つ頭を抜けているムーンライトなのですが、子供の頃に貰ったお菓子セットを思い浮かべた時に何か一つ、箱もののお菓子ってありましたよね。
お話の中ではたまたま家にあったお菓子、ということでしたがこちらは元々子供会のお菓子セットの中に含めるつもりで用意してあったもの、である方が逆にリアルだったかなと感じます。あまり子供心にはピンとこない、しかし定番顔をしている素朴なお菓子が鎮座していると一気に子供会のリアリティを深めるので……。

アイドルではない丈くんと、子供の頃はよくお喋りしていたのに、久々に会ってみればどう話していいかわからない。
そんな相手との共通の話題と言えば幼い頃に楽しんでいた共通のお菓子。遠い昔にしまい込まれていた幼心を、盆を囲みながらわいわいと呼び起こしていける気分になりました。
相手をおもてなしするため、という目的の盆としては分量の点も適切かなと感じます。個包装なので残してもあまり気が引けない、という部分もありますね。

ただ、気の知れた相手ではなく久々に再開した同郷の相手へ出す盆として、パッケージを剥かれた綿菓子というのはいかがなものでしょうか?
相手との距離を測りかねるターンでは、相手の手の入った菓子というのは多少の賭けにも繋がりかねません。
遠慮があるのか、近しい距離感なのか、この盆からは読み取ることが難しかった。この一点のみやや考えさせられる部分ではありました。 

 

 

  

■エントリーNo.2 めそ

 

テーマ『真夏のドラフト会議』

f:id:dm_you:20200725224249j:plain

【使用菓子】

・ラムネ 100円×2
うまい棒 10円×14
・うまい玉 30円
・ニューフエラムネ 20円
・ココアシガレット 30円
・ポップキャンディ 10円×2

合計 475円

【シチュエーション】

・(アイドルではない設定の)丈くんと一緒に住んでいる。
・真夏の昼下がり、縁側にふたり並んで座り、冷えたラムネを飲みつつうまい棒でドラフト会議をしたらきっと楽しい…そんな思いから生まれた盆です。
・楽しんでいるうちに気づけば日が暮れていて、もう夜になってもたね、なんて笑い合いたい。

  

  

めそ「こんなに乗せても500円いかないとか駄菓子めっちゃ安くないですか」

きぬこうまい棒だからじゃないですか?

KIKO「ラムネが大半いってるんじゃないですかこれ?」

めそ「そうなんですよねラムネが、でもラムネも100円くらいで」

 

めそ「今回テーマが真夏のドラフト会議にさせて頂きました。みなさん早速なんですけど質問させてください。うまい棒でドラフト会議をしたことはありますか?

KIKO「ないです」

きぬこ「ないですね」

やこ「ないですね」

 

めそ「今回の買い出しのために駄菓子屋さんへ行ったわけですよ。そうしたら色とりどりのうまい棒が並んでおり、私はそれを見てこれだ、と思い立ったんです」

 

めそ私と丈くんは一緒に住んでるんですけど、真夏の昼下がりに縁側で二人並んで座って」

KIKO「ちなみにその丈くんというのはアイドルの丈くんですか?アイドルじゃない丈くんですか?

めそ「高校の同級生で、大学は別のところに行ったんですけど、成人式で再開して、お互いが野球好きだと判明したのがきっかけで連絡先を交換し会うようになって、21くらいの時に付き合って今24なんですけど同棲しています

KIKO「なるほど、ありがとうございます」

 

めそ「私も丈くんも野球が好きなんですけど、いまジャニーズJr.界隈でもドラフト会議流行ってるじゃないですか。冷えたラムネを飲みつつ、うまい棒でドラフト会議をしてみたいなと、そんな思いから生まれました」

 

めそ「ふたりでお菓子たべながら楽しみながら団欒をしているうちに、気付けば日が暮れていて、「ああもう夜になってもうたな」って笑い合いたいなという盆でございます」

 

 

f:id:dm_you:20200726021959p:plain

めそ「今回使用したうまい棒が全部で15種類あるように見えますね?

KIKOうまい玉ってなんですか

めそ「それは!それちょっと後で言おうと思ってたんで少々お待ちください!台本があるんで」

きぬこ「段取りがある」

 

めそ「チーズ味、牛タン塩味、シュガーラスク味、とんかつソース味、サラミ味、のりしお味、コンポタ味、めんたい味、たこやき味、なっとう味、エビマヨネーズ味、やさいサラダ味、テリヤキバーガー味、やきとり味。……おや?

 

f:id:dm_you:20200726022328p:plain

めそお気づきの鋭い方はもしかしたらいらっしゃるかもしれないんですけど

きぬこ「クソ茶番やめろww」

KIKO「さっき言ったさっき言った」

 

めそ「これね、うまい玉といいます」

きぬこ「初めて見た」

めそ「正体はこれです」

 

f:id:dm_you:20200726022437j:plain

めそ「これはちっちゃいシュークリームにチョコ入ってるやつらしいんですけど、今回あえてうまい棒の中にこのうまい玉を捻じ込んだ」

 

めそ「これはまあ絶対ね、好奇心旺盛な丈くんのことだから、興味をそそること請け合いだと思っています。たくさんのうまい棒の中からうまい玉を見つけて、「えっこれ何?!」という反応を期待して入れてみました」

きぬこ「してくれそう」

 

めそうまい棒を食べる前に、ドラフトをしようって私が提案するんですね。で丈くんもすぐに「あっええやん」って乗ってくれるんですけど。まあお互いそれぞれ私と丈くんでうまい棒の中で希望選手をひとりひとり、「第一巡選択希望うまい棒、……チーズ」みたいな。そうやって遊んで」

 

めそ希望選手が被ったときがまたね、勝負が始まるんですよね」

KIKO「これ明太被りそう~」

めそ「明太被りそうですよね!二巡目で明太が被って、じゃんけんしたりとかして。自分の中でのうまい棒軍を作っていく

 

めそ「私の中で夏に飲みたくなるものの代表にラムネが上げられるんじゃないかなと思っていて、丈くんと縁側で夏の日差しを浴びながら冷やしたラムネのシュワシュワした喉ごしを楽しみたいなと思っています」

きぬこ「めっちゃ似合う」

やこ「丈くんラムネが似合うな」

 

めそうまい棒だけじゃ口の中パッサパサになって飽きてしまうかなと思って、左側に甘いお菓子も一緒に

 

f:id:dm_you:20200726022657p:plain

めそ「笛ラムネは、丈くんと一緒にピーって吹いて楽しみたいなと思って。二人とも大人やけど今日ばっかりは子供に戻ったような気分で一緒に遊びたいなって

 

f:id:dm_you:20200726022721p:plain

めそ「次がココアシガレットなんですけど、ココアシガレットふかしてちょっと大人ぶってみた記憶ってたぶん大勢の少年少女の記憶に刻まれてると思って。丈くんもちっちゃい頃やってたらかわいいって思って。でお互いの小さい頃の話に発展していく感じになります

 

f:id:dm_you:20200726022755p:plain

めそ「で、一番手前に見えますのがペロペロキャンディー。これも皆さん食べたことあるやろなって思うんですけど、ただ単に丈くんがペロペロキャンディーを舐めるところを見たいという欲望で入れました。ぜったいかわいいから

 

めそ「今回菓子盆に飲み物を乗せるのはどうなのかなって思ったんですけど、どうしても入れたくて……」

きぬこうまい棒に圧倒されてそんなこと気にならなかった……

 

 

インパクト大、そして遊び心特大のうまい棒ドラフト菓子盆を出しためそ氏、審査員の講評はこちらとなりました。

 

KIKO

 思い切った盆を上げてきましたね!
この盆を見た時に全ての人間が最初に反応するのは当然うまい棒でしょう。それ以外を先に言及するのは天邪鬼です。

私自身、ここまでうまい棒に種類があることを初めて知ったのでこの圧倒的うまい盆を眺めているだけで面白いですよね。
数多く並べられたうまい棒をドラフトで並べているうちに掘り返される異質な「うまい玉」。聴衆からもいくつも声が上がっていましたが、ここに遊び心を潜ませているあたり、うまい玉に気付いた時の楽しい光景を思い浮かべさせられる自然な配置だと感じました。

しかし、菓子盆の本質というのはどこにあるのでしょうか。人によって重きを置く部分はそれぞれかとは思いますが、それでも菓子盆というのは菓子を食すための盆であると私は宣言したいです。
その観点で見た際に、こちらの盆のうまい棒のいくつが口へと運ばれていくでしょう?エンターテインメント性を追い求めるあまりに、食に対する意識がおろそかになっている面を感じます。

左側の甘味は箸休めの意味で置かれたものということですが、フエラムネとココアシガレットが味被りを起こしていることが気になりました。さらに言うと飲み物もラムネなんですよ……!
つまりこの盆はラムネとうまい棒と飴の盆なんですよ……!
盆上がうまい棒に偏っている分、他のお菓子はバリエーションにとんだ品ぞろえをしてほしいな、という印象でした。
盆の上で楽しむものは、視覚であり、味覚です。そのバランスを蔑ろにしては欲しくないなと思います。

ラムネの登盆は審議が必要な部分かもしれませんが、今回は可とさせてください。やはり夏の醍醐味と言えばラムネ、それを美しく配置したのは夏の風情を溢れさせており素敵な盆でした。
昼の暑さのすっかり引いた夜長、ふたりでああでもない、こうでもないとうまい棒を並べながら対話するのは、他愛なくも素敵な時間になりそうです。

 

 

 

■エントリーNo.3 やこ

 

テーマ『丈くんに挑む駄菓子盆』

f:id:dm_you:20200725224314j:plain

【使用菓子】

うまい棒チーズ味 10円×2本
プチプチうらないチョコレート 30円
おやつカルパス 10円×4個
ミニサワー 30円
マーブルフーセンガム グレープ 20円
ミルクボーロ 20円
ジューC 60円
チョコボール キャラメル 80円
あわソーダ 30円
パチパチパニック! 40円

合計 370円

【シチュエーション】

・(アイドルではない設定の)丈くんと一緒に住んでいる。
・夏!……とはいえのびのび遊べないのでおうち遊びに偏る夏
・駄菓子屋さんが近所にあることを発見
・丈くんが好きだった駄菓子を当てる盆をつくることに

  

 

やこ丈くんに挑む駄菓子盆。で、内容は写真の通りなんですけど。今回も菓子盆を出す間柄的に一緒に住んでることにするんですけど

きぬこ「だいたい住むな~」

やこ「今回はバリバラのフジワラくんみたいな感じで営業の丈です

めそみんな営業の丈くん好きやな

やこ「いまの黒髪短髪デコ出し丈くんがかっこいのでそういうことにしましょう」

 

やこ「今回夏っていう設定なので、とは言いつつも今年の夏であることに視点を向けると遊んでる場合じゃねえ!という現実が襲ってきてしまうので、夏は遊びたいと言えども今は残念ながらそんなご時世ではありません

 

やこ「私がちょっとお仕事で、安価なお菓子を仕入れなきゃいけないことがあって、Googleマップでお菓子の量販店を調べてたんですけど、近所にいかにも駄菓子屋さんみたいな駄菓子屋さんがあることを見つけました。おでんとかもあったんですけど」

めそ「すごいな、この古き良き駄菓子屋さんみたいな」

 

やこ「それでちょっとテンションが上がり、それを丈くんに伝えたら「懐かしいな~なに好きやった ?」みたいな話になるんですけど。でも駄菓子屋にテンション上がったものの、私は実家の近くに駄菓子屋さんがなかったので、言うて話せるネタないなということに気付きます」

 

やこ丈くんは近所に駄菓子屋さんがあったという話をしていたので、じゃあちょっと今度の休みに、私が丈くんが昔食べてたような駄菓子を当てて買ってくるから。懐かしいって言わせるから待ってて、みたいな」

めそ「えっかわいい」

きぬこ「そっか、だから挑んでるんだ

やこ「そうです、勝負を挑みました」

 

やこ「ついでに、今度は丈くんがほんとに食べてた駄菓子をそこでまた買ってきて答え合わせしようみたいな週跨ぎの提案もします」

めそ「かわいい。500円握りしめて駄菓子屋さんに行く丈くん」

 

やこ「のびのび遊べないけどお家遊びもいいかなみたいな感じで、でも最終的に丈くんとおでんを食べには二人で行くと思います

 

やこだから選定理由としては丈くんが好きそう、子供の時に食べてそう、みたいな感じで。いかにも駄菓子っぽくて駄菓子でしか食べないような物と、駄菓子かわかんないけど確実に子供の時には食べてたなっていうやつを買ってきました」

 

 

f:id:dm_you:20200726102137p:plain

やこうまい棒チーズ味なんですけど、うまい棒は三人が選んでるという」

きぬこ全員登盆させた

KIKO登盆率100%

 

やこ「味はそんなに種類がなくて、このお店自体が小さかったのもあるんですけど、本当にこのお店で買える駄菓子たちっていう設定にはなるんですけど

めそ「でもそれがリアルな感じ増してますよね

やこ「答え合わせも丈くんにこのお店でしてもらうので

 

やこ「五種類くらいあったんですけど、食べるのは私たちなんで私が好きで、丈くんも嫌いではないだろうというチーズ味のうまい棒

 

f:id:dm_you:20200726102157p:plain

やこ「プチプチ占いチョコレート、これは私があったな~って思ってたやつです。それこそ夏祭りのお菓子とかに入ってた感じの。で、やっぱりあったのでこれを手に取りました。たぶん丈くんも買ってるはず、小さいときに」

 

f:id:dm_you:20200726102523p:plain

きぬこ「カルパスこの前も登盆してませんでした?」

やこ「そう、この前もいたんですけど。このカルパスが箱状の容器に入ってて、駄菓子屋さんで掴み取りできるような。そういう形で売っていて、その様子がいいなーと思って。子供は好きだろうな、手を突っ込んで握りしめてこれください、みたいな

 

やこ「おやつカルパスお肉っぽいから、子供の時に……どうかなあ、私がカルパスを食べる丈くんを視すぎてるから何とも言えないんですけど

めそ「あでも、わたし丈くんじゃないけど子供の頃カルパス好きでした」

 

f:id:dm_you:20200726103221p:plain

やこ「次はミニサワー、これはラムネ菓子でいいのかな?この感じ、子供好きだし丈くんも好きだったでしょうみたいな」

きぬこ「わかる。置いたもんわたしも

 

やこ「さっきめそさんでラムネの件が言及されてて、私の盆の中でジューCとあわソーダっていうのもたぶんラムネ扱いにはなるんですけど、ただ子供はソーダ味サイダー味が大好きというのを思って買ってきました」

 

やこ「で、マーブルフーセンガムグレープ。これオレンジもあったんですけどグレープが一番みんな食べてるのかなって思って。思い出が強くあるので買いました

 

f:id:dm_you:20200726103602p:plain

やこ「次のミルクボーロ、これ。これも駄菓子としてしか私はあんまり食べてた記憶がなくて、「こんなんあったなー」の返事待ちです。まあ全部がそうなんですけどねこの盆は

きぬこ「挑んでますからね」

 

やこ「次がジューC、これもまた私の思い出なんですけど、このジューCが好きだったなっていう」

めそジューC今も好きです」

やこ「美味しくて好きだったし、これも子供の頃しか買わなかったから今もあるんだーって思いつつ買いました。これはちょっとラムネ味しかなかったんですけど」

 

f:id:dm_you:20200726104555p:plain

やこ「で次がチョコボールキャラメル。これは絶対買ってるやろという」

めそ「買ってそう~」

きぬこエンゼル集めてましたよね

やこ「私もエンゼル集めてた記憶がすごいある」

 

やこチョコボールこれは「ずるいやん」って言われます。「こんなん絶対あるやん」って。それ言ったらうまい棒も絶対あるから、それは良いでしょみたいな顔をして押し切ります

きぬこ「押し切るんだ」

 

きぬこ「キャラメルなんですね」

やこ「そう、これは私が昔にキャラメルばっか食べてたからなんですけど。だからもしかしたらこれ買ったら、「俺ピーナッツのが好きやねんけど」って言われるかもしれないですね

KIKO「でもそうしたら次の週にピーナッツの方を買ってきてくれるってことですもんね」

 

f:id:dm_you:20200726104828p:plain

やこ「残りのあわソーダとパチパチパニック、これ具体的に商品名として覚えてたわけじゃないんですけど。こういうのあったなーっていう、食感で遊ぶ系のお菓子。こういう系あったなーって言うし、絶対買ってるし

 

やこ「この泡のやつ、食べてみたんですけどすごい口の中泡になるお菓子で、食べながら「やばいやんこれ、待って待って」って言う丈くんがいる

きぬこ「待って」って言う~」

やこ「でもたぶん来週もこれは丈くんが買ってきます

めそ「そういうちょっと面白いもんが好きっていうね」

やこ「だから特に丈くんこんなん買ってたやろ、っていう丈に寄せた盆になっています」

 

やこ私は会社で出会ったので、昔の丈のことはなんにも知りません」

めそ「あっ社内恋愛ですか?」

やこ「なので、この盆を通して知らないところを埋めていく話になるのかなと思います」

めそ「この小さな菓子盆で新たな丈くんの……いいですねなんか、盆を通してまた距離が縮まっていく感じが

 

 

丈くんに挑むという視点からゲーム性豊かな菓子盆を出したやこ氏、審査員の講評はこちらとなりました。

 

KIKO

タイトルからそう来たか~~!!と思わされました。巧妙なリアリティの紡ぎ手は今回も健在のようです。

自分がそこまで駄菓子に慣れ親しんでこなかった経緯を含めてのストーリー作り、見る者にたいへん入りやすさを感じさせてくれる親切な運びだと感動しています。
週跨ぎで丈くんに答え合わせをしてもらうという引きも素晴らしいですね!「今夏」ということを汲み取りながら、このご時世でなかなか出歩けないからこそ家の中でできる遊び方、羨ましくなるほど楽しそうでした。

盆上を見ていくと、いかにも駄菓子だったり子供の好きそうなお菓子だったりが並べられています。
うまい棒の登盆率は本当に目を見張るものがありますね。誰もが慣れ親しんだ駄菓子の代名詞ともいえば、うまい棒であると言えるのかもしれません。
親しみやすさの代表であり、更に真っ先に思い浮かべるものであれば、きっと丈くんも駄菓子といえばで思い浮かべていることでしょう。

駄菓子当てであれば定番の商品がもう少しあってもいいかな?と感じました。男の子が子供の頃に食べていたであろう駄菓子、ではあれば焼肉さん太郎やラーメン菓子なんかのちょっとチープなものがもう少しあるといいのかもしれません。スナック菓子でもいいですよね。
この盆は子供心になりきれない大人、という小綺麗さがやや垣間見えます。
しかし、この設定上はそれでもいいのかもしれませんね。当たっても当たらなくても、こちらからの挑戦だと銘打った盆であればその状況全てが成り立つシチュエーションの強さがありました。

ラムネの味の被りは製作者の気にするところではありましたが、品数の多さでこちらはカバーできるかと思います。
全てが二人で分けられるようになっているのもいいな……と感じる部分でした。単品でパッケージされているお菓子はちゃんと二つ用意されているんですね。丈くんに挑戦しながらも一緒に楽しもうという気持ちが端々から伺えるのが素敵でした。

 

 

 

■最終結果発表

 

KIKO「では今回、第二回 非公式ジャニオタ菓子盆選手権

最強の「丈くんと過ごす今夏の駄菓子盆」はどれだ!?ということで。優勝の盆は……」

 

KIKO「エントリーナンバー3番。丈くんに挑む駄菓子盆に決定させていただきたいと思います!」

 

 

f:id:dm_you:20200726105727p:plain

  

KIKO

リアリティを表現することに長けているやこ選手ならではの、頑張り過ぎない楽しさが溢れた盆だと思いました。
今回縛りがあったこともあり、各選手とも盆の神髄からは多少外れてしまった部分が見えたため、やはりそつなく中央を狙い打ってきたこちらの盆を選ばせていただきました。
二連続での優勝ということにはなりますが、だからこそ臆することなく「良い」と感じた盆を選ぶことにしました。これは私の審査員としての信念であり、より良き盆を目指すための公正な視線だと思って頂ければ幸いです。

今年の夏の駄菓子盆と言われたときに、家で楽しめる盆をという発想は確かに思いつくところでしょう。
そこからさらに発展させた「丈くんに挑む」というテーマを付けてきたところがたいへん良かったです。
非常に楽しい盆運びを見せてもらった、いい夏の思い出の盆になりました。

 

KIKO「ということで、お疲れ様でございました!」

やこ「ありがとうございます~」

めそきぬこ「おめでとうございます!」

 

 

KIKO菓子盆の重きはやはり「食」だとおもうので、そこが強かったかなと思いました。一個目のきぬこさんの盆を見返して気付いたことがあって、分けづらいお菓子が結構多いんですよ。一緒に楽しむという点に配慮されている、「丈くんに挑む駄菓子盆」の良さが更に見えてきたというところがありましたね」

 

めそ「これって三連覇したら殿堂入りみたいなのとかあるんですか

KIKOベスト盆ニスト賞?

やこ「殿堂入りしたら新しいプレイヤーを探してこないといけなくなっちゃう」

KIKO第728回まで行って一番勝利数の多い人が殿堂入りなんで、二連覇なんてすぐですよ」

 

やこ「二連覇してしまったということで、三回目が開催される運びには打ち負かすという気合で来ていただければ」

KIKO「強者の余裕が」

めそ打倒やこ

 

 

ということで、今回の菓子盆選手権はやこ氏による菓子盆の優勝とさせて頂きました。

 

二連覇を果たした盆ニストが、プレッシャーのある中次にどのような作品を見せてくれるのか。発想力に長けた他二者の盆が現王者を打ち負かすのか。

次回の盆がますます楽しみになってきたことかと存じます。*2

 

 

それでは最後に、今回も何の必要もないのに筆者の趣味で作成したトレーラー映像を置いて締めさせて頂こうと思います。

www.youtube.com

それでは次回菓子盆にてまたお会い致しましょう!*3

 

 

 

めそさんの用意してくれた盆外のかわいい小道具

f:id:dm_you:20200725224616j:plain


めそさんの用意してくれたベビースター題字

f:id:dm_you:20200725232600j:plain

f:id:dm_you:20200725232625j:plain

f:id:dm_you:20200725232637j:plain

f:id:dm_you:20200726000705j:plain

f:id:dm_you:20200725232747j:plain

 

 

*1:筆者はオモコロのリアイベに参加する程度の1ファンです。オタクによる非公式大会ですので、ご本家様とは何の関連性もございません

*2:第三回の予定はまだ決まっていません

*3:未定です

第一回非公式オタク菓子盆選手権 最強の「丈くんとのシチュエーション盆」はどれだ!?

 

皆様は菓子盆選手権を知っているでしょうか。

 

菓子盆選手権、それはオモコロという面白コンテンツを発信するサイトにて定期的に開催される大会である。
と、言葉で説明するよりも見た方が早いかと思われますのでご存じない方は私のおすすめ回をご覧ください。
omocoro.jp

 

趣旨はお分かりいただけたでしょうか?

こちらが昨今の自粛によって暇を持て余したジャニオタのバイタリティーによって流行り出しているということで、今回開催される運びとなりました、「なにわ男子」「藤原丈一郎くん」の担当3名による非公式オタク菓子盆選手権の様子をお届けしたいと思います!

 

 

題して

第一回非公式オタク菓子盆選手権

最強の「丈くんとのシチュエーション盆」はどれだ!?

 

 

こちらの記事はオモコロ様への多大なるリスペクトのもと執筆しております。*1

また、これから先はオタクによる重度の妄想が散見されます。ご注意ください。 

 

 

【開催要項】

藤原丈一郎と過ごすシチュエーション」に合わせた菓子盆をプレゼンしていただきます。
自分を場に置いたシチュエーションを作っても、丈一郎に菓子盆を提供する架空の人物の設定を作り上げても構いません。

 

【菓子盆選手権のルール】

・予算は1000円程度です
・菓子盆が用意できない場合、代用として皿を使うことは可能です
プロ野球チップスは公式ルールにより禁止されています*2

 

【選手権の流れ】

①テーマ発表
②用意した菓子盆の写真を発表
③設定したシチュエーションの説明、菓子盆の内容を好きなだけプレゼン

 

 

 【参加者】

■エントリーNo.1 めそ 丈担 めそ @slms_ht

阪神タイガースのファン。

 

■エントリーNo.2 きぬこ 丈担 きぬがさ @kinu_0704

オリックス・バファローズのファン。

 

■エントリーNo.3 やこ 丈担 やこ @partyako

野球はよくわからない。

 

■審査員(筆者) KIKO 大橋担 KIKO @andyou_kiko

なぜここにいるのかよくわからない。

 

 

気合いを入れた丈のオタクに囲まれるところからのスタートです。

それでは早速参加者たちの盆を見ていきましょう。

 

f:id:dm_you:20200610012553p:plain

 

  

 

■エントリーNo.1 めそ

 

テーマ『雨と野球と菓子盆と』

f:id:dm_you:20200613222504j:plain

【使用菓子】

チョコフレーク 98円
チョコマシュマロ 90円
ハッピーターン えだ豆味 148円
カンパイラムネ 38円×2
ハリボー ゴールドベア  198円
うまい棒 めんたい味 10円
どんぐりガム サイダーキャンディ 16円×2
フルーツソーダ餅 38円
まけんグミ サイダー味  43円
こんにゃくラムネゼリー 22円×4

合計 821円

【シチュエーション】

・雨の日に自宅のリビングにて
・アイドルではない丈一郎と付き合っている
・一緒に見に行く予定だった野球の試合が雨天中止になって落ち込んでいる丈くんを元気づけるために、そっと差し出す菓子盆
・過去の試合やホームラン集など、野球のいろいろな動画を見ながらふたりでのんびりお菓子をつまみたい

 

 

めそ「会社の近くに駄菓子屋さんがあって、仕事の帰りに買って帰りました」

やこ「いい立地だな」

きぬこ菓子盆向きの職場じゃん」

 

やこ「まけんグミがグーでかわいい、青いし」

きぬこグーで負ける丈一郎じゃん

 

めそ「このシチュエーションで小説を書いてるんですけど……」

 ~ここでめそ氏と丈一郎の菓子盆小説が貼られる~*3

 
やこ初回から飛ばしてんな!!www

きぬこだってもう勝てんもん優勝しちゃうじゃんこんなんww

めそ「こういうシチュエーションを想定しております」

 

めそ私と丈くんは一緒に住んでるんですけど、たまたま休みが合う日に二人で野球見に行こうって前々から予定立ててて、丈くんがいい席のチケット取ってくれてたわけなんですよ。それが屋外球場だったので」

きぬこ「甲子園いってんの?」

めそ「甲子園です。行く予定やったんですけど雨が降っちゃって中止になっちゃって、落ち込んでる丈くんを元気付けるために差し出したい菓子盆でございます」

 

めそ「家で野球の試合とかいろんな動画見ながら食べたいなと、甘いとしょっぱいを織り交ぜて飽きの来ないようにしました

 

 

めそ「まず、話は逸れるんですけど。服装のコーディネートって三色でまとめるという話があるじゃないですか。菓子盆もそれに則って、青・緑・茶色の三色をメインに配置してみました 

  

めそ「茶色はチョコフレークで野球場のグラウンドを表現してみました。そこにマシュマロを四つ埋め込んでいるんですけどこれは一塁とか二塁とか、そちらを表現しております。周りにある緑色のハッピーターン甲子園の美しい緑の芝生を表現しております」

きぬこ「甲子園はね、芝生がね、きれいだから」

 

f:id:dm_you:20200614135802p:plain

めそ「奥に見えますまけんグミとかラムネゼリーは青空。今日は雨で行けなかったけど次行くときは晴天の時に行けたらいいねという」

やこ「メンカラではなくということね」

めそ「後付けでメンカラなんですけど、今回は青空ということで

 

f:id:dm_you:20200614135248p:plain

めそ「右側のうまい棒は野球のバットを表現しました。ほんとはチョコバットとかあればよかったんですけど私の行ったお店になくって」

 

f:id:dm_you:20200614135329p:plain

めそ「左側のビールのやつあるじゃないですか、ビールの下にクマがふたついるのがおわかりでしょうか

きぬこ「ああ~~ほんとだ!いる!」

めそ「これ、わたしと丈くんを表現しています

 

めそ「野球場でのビールってすっごい美味しいんですよ。でも丈くんってお酒呑めないじゃないですか。なのでせめて菓子盆の上だけでも素晴らしさを味あわせてあげたいという思いで」

きぬこ「でもクマちゃんなんだもんなぁ、めっちゃかわいい」

やこ「芸術点が高いですね」

 

めそ「わかりにくいんですけど、チョコフレークの下に引いてるペーパーナプキンをホームベース型に折ってるんですよ。だから食べ終わったときに「お、これホームベース型やん」っていう丈くんの嬉しそうなリアクションを期待してやってみました」

きぬこ「ささいなことを楽しんでるカップルなんだろうなみたいな理解が」

 

めそ「シチュエーション写真もあるんですけどそちらも」

 

f:id:dm_you:20200614140400j:plain

 

やこ「えwwwすごwww」

きぬこ「これ本人の代わりですよね??」

めそ「そうです、こんな感じで菓子盆をつまみたいなという」

きぬこ「すごいすごい無理無理無理ww」

めそ「こういう暮らしをしています」

 

 

小説やシチュエーション写真までもを盛り込んだ情熱で丈一郎を励ます芸術盆を作っためそ氏、審査員の講評はこちらとなりました。

 

 KIKO

球場やん!とはしゃぐ丈の顔がファーストインプレッションから浮かんでくる菓子盆と言えることでしょう。

駄菓子を取り揃えられた盆上は、憂鬱な雨の日をぱっと明るくするための軽やかさを備えており、また爽やかな青が一筋差し込む様子がとても美しい色彩といえます。
この盆からひとつお菓子を取る度に会話がひとつ生まれくる、まさしく菓子盆を通じたコミュニケーションにぴったりの盆だと感じました。

お酒が得意ではない丈一郎への配慮として、ちょっとした遊び心としての乾杯ラムネが野球場の臨場感とおちゃめなカップルを演出しているようでニクいですね。
こちら、見落としがちですがちゃんと乾杯している向きで置かれているんですよね。

直置きすることを躊躇うチョコフレークやハリボーベアに敷き紙をしているあたりも女性的な細やかさが伺えます。
ただ、ハリボーのひとつが背景に埋もれてしまう色であるのが残念でした。オレンジと赤などを使用すればふたりの存在感をさらに引き立たせることができたのではないでしょうか?

三色をメインに配置しているとのことではありましたが、ハッピーターンの存在により青の鮮烈さが隠されてしまっている印象も受けたため、色ごとのバランスにまで気を遣えればさらに美しく情景の映え立つ盆になったのではないかと思います。

とにかくこちらの盆は色彩がとても美しいですね。梅雨の陰鬱な天気とは裏腹の、視覚で楽しむ芸術盆と言って差し支えありません。もはや作品です。

この盆を楽しめる二人であれば、楽しみだった予定が潰れてしまったって、どんよりとした湿気のまとわりつく雨の日だって大丈夫。
普段から喧嘩になることもなく、ちいさな幸せで笑い合って過ごしているのが伝わってきます。

他愛ない会話を交わしながら二人で仲睦まじくお菓子をつつく光景の浮かんでくるような、これこそ丈にしか出せない盆であると断言できました。

 

 

 

■エントリーNo.2 きぬこ

 

テーマ『丈ー!お菓子持っていってー!』

f:id:dm_you:20200613223626j:plain

【使用菓子】

ポップコーン(塩味) 108円
ハイチュウアソート 213円
ポテロング 111円
カプリコのあたま 105円
サワーラムネ 108円

合計 645円

【シチュエーション】

・丈くんのオカン視点
・丈一郎が学校終わりに家に学校の友達を連れてきた(平日)のオカンが作る菓子盆
・「オカンが晩ごはんの買い物のついでにスーパーで買えるお菓子」をメインに構成

 

 

めそ「かわいい!お母さん!オカン!オカンじゃん!」

きぬこ丈くんのオカンの視点でつくったっていう菓子盆です。いきなりトリッキーなことをして申し訳ないんですけど、小学校の時に、平日とかに学校終わってから、友達が家に遊びに来るっていう……」

めそ「じょうじょじゃん……かわいい……」

 

きぬこ「オカンが買うので、子供目線でこれが欲しいっていうよりかは、安いやつとか、お菓子の中でも新商品とかスーパーの中でぱっと目につきやすいところにおいてあるもの、というので選びました。だから千円って縛り的にはあんまり美しくないんですけど

やこ「金額にどういう意味を持たせるかも菓子盆の面白いところなので」

 

 

きぬこ「オカンがスーパーで買ってくる、普通の日に食べるお菓子。まずポップコーンがあると思うんですけど、これは完全に安いからってことでオカンが買ってきてます。あとこれまあ勝手に考えてるんですけど、丈くんホームアローン好きじゃないですか。ずっと言ってるじゃないですか!好きなものこするタイプだと思うんですね

やこ「めっちゃこすりますね」

きぬこ「それで、ハマった時に形から入る人だから、「ポップコーンを食べながら映画を見たい!」とか絶対言ってるんですよ。安いからオカンもポップコーンくらいならええか!で買ってくれる、ポップコーンはそういう理由でおいてありますね」

 

f:id:dm_you:20200614151303p:plain

きぬこ「続いてハイチュウ。自分で小学生に設定しといてハイチュウドウゾの話をすな!時代設定を守れ!とは思いましたけど、でもわたし普通に小学生の時におやつにハイチュウ出てきた記憶があるんですよ。だから、それは丈くんが小学生の時からハイチュウは定番だし、人気があるお菓子としていいよなって買ってます」

 

f:id:dm_you:20200614151518p:plain

きぬこ「ポテロング、これは完全に見栄えで選んでます。存在感があるものが欲しかった。あとこれさっきめそさんも言ってたんですけど、チョコバットが欲しかったんですよ

やこ「野球クラスタは絶対チョコバットを思い浮かべるの?」

きぬこ「ただ私が探したスーパーにチョコバットがなくて。買えなかったので、大きめのお菓子を置いといたらいいかな……っていうのと、まあポテトのお菓子はみんな好きやろ小学生はっていう、オカンのリアリティと思ってもらえたら

 

f:id:dm_you:20200614152125p:plain

きぬこ「続いてカプリコのあたまなんですけど、これは普通に晩御飯の買い物とかでスーパーに行ったときに、棚の端っこに置いてあるやつだと思ってください。で、え、こんなんあるんや~ってちょっと買ってみようかなと思って買ったやつ」

めそ「リアルやな~おりそう~」

 

f:id:dm_you:20200614152203p:plain

きぬこ「色味が欲しいなとオカン的にも思ったんだと思うんですよね。そういう時のために、カラフルな包装に入ってるラムネを買ってるんですよ。一応よその子が来てるから、藤原君ちなんかお菓子全部茶色やったとか言われんのもいややし

やこ「ここまでオカンの虚妄がどんどん積み上げられるのも丈一郎ならではって感じする」

 

きぬこ「基本的にオカンの視点で作ってますけど、同世代なので、自分の記憶も照らし合わせてるので幼馴染要素もあります。隣にいる藤原くんちにいったら出てきた菓子盆的要素もあります。学校の友達くらいの距離感ででてくるやつ」

めそ「これ大人になってスーパーでポップコーン目に入ったら「ちっちゃい時遊びによく行った藤原くんの家でめっちゃポップコーン出てきたな~」って思い出すやつですよ」

やこ「めそさんの時とは違って打って変わって別の視点ですけど、ノスタルジックさまで感じましたね。オカンの急ごしらえ感をちゃんと抑えている。設定の妙が生きてますね」

きぬこ「ちゃんと視点を設定してくださいってルールを言ってもらったから作れたんですよね、たぶん何もなかったら真っ青な盆になってた」

 

 

丈一郎のオカンになりきることでリアリティを存分に追求し、客席のノスタルジーまで引き出したきぬこ氏、審査員の講評はこちらとなりました。

 

KIKO

大変気負わない、日常に即した菓子盆に溜息が出てしまいました。
先程の盆が緻密に作り込まれた「作品」であれば、こちらの盆はいわゆる「平凡」。しかし、その平凡はきぬこさんの経験としてしっかりと生活に基づいているんでしょうね。

スーパーで普段の買い物のついでにさっと取れるお菓子を、ということで想像を働かせてみたのですが、お菓子売り場でお値打ちなお菓子をカゴへ突っ込んでいく傍ら、急に訪れたお友達に出すための飾り気のあるお菓子を選び取ってきたオカンの姿が目に浮かぶようでした。
誰しもがその想像をすることを容易なのではないでしょうか。共感力に長けたプレイヤーの力を感じます。

今回どこかで登盆してくるであろうと思っていたハイチュウも、袋に入っているアソートハイチュウなのがいいですね。
甘いものに手を伸ばし、次はポップコーンを口に運ぶ。そのポップコーンも塩味なのがたいへん素朴で愛らしい。この盆で安心感を作り出しているのはまさにポップコーンの存在です。
ポップコーンにまつわるストーリー運びも郷愁の美すらありました。

さらに、子供が欲しがるお菓子と親の選んでくるお菓子は少しズレている。これは本当に永遠の命題と言ってもいいでしょう。
この盆は全ての人間に対する回帰の盆なのではないでしょうか?

お皿に並ぶのがじゃがりこではなくポテロング、自分では買わないだろうセロファンに包まれた昔懐かしいラムネ。そのあたりがオカン!という空気を醸し出していますね。
チョコバットのかわりにポテロングを置いたというスペースではありましたが、周りのお菓子が小粒であるが故にこの存在感が引き立たせられています。

こんな菓子盆が遊びに行ったお家で出されたら、どこかほっとしつつもまた来たくなる居心地の良さを感じられる、そんな家庭の温かさを感じる死角のない盆でした。

  

 

 

■エントリーNo.3 やこ

 

テーマ『丈くんとだらだら過ごす雨の日の菓子盆』

f:id:dm_you:20200613223706j:plain

【使用菓子】

プチチョコパイ 208円
ヤングドーナツ 28円
新手塩屋 塩せんべい 148円
カントリーマアム 238円
ハイチュウアソート 148円
ジャッキーカルパス 128円

合計 898円

 【シチュエーション】

・雨の日
・付き合って一年半のアイドルの丈一郎
・せっかく二人でお休みが合ったけど雨だから、じゃあ一緒にダラダラしようか!という日のお供
・一日だらだらお家で過ごすことを考えすぐに追加ができる菓子盆

 

 

やこ「めっちゃ普通の感じではありますが、これが作った菓子盆になります。丈くんとだらだら過ごす雨の日の菓子盆

きぬこ「雨の日かぶっとるやないか」

めそ「雨男だから仕方ない」

 

 

やこ「丈くんと一緒に住んでるんですけど」

きぬこ「やっぱ住んでんじゃん」

やこちょっと住んでるってことでお願いします! めそさんちの丈くんとはまた違うんですけど」

 

やこ「梅雨入りしちゃったということで、せっかくのお休みでも家から出られないので、ドラマとか一気見しようかっていう時に作った菓子盆になります

 

やこ「ソファー前でだらだらして家から出ないことを目的としてお菓子を用意したので大容量パック、食べ終わってもすぐに補充できるようなものを選んであります。ちなみに丈くんには飲み物買ってきてくれるように頼んであります。私は麦茶を作ってあります」

 

 

f:id:dm_you:20200614161058p:plain

やこ「たぶん丈くんチョコパイ好きじゃないですか。テレビ誌だと思うんですけど、「お姉ちゃんにチョコ持って帰ろう」って言ってたのをバラされていたのが大好きなので、チョコのものを用意したいなというのと、わたしもチョコが好きなので。最初大きいチョコパイを用意してたんですけど、大きくてくどいなって満足しちゃうところと、盆の容量も圧迫するので小さいタイプに変えました」

 

やこ「あとカントリーマアムも丈くん好きそうじゃないですか」

めそ「好きそう~~」

やこ「子供の頃に食べたお菓子と丈くんの親和性がすごいので、カントリーマアム絶対入れたいと思って。一応盆には二枚ずつ味を入れたんですけど、盆上のものを食べ終わって追加しようってところで丈くんがココアばっか食べるので、「ちょっとココアもうないんだけど!」という茶番をします

 

f:id:dm_you:20200614160718p:plain

やこ「続いてヤングドーナツ。スーパーの駄菓子コーナーで懐かしい~って感じて入れました。一口が小さい丈くんですが、このサイズなので「なつかし~こんなんあったわ~」ってパクパク食べてくれる

めそ「カワイイ~~~」

きぬこ「ヤングドーナツ食べてる丈くんめっちゃ見たいわ」

 

f:id:dm_you:20200614161136p:plain

やこ「全体的に甘いのが多いんでここらでしょっぱいものをと思っての塩せんべいです。これバリバリ音が出るので正直ドラマとか映像を見るのに向かないと思うんですけど、丈くんだけでなく私も好きなお菓子を入れるというところで入れました」

 

f:id:dm_you:20200614161312p:plain

やこ「ハイチュウなんですけど、なにわ担である以上CM商品ということもあって手に取ったんですけど、これ丈くんが「おっ、わかってるやん!」という顔をするので買ってよかったなと思いました」

きぬこ「ああ~~する、してほしい」

めそ「なるほど、そっかなにわ男子としての丈くんと一緒に暮らしているということですね」

やこ「なお、丈くんはわたしがハイチュウを買ってくる度にふふんという顔をします」

きぬこ「毎回するんやねそれは」

やこ「毎回します。毎回ご機嫌な顔をしてくれるので、私もまたハイチュウを買います」

 

やこ「最後にジャッキーカルパス、丈くんはお酒が弱いというのはオタクみんな知ってるんですけど、飲みの席には同席していると思います。これは私自身も全然呑めないけど、酒のつまみは美味しくて好きというパターンはあるんじゃないかなと思って。呑めないけどおつまみは好きで美味しくて好きな丈くんっていうのが私の中ですごいツボったので

きぬこ「いやーわかる、カルパスに重点が置いてあったってことか」

 

やこ「一年半くらい住んでるので、緊張感も特になく、そこまで気取ることもなく、ご機嫌取りをするお盆でもなく、普通に丈くん好きだな~わたしも好きだな~という全体的に気負いないお菓子のセレクトをしています」

 

めそ「これ本当に一年半くらい住んでて、全然気ぃ使わへん関係になったときに出てくる菓子盆やと思いました。この煎餅をバリバリいわしながら食べて「全然音聞こえへんやん」ってなんか笑い合いながら……

きぬこ初々しかったらドラマ見ようねって決めてる時におせんべいは出さないんだけど、一年半経ってたら許される。リアルですよね」

やこ「全部ふたりが言ってくれたところもあるんですけど、あんまり丈くん丈くんっていう盆じゃなくて自分が好きなものも入れた方がいいなって思って」

めそ「なんか二人のいい距離感というか」

 

 

リアルな日常に即した気負いのない盆を作り、丈一郎の生活をその場に根付かせ感じ取らせたやこ氏、審査員の講評はこちらとなりました。

 

KIKO

なんでしょう、この安心する盆は。
お家でよく見る品目が多いな?と思っていたところで、一日だらだら過ごせるように大袋に入っているようなお菓子を、というのは納得でした。

この中だからこそヤングドーナツの小ささかわいらしさが目立ち、その小さいドーナツを丈が手を汚さないように抓んで食べている。浮かびますね。そして菓子の袋は散らかしていく。それを文句を言いながら片付けていく。そんな光景が見えてくるようでした。

丈一郎へ出す盆でありながら自分も好きなお菓子を、という部分では彼と一緒に食べるシチュエーションの中に自分をしっかりと存在させているところで同居している実在感が示されています。
音の鳴る煎餅をあえて投盆させていることもこなれ感が素晴らしかったです。
また、個人的に評価したいのはハイチュウの向きが全てこちらへ向いていないことです。見栄えを気にしない気安さから、手を伸ばしやすい盆でした。

予算の関係でチョコパイを小さいサイズに変えたのも功を奏していますね。
チョコパイは普通のサイズであれば重量級お菓子に分類されていますので、小さいサイズにすることで他の菓子との調和が取れています。
この中では異色な感じのするカルパスも、プチチョコパイがあることにより強烈な甘さとしっかりとした塩気の調和が取れている、味覚におけるバランス感覚の良さを感じられます。
お酒は飲めない二人だけれど、おつまみの美味しさを共有できる二人である。そんな感覚の共有がしっかりと見えてきました。

この菓子盆と共に録画した番組を見て、飽きたらまた二人で別の楽しみを見つける。そんな平和が今まで続いてきて、これからも続いていくのだろうなと思わされました。
きっとこれは「いつもの休日」のお菓子なのでしょうね。
非常にほっとするような、今日は存分にだらだらしようよ!という空気感を共有してもらえる素敵な菓子盆でした。

 

 

 

■最終結果発表

 

KIKO「では今回、第一回非公式オタク菓子盆選手権

最強の「丈くんとのシチュエーション盆」はどれだ!?ということで。優勝の盆は……」

 

KIKO「エントリーナンバー3番。丈くんとだらだら過ごす雨の日の菓子盆に決定させていただきたいと思います!」

 

f:id:dm_you:20200614171629p:plain


KIKO

この盆はロマンとリアルの双方を兼ね備えている、すごくバランスのいい盆でした。非常に実在性がある。
今回の趣旨である「シチュエーション盆」というとこで、空間が見えてくる良い盆だったんじゃないかなと思います。

これがおそらく、綺麗に盛りつけられすぎていたらちょっと違ったのではないかという視点もありました。
私としてはこのおせんべいをすごく評価したくて。この飾り気のないおせんべいを勝負の場で登盆させるのは、すごく勇気がいることなんじゃないか?と思うんですね。

この飾り気のなさ、少しでも見栄を張りたいという気持ちがあったらたぶん選ばないんですよ。
自分をよく見せたい、ちょっとしゃれっ気を出したいという気持ちがあったら選べないのではないかと思いまして。しかし、気負わない関係というのがこの一枚ですべて見えてくる。一年半の同居が一気に現実のものになった。
私はここに驚いて、評価したいと感じました。

菓子盆における抜け感の演出。日常に溶け込む菓子盆のディティール。
自分と相手方の関係性をよく考えた上であくまで自然に作られた、「ほどよさ」に適した菓子盆だったのではないでしょうか。

 

KIKO「これは本当に私が盆を見た好みなので、全部素敵な盆だとは思うんですけど…… 

 

やこ「ありがとうございます。勝ったは勝ったでわたしでいいのか?!という気持ちにはなりますが……」

きぬこ「いやいいですよ!」

 

めそ「だってほんとにこの抜け感とかリアルさとかめっちゃ真似したいなと思って

KIKO「ちょうど良い抜け感じゃないですか?」

めそ「そう、気取らない感じがすごい」

 

KIKO一番手を伸ばしやすい盆ってどれかな?って思ったんですよ。日常的に手を伸ばしやすい盆としてこれを選ばせてもらいました」

やこ「すごい強い選手たちの中でいただいた一位なのでありがたく喜びます!いい勝負でした」

めそきぬこ「おめでとうございます!」

 

 

ということで、今回の菓子盆選手権はやこ氏による菓子盆の優勝とさせて頂きました。

 

しかしながら全ての盆が特有の良さを備えており、結果を出すのが心苦しいほどのハイレベルな戦いであったのもまた事実。

次回開催の際には、更に洗練された盆を出してくれることでしょう。*4

 

自担に作るリモート菓子盆、オタクの濃厚な妄想を聞ける闘技場として大変有意義な会話の飛び交う楽しい企画でした。

今年は現場で友人と会えない分、こんな試みもありなのかもしれませんね。

 

 

それでは最後に、何の必要もないのに筆者の趣味で作成したトレーラー映像を置いて締めさせて頂こうと思います。

www.youtube.com

 素敵な戦いをありがとうございました! 

 

*1:オタクによる非公式大会となっております。また筆者はオモコロの大ファンです

*2:今回は丈一郎の好感度へのチートアイテムと定められています。各所公式様とは何の関係もございません

*3:本人希望により記事掲載はNGとなりました

*4:第二回の予定はまだ決まっていません

なにわ男子 アオハルしよ? 11/14 横浜レポ

なにわちゃんツアー初日おめでとうございます!

チケットのご縁があって初日に入ることができたのでざっくりメモ書きですが、MCレポ中心に書き起こししていこうと思います。

 


・バンバンッ!
お互いに指先で鼻ちょんする道長かわいい

・最初の挨拶
長尾「今日は遊んでくださーい♡」年下力が天才

・メンバー紹介曲
恭平前髪いじって決め顔→最後手で前髪がっと上げてデコ出し
丈くんの決めゼリフ
野球の素振り→「お前のハートにホームラン」

・大西畑 猫中毒
もふもふパーカーともふもふにゃんこの手あざとい
間奏でふたりでUBのダンスし始めるのオタク大吾先生の仕業すぎる

・じょーなが こんな曲作りました
裸体ハンガー家で寝かせてるのもアクスタと景色撮ったりしてるのものバレてる
リトかん女装とスーツでファンとマネージャー役してるのがかわいい

・みちきょへ MyGirl
天才 みっちーありがとう
余談ですがこれ事前にユニット予想してた時にみちきょへにやってほしかった曲ドンピシャだったので良すぎて死んでしまった

・大橋ソロ TOP SECRET
むり
大橋ソロ衣装白シャツで背中の方だけ長くてターンする度になびいてめちゃくちゃかっこよくて…………
てかTOP SECRETをガッツリ踊ってたのが良すぎなの……大野ソロに声も合いすぎる


・突 然 始 ま る  恋 愛 シ ミ ュ レ ー シ  ョ ン ゲ ー ム
これは本当の話なんですけどいきなり乙女ゲーのOPみたいなの始まって、アオハル学園かなんかに転校してきたヒロインが登校してきたら急に飛んできたボールがぶつかるんですね?

大橋「ごめん!怪我してない?」
※キラキラなスチル写真、セリフの吹き出しと共に映像(以下全員同じ)

丈「レディに何してんねん。大丈夫?立てる?」
心配しながら起こしてくれる丈くん

保健室のシーンに移り変わると隣のベッドに恭平
恭平「あれ?見ぃひん顔やな。お前もサボり常習犯?」

教室の前で呼び止められる
道枝「入らへんの?もしかして、転校生?」
長尾「あぁ!怖がらせたらあかんよ。よろしくね、転校生ちゃん。入ろか」

教室
流星「遅刻魔ちゃんのお出ましや。待ってたで」
西畑「転校生の夢子さんやんね。自己紹介よろしく」

→乙女ゲーのキャラ選択画面みたいな縦長7分割スチル

これほんとにめちゃくちゃ笑ったんですけど急に始まるし特にコントでもなんでもない純粋な乙女ゲームのOP映像が出てきます。
キラキラの背景となにわちゃんの写真と乙女ゲーのセリフが合成されて出てきた時爆笑したので本気で映像を残してほしい……

あと保健室に行ったら横のベッドでサボり魔の恭平寝てるのめちゃくちゃ解釈一致すぎません??

乙女ゲーのOPが終わったあとはみんな制服になって出てくるんですけど個性出ててよきでした

西畑 普通の着こなし、ブレザーの前も留めてる
丈くん ブレザー腕まくり
流星 ブレザーの下にクリーム色のパーカー
大橋 ブレザーの下グレーのカーディガン(前留め)
道枝 ブレザーの下黒のカーディガン(前留め)
恭平 シャツ出し、ネクタイ緩めたチャラいスタイル
長尾 ブレザーの下Vネックのスクールベスト(アメリカンスクール系)


・曲中で恭平から流星に告白するモーション→流星にビンタされて崩れ落ちる恭平

・We Are男の子
ステージ上段 ポンポン付き

我 I Need You
スタンドマイク持ちながら下段へ降りてくる
丈くんパート「僕にしか見えないってどうだい?解明できない恋のショータイ」「ねえ昔からまるで君を探していたような」
大吾パート「その唇奪っちゃっていいですか?」
恭平パート「僕ばっかハマってくやっぱ解明できない恋はショータイム!」

・GUTS!
バットでサインボール打とうとする丈くん→打てない→全然打てない→曲始まる→投げる
みんな並んで指さすイントロの振りで一人だけバットで楽しそうに振りしてる丈くん
サインボール持ってきてくれたニシタクをバットで殴るんじゃない



【MC】
西畑「僕ら見てましたからね、道枝のさ、うちわをこう海にかざして(写真撮るオタクの真似)」
流星「グループで出た長いタオル持ちながら(顔伏せて写真撮られるオタクの真似)」
西畑「今日知ってんけどさ、グッズ売り場の横通ったやんか、先輩の音楽流れてたね!」
大橋「きーみが〜きみが〜♪(歌い出す)」
丈「大橋くん一応本番ですからね〜

・ドリンクのカゴ持ってきてくれる西畑
流星「スーパー帰りのおばちゃんです」
みんな各々ドリンク取り出す 1人だけ水筒の西畑
丈「なんでみんなストローついてんの!?俺もこういう女優さんみたいなことしてみたいな!?
キメ顔でストローくわえてる恭平がスクリーンに大写しに

・一瞬でペットボトル飲み干す大橋
大橋「めっちゃ喉渇くからもいっこあんねん!」
水筒取り出して丈くんに空のペットボトル差し出す
大橋「ストロー使う?」
嫌がる丈くん
西畑「嫌がってるんですけどホテルの部屋同室ですから」
丈「マネージャーに仕組まれてる
西畑「アイランドTVでまた上がると思いますんで、じゃんけんで勝ったもんから決めてくみたいな」

・部屋割りの話
西畑「誰が同室かの話もうしちゃいます?」
大橋「(丈くんの)隣におろか?」
近づく分だけ離れていって上手にハケそうになってく丈くん
西畑「デレでええよ今日は!

西畑「でね、珍しくこのふたり(道枝/西畑)が同室です」
道枝「昨日もね、ホテル入るじゃないですか。大吾くんがすぐパンイチになって筋トレし始めて
丈「いま筋トレしてるもんなww」

西畑「さあ皆さん残り三人誰と一緒なのか、三人で一緒なのかそれとも一人ずつなのか……」
長尾「僕は大西くんと一緒です!言いたいことあるんですけどいいですか?大西くんお風呂入るのめっちゃ下手なんですよ!お風呂、遠征組の方はわかると思うんですけど、トイレと一緒になってるやつ」
西畑「うん、ユニットバスやね」
長尾「隣のトイレ水浸しになってたんですよ!」
西畑「それ道枝もそうだったww」
道枝「シャワー動くんですよ!!!グルングルンなるんですよ!!」
長尾「あれ上手いことやったらならへんじゃないですか!」
西畑「あの、カーテン中入れたらな」
道枝「水圧が……」
長尾「カーテンの横から漏れてて!」
流星「これどうしましょう
長尾「広がらなかったですわこの話題」

恭平「僕はですね、Lilかんさいの西村拓哉くんと一緒に。マブダチなんで。あれ入れといて?って言ったらすぐ冷蔵庫にやっといてくれるんで」
丈「パシリやん!」
恭平「めっちゃ嬉しそうにやってくれるんで嬉しいんやと思います

大橋「丈くんあれやで、一緒にお風呂入ろって言ったらいいよって」
丈「ばッッかじゃないの!?!?!!
大橋「言っとけば入ってくれるかなって」
丈「こいつほんま有り得へんねんベッドにくの字になって俺のベッドに足のっけてくんねん」

丈「ドッキリとかあった時やばいでこいつ、すぐすっぽんぽんなんねん。やめとけよと思って」

・出たい番組の話
西畑「何出たいとかあります?」
長尾「Mステに出たい!」

・Mステの真似っこしよう
CM前の音楽歌って1人ずつキメ顔→最後の丈くんは学生証顔の横で持ってる
丈「誰が社員証や!!そのへん(指さし)めっちゃ学生やん、俺めっちゃ言われんねん!」
ひとりずつ学生証持ってカメラに抜かれてく
恭平裏向けて見せてて「逆逆!」って言われる

・次の曲へ
西畑「じゃあみっちー準備してもらって」
大橋「えっ?みっちー準備あんの!?」
丈「お前リハーサルと同じことすんなよ!動きまで全部同じやったで!」

【ここまでMC】



・夜の影 西畑、大橋、丈

モノトーン衣装 丈くんと西畑ひらっとした素材
本家で潤くん取り合ってたところは三人で背中つけて地面に座りながら、パート歌ってる人が正面になる

・MU-CHU-DE恋してる 道枝、恭平、長尾、流星
ダイスマ衣装
かわい〜〜とにかく曲選びが天才

・新曲 2Faced
丈くんの衣装オレンジのゼブラ柄×ギラギララメでめーーーちゃかっこよかった
みんなハーネスみたいなの付けてて色気が凄い
きょへ長は黒チョーカー、恭平はベルトっぽいので長尾くんはリングついてるやつ
みっちーはシルバーのボールチョーカー


・最後の挨拶
最初年下組→衣装チェンジした年上組と交代

丈「さあみなさん青色に変える時間ですよ」
大橋「言わんでもみんなしてくれるから!」

大橋「みなさん黄緑に変えてくださって」
西畑「緑じゃないの?」
大橋「緑に変えてくださって……ペンライト二つ揃えてビバに変えてくださったり」

挨拶しながら泣きそうになる西畑
西畑「最近さ、22歳なんです西畑。20歳超えてからゆるゆるで……もう、ね……」

・僕空
二番の台詞は丈くん「ノンストップでいくでー!」

・アンコール
2.3階の客席の方から出てくる(りとかんはステージ)
客席からステージに上がろうとして転びそうになってた丈くんをみちきょへが介護



ざっくりですし発言元が間違ってる可能性もあるのでニュアンスで読んでいただければと思います。

最後までツアー楽しく駆け抜けられますように!
新曲が本当にかっこよくて大好きだったので早く番組でも披露してほしい……ツアーのセトリも新衣装もグッズも最高~~でした!なにわちゃんだいすき!

(これからツアー参戦される方はペンライトのストラップを持っていくと快適になります)

 

 

 

バーチャルジャニーズからとうとうJr.に手を出した

バーチャルジャニーズというものを知っているだろうか。
これは、そんなコンテンツに足を取られたオタクの備忘録である。

あまりにいい感じに転がり落ちてしまったのでまだツイッターのログがあるうちに残しておくだけの記事だよ!あすかなはいいぞ。

 

 

2/19

遡ることひと月と少し。そのプロジェクトは始動しました。

www.showroom-live.com



VTuberってご存知ですか?3Dモデルのキャラクターの姿を借りて、そのキャラクターの人格として配信するコンテンツ。それにジャニーズが進出するということでジャニオタ界隈が騒然としたのがこの日でした。

基本的にジャニオタって面白そうなものには食いつくけれど、新しいものへの抵抗があるタイプも少なくなく、TLを見ている限りでは賛否両論といったところ。
まあ当然の反応だと感じた。だってバーチャルアイドルの"中身"になるタレントにはもう固定のファンがついていて、しかもジャニーズとくればその子達だって充分見目麗しいわけで、それがわざわざ二次元の見た目を借りて活動することに意味ってあるの?というのは私自身思っていました。

まあしかしものは試し。
バーチャルジャニーズの話題で持ちきりになったその当日に初回配信をやるということで軽率に覗きに行くか~とその夜はショールームに登録して待機。なんなら物見遊山くらいの気分で見に行ったわけです。

結果としては完全に心を掴まれました。なにが物見遊山だ。

新規コンテンツが気になるオタクたちが押しかけ配信サイトのコメントが反映されなくなるなどのトラブルに見舞われながらも、全てを中の人のスキルで乗り切った実力に胸を昂ぶらせながら、バーチャルの姿を挟むことによってタレントと直接的には接しないちょうどいい距離感があることに納得しました。

ジャニーズタレントと直にコメントで接しながらも一枚の壁がそこにある感覚。それってジャニーズのアイドルの楽しみ方としてあまりにも丁度いいんですよね。
これがタレント本人での配信だとしたらあまりに近すぎて生々しくなってしまう。いい意味での現実味のなさ、少し遠い世界で煌めいていることがジャニーズの良さだと思っているのでバーチャルの意味はそこですとんと腑に落ち、次回の配信も観測していくことを決めました。

バーチャルジャニーズとして活動をしているのは高校一年生の海堂飛鳥くん、そして高校二年生の苺谷星空くん。
そしてこの二人の声を担当しているのがなにわ男子の藤原丈一郎くんと大橋和也くん。

デビュー組では複数のグループを追ってはいるものの、「これ以上は手に負えないのでJr.には手を出さない」と宣言して活動をしてきたせいでなにわ男子の存在は知っていても、メンバーのことは西畑くん(二宮くん経由)と、道枝くん(横山くんのドラマ経由/顔が好き)しか知らなかったオタクです。藤原くん、大橋くんについては二人の顔も名前も知らないところからのスタートでした。

やはり配信当日は反響も気になるもの。バーチャルジャニーズのことをツイッターで検索していると、まあ当然のように中身の話も目に入ってくるわけです。
彼らがシンメであること、実際の年齢差はバーチャルと逆であること、星空くんのキャラクターは大橋くんに似ているが飛鳥くんのキャラクターは藤原くんとまるで違っていること。も~~ツイッター便利。オタク心をそそられる内容がやたら目に入ってくる。

なるほど、関ジュにはこういう子たちがいるのかと知識を得ながら翌日の配信を待機します。

 

 

■2/20

f:id:dm_you:20190326074515j:plain
・ツイート見返したら完全にチョロオタの文脈
※ツイート画像はいずれも下から読んでください

 

 

■配信から一週間

最初はなんで一緒に配信しないんだろう、と思っていたのですが、個人の配信でお互いの話をすることで小出しにされた情報をオタクが組み合わせて想像の余地で楽しむやつなんですねこれ……そう、そういうの好き……お互いから語られる情報によって日増しに垣間見えていくあすかな(コンビ名)の関係性に生きているコンテンツの強みを感じ、知らず知らずのうちに毎日配信を見るようになって一週間。

海堂飛鳥の声が明らかに成長しました。

初回配信*1と最近の配信を聞き比べてもらうと、明らかにトーンが違うんですよ。
柔らかくて色気を内包していて、蕩けるように甘い飛鳥ちゃんの声を丈くんはここで確立しています。

すんごいんですよ笑い方から全然違うの。私は中の子のことをよく知っているわけじゃないから詳しい人が見ればまた違う意見なのかもしれないけど、丈くんの中に飛鳥ちゃんが存在することが信じられなかった。
この頃にはツイッターでもよく丈橋の動画を見ていたりしたんですが、動いている大橋くんは星空くんなのに丈くんはどこを見ても飛鳥ちゃんじゃない。その不思議さに心を奪われていました。

そしてこの頃から配信の録画を個人的にアーカイブし、見逃した友人の救済をするようになっています。オタクはすぐに沼の周りに手厚いサポートをするようになる。

 

 

■3/1

f:id:dm_you:20190326074810j:plain
助けを求めていた。

都合の良すぎるタイミングでアイランドTVが始まったので早速なにわ男子の動画を観ます → かわいい……。
まんまと滝様の策略に引っかかってる。

この動画のおかげでなにわ男子のメンバーの顔が覚えられました。そして道枝くんの顔が好きだったので彼の可愛さに軽率に沸いています。道枝くんは元々横山さんのドラマに出ていたことで知っていて、顔の系統が好みだったので気になっている子ではありました。

 

 

■3/5

f:id:dm_you:20190326074854j:plain

このあたりでバーチャルジャニーズから引き返せないのを実感します。あすかな自体も二人の関係性が明確に見えてきたり、周りの人間模様が少しずつわかってきたりふたりがバイトを始めたりと展開の多い時期でした。

 

 

■3/6

f:id:dm_you:20190326074913j:plain

まだ丈くんと飛鳥ちゃんが結びついてない。しばらくの間ずっと「あすかちゃんはどこにいるの……」と呻いてたし今でも思ってます。どこにあの引き出しがあるの……。
配信開始から二週間が経過したこの頃には家へ帰って配信を聞くというルーティンが完全に日常の中へ組み込まれていました。

 

 

■3/10

f:id:dm_you:20190326074931j:plain

ホワイデーにちなんで特別な企画を、ということであすかな初の二人配信をやることが決定した日です。いつかやると思ってたけどこんなに早くとは思っていなくて、この展開の早さにこのままひと月であすかなというコンテンツが終わってしまうのではないかと勝手に寂しくなって躁鬱でした。

実際いつまでやるのかはわからないけど無くなる前にはひと月前くらいに告知をしてほしい。すっかり日常になってしまったあすかなが急になくなると死んでしまうので心の準備をさせてほしい。

この時点でまだあすかな始まって一か月経ってません。

 

 

■3/11

f:id:dm_you:20190326074953j:plain

二人配信……超………………よかった……。

それまであすかなとして二人が直接会話してる様子って見たことがなかったんですけど、飛鳥ちゃんが完全にファンの子に対する仕様から対星空仕様に切り替わって等身大の男の子になっていたのが本当に良かった*2
ここまで想像と口伝だけで二人のやり取りを思い描いていたオタクたちの答え合わせになる配信だったわけです。

配信中に画面が止まったり音声がバグったり、3Dモデルの口元が動かくなってしまったりと本当に色々と機材トラブルがありつつもそれを全てアドリブで乗り切るポテンシャルの高さにも驚きました。一切機材のせいにせず演出に変換できるほど場馴れしているのが本当にすごかった。

配信後はあすかなにあてられて熱を出しました。
なんで?

 

 

■3/12

f:id:dm_you:20190326075025j:plain
・友人に道枝くんかわいさを主張

もう普通になにわ男子応援してるオタクになってる。

 

 

■3/22

 この頃には動画サイトでなにわ男子の音楽番組の動画を探し始めていました。察しのいい方はわかると思うのですが、動画を自主的に探し出したらもうズブズブに落ちることしかできないんですよね……。
以前、なにわ男子のメンバーをほとんど知らなかった頃はエイトのライブで彼らを見かけても道枝くんを野鳥の会していたことが多いのですが(実際去年のエイト追加公演では西畑道枝の印象しか残っていない)、この日はそうじゃないことに気付いてしまいました。

あれ?
大橋くんのこと目で追ってない?


以前は全く気にしていなかったはずの下手ポジションをずっと追ってしまっていることを自覚します。

大橋くんのこと見てるんですよ。

しかもそれ自分が気付いていなかっただけで今に始まったことじゃなくて、そういえば最近ずっと動画の中の大橋くんを探していて、どうしてか自分でもわからなくてだって顔の好みは道枝くんだったはずで、バーチャルだってあすかちゃんにめろめろになっていたはずで、自分の今までの傾向からいってもなにわなら順当に道枝ラインだろうと思っていたわけで、大橋和也に惹かれて仕方ないルートは想定していなかったんですよ。でも待って、今、誰よりも大橋くんのこと目が追ってる。大抵は好みの顔がいたらその子に落ち着くパターンが多かったのでまるで予定していなかった展開です。

手広く各グループに担当を作ってきたジャニオタなのでこれがどういうことなのかはすぐにわかります。まあこれくらいは初歩の初歩ですね。

f:id:dm_you:20190326075158j:plain
f:id:dm_you:20190326075218j:plain

これ、自担だ……。

確信めいた感覚。完全に足を取られたのがわかりました。*3

あすかな入りは永遠の新規なのかもしれないんですけどそれでも今、大橋くんのことがたくさん知りたい。Jr.に手を付けることを自制して何年もジャニオタやってきたはずなのにこんなところで好きになってしまった。

でも好きって思ってしまったらもう無理だから……。

そうでなくても最近Jr.の成長途上の危うげな少年性に心を掴まれてるオタクだったのですぐ感情が最高になっちゃった。


ひとまず落ち着くためにWebの日刊なにわ男子を覗きに行きましょう。

あれ……なにわちゃんって写真たくさん載せてるんですね……。見たいな……。

f:id:dm_you:20190326075412j:plain

そして局動画というものに手を出しました。終わりの始まり。


Jr.情報局ってあの会費であんなに動画あるのコスパ良すぎないですか!?手始めに開いた動画がカウコンのなにわ男子で、ドームで歌う大橋くんの姿とかまだカウコンに出られない三人の元に駆けていく四人の姿とか見ながら「うれしい……」って泣いてたので完全に情緒が終わりました。

 

f:id:dm_you:20190326075651j:plain

 f:id:dm_you:20190326075719j:plain

なんか大橋くん……健やかに育ってほしいんですよね……。
全てにおいて救われていてほしい…………愛……。

 

 

■3/23

f:id:dm_you:20190326075753j:plain

f:id:dm_you:20190327002344j:plain

 ・ちょろいオタクなので丈橋となにわ男子見たさにケンタッキーとSODAを買った

 

 

■3/24

リューン。
それは丈橋を語るブログでは必ずと言っていいほどに登場する舞台の名前です。この時点で先人たちのはてなブログを漁るようになっていた私も例に漏れずその舞台の名前はよく目にしていました。

アイランドTVでも本人たちが再演を宣伝してるのも見ていたし、そういやどこで公演あるんだろう~という軽い気持ちで公演情報を確認しました。軽い気持ちだったんです。信じてください。

 

f:id:dm_you:20190326075948j:plain

家から徒歩5分の会場でやるって。

そんなことある?

f:id:dm_you:20190326080023j:plain

家からそんな徒歩圏内でやるとは思ってないじゃないですか……?
まあどうせ東京大阪だろうな~と思いながら開いたんですよこちらは。遠征だったら春は現場も忙しいし諦めもつくかなと思っていたんですよこちらは。

ここでリューンのチケ取りチャレンジが予定に組み込まれます。

 

 

■3/30

f:id:dm_you:20190330205950j:plain

取れた。

電話先行が一瞬で繋がったので取れてしまいました。あまりにあっさりだったので実感がないのですがチケットが手元にあるのでたぶん現実です。現場に入ったら後戻りできないと思ってたけどもう既に後戻りする気が一切ない。だって丈橋が見たいから。



f:id:dm_you:20190330210804j:plain

 

 

■3/31

f:id:dm_you:20190331154253j:plain







ということで2019も楽しく事務所のオタクでした。今後の展開にご期待ください!


あすかなはいいぞ。

 

 

■5/9 追記

これ以降最近は買い控えていた雑誌をまた定期的に買うようになったりリューン窓口販売に並んでチケットを増やしたり更に二回ほどジャニショで写真を買い足したり少年たちに通ったりしていたんですけど、特に初めての体験だったのは「デビューしてほしいな……」という気持ちなんですね……!

そりゃそう。デビュー組しか応援したことがなかったからこの感覚を知らなかった。

知れば知るほどになにわ男子を好きになってよかった……の気持ちになり、最近では何故か滝沢歌舞伎に同行させていただくことになってすのも可愛いな~!になってたり*4すとのライブ配信を見てみたり、あれだけJr.に手を付けることを躊躇っていたのに人は一度箍が外れるとダメです。

序盤はバーチャル主体だったはずなのに以降二か月が経過してみればあすかなというよりも現状は大橋くんにずぶずぶな状態で、やっぱりバーチャルより生身の人間を好きだ~~と思ってしまうあたりがジャニオタの性だな……と思うわけなんですけど……でも大橋くんがかっこいいから……!!!!新しい好きを見つけてしまったことが幸せで仕方ないので、このまま大橋くんを好きな生活を過ごして行こうと思っています。

 

なにわ男子のアクスタぜったいにほしいね。個人グッズありがとうの世界だ……オンライン通販が待ちきれなくて遠征なのに店舗の抽選申込みしました。

 

 

 

*1:公式YouTubeで配信中

*2:ファン曰く星空くんにつられて丈くんがちょっと出てきてたそう

*3:しかし道枝くんの顔はめちゃくちゃ好き

*4:しかも良席を譲って頂き佐久間に恋をして気付いた時には佐久間の写真を手にしながら帰ってきた

20190127

2020年12月31日。永遠だと思っていたアイドルたちが歩みを止める。


何から書けばいいのかは正直わからない。自分の思考をまとめるための取り留めのない内容になるとは思うが、今を生きてしまったので昨日のことをつらつらと書いていきます。考察でも主張でもないただのオタクの日記です。

その日は名古屋から離れ、東京で友人と夕食を食べているところだった。何気なくツイッターを開くと、フォロワーがざわめいている様子がすぐに目に入っていた。嵐、という文字が見え焦るようにトレンド欄へ指を滑らせると、そこには例の文字が大きく映し出されていた。頭が真っ白になった。画面を見つめたまま硬直して、直後、溢れ出すものを堰き止める術もなく声を上げて泣いていた。驚いたようにこちらを見る友人に、何を説明することもできずただ開いていた画面を見せると、彼女がそっと背中を撫でてくれた。何が起きたのかわからなかった。目で見えているはずの文字が理解できない。ジャニーズネットのお知らせを開こうとした指先が震えて、流れ落ちる涙の中で5人の言葉を読んでいた。何が起きているのかわからずとも、事実を認識することはできた。帰る、と一言だけ口にした時に嫌な顔ひとつせず心配してくれた友人たちの優しさが身に染みた。新幹線の駅まで同行してくれた友人にはとても気を遣わせてしまって、今思えば一人で帰るべきだったのだと思う。それでも新幹線の改札まで見送ってくれたのは嬉しかった。すぐに乗り込める時間の新幹線のチケットを取って、送ってくれた友人と別れ、泣きながらホームへ向かっていた。元々予約していた時間のチケットは捨てた。隣に人がいない方がいいと思ってグリーン車を取ったおかげか、車内では名古屋に着くまで誰かが隣に来ることはなく、隣で不審な女がずっと泣いている状況を生まなかったことに安堵した。

全部納得はできてしまった。きっとファンの中では薄々と勘付いていた人もいることで、時折見え隠れする大野さんの危うさを少しだけ怖いと思っていた。終わりを告げるとすれば彼からなのだろうなと思っていたから、大野さんが切り出したのだという事実に驚きはしなかった。本当は、15周年からずっと漠然とした不安を彼に抱えていた。それでも、私は嵐を永遠のものだと思い込んでしまっていた。そう思いたかった。違和感と言えるほど大きなものでもなく、そんなに大変な話し合いを裏でしていたとは思えない完璧なアイドルを彼らはこなしていたから。お知らせを見ても本人たちの言葉で傷ついたり、悲しいと思ったものは一つもなかった。この決断がどれだけ愛に溢れた優しいものなのかはすぐに理解できた。どうしてこんなにも綺麗なんだろうと、その眩しさに苦しくなった。彼らはあまりに物語性が強すぎる。5人でなければ嵐ではない、その意識をこんな場所で強すぎるほど突き付けて、永遠に嵐を宝物にして大切に閉じ込めてしまうなんて。5人の文章にひとつも引っ掛かりはなかったし、納得できない部分だってなかった。その決断をした大野さんを勝手だとは思わなかった。こんなにも長い期間、大きな気持ちを抱えながらそれを見せることなくアイドルを全うしてくれていた彼が悪者だとはけして思えなかった。お知らせの文章はどこを取っても、メンバーから嵐への深すぎる愛が見えていた。

最近になって、untitledに入ってからだろうか、じわじわと確信めいた気持ちが自分の中に生まれていた。きっと嵐のことは一生好きなんだろう。私は色々なグループを好きでいるいわゆるDDだ。嵐を筆頭として5グループのFCに加入しているし、デビュー組のコンサートに誘われれば手広く入ってきた。ジャニーズというエンターテインメントを愛している。それでも、嵐はやはり特別だった。一番初めに好きになってからおおよそ今で10年目。嵐の20周年イヤーは私にとっても10年目のアニバーサリーだった。ここまで来たら永遠に愛し続けていくしかないと思っていた矢先だった。その永遠が向かう先は、彼らの手によって有限になってしまった。考えてみれば当然のことだ。嵐が一生あり続けることなど当然ないと理解はしていたのに、どうしてかその存在の揺るぎなさを信じてしまっていた。グループがそのまま続いていくのに当たり前のことなんてないのだと、この数年で目の当たりにしてきたはずなのに。

名古屋へと辿り着き、自宅へ帰る電車の中で気を紛らわせるようにツイッターを見ていたら、普段メインで使っているリア垢で、おそらく何の気なしにツイートされた「ジャニーズも終わりなのかな」という文字を見て思わず友人をブロックしてしまった。何も知らない外野から見た野次馬のようなツイートに心を惑わされたくなくて、そのアカウントを削除した。界隈から遠い人間のツイートが全てノイズのように見えていた。しばらくジャニーズ用のアカウントを眺めながら、自分の思考を整理するためのツイートを繰り返していてふと気が付けば自宅と正反対にいた。電車を乗り違えることなどほとんどないはずなのに逆方向の電車に乗り込んでいたようだった。その頃には会見が始まる時間になっていた。すぐに乗り換えをし、自宅へと引き返す電車の中でもずっとツイッターを眺めていた。フォロワーは、嵐を好きな人も他グループを好きな人も様々ではあるがそれぞれが動揺を隠し得ない様子だった。それでも嵐の言葉に憤りを感じている人はいないようで、各々が少しずつ吐き出していくツイートを見ながら自分も呟くことでどうにか気持ちを保っていた。ツイッターが無かったらおそらく吐き出す場所もなく発狂していたので助かった。

ようやく帰宅して、何をすることもできずそのままPCを眺め、あべまのキャスターが会見速報を読み上げるのを聞きながら、各ニュースサイトの出す速報記事を読んでいた。詳細な言葉を書き起こしてくれていたニュースを眺めながら、その穏やかさに少し動揺した。それから大野さんの「宝物以外の何物でもない。人生の半分以上が嵐。永遠に輝き続けるものです。心の中で」という文を読みながら泣いていた。あべまの速報の読み上げが終わって、少しした頃にリビングから母親の呼ぶ声が聞こえて思考する間もなくそちらへ移動して、会見の様子を見ることにした。文字起こしを見ていたおかげで少し、心の準備ができていたのかもしれない。彼らがひどく暗い面持ちであったらどうしようか、と過去の会見の様子がフラッシュバックする中で目にした彼らは、どうしようもなく普遍的な平和な嵐そのものだった。これ以上ないほどにいい会見だったと思う。少なくとも私が今まで目にしてきた中でこんなにも和やかに笑顔で行われた緊急会見はなかったし、質問の応対も非常にスマートで優しいものだった。大野さんが切り出したことではあるが、5人で幾度となく話し合いを重ねた全員の総意なのだとしっかりと理解できた。こんな会見を見せられてしまえばもう完敗だ。彼らに何も言えることはなく、すっかりその嵐らしさに掬い上げられてしまった。嵐を好きでよかったと、まさか会見を見てこんな気持ちになると思わず困惑したほどに、彼らのことを誇りに思う一時間だった。まだ会見の動画を見られていない人がいれば、ゆっくりでいいからぜひ動画で見てほしいなと思う。文字起こしされた記事の100倍すんなりと心に入り込んでくる優しい会見だったから。

嵐は普通の男の子たちがステージの上で神格化するグループだ。二宮くんが口にしていたこの言葉が本当に大好きで、ことあるごとにずっと繰り返し好きだと言ってきた。私がアイドルを好きになった原点はきっと二宮くんのその言葉通りで、彼らのどこか奇跡にも思えるような物語性を愛してもいた。だから、この突然の知らせと決められた幕引きも寂しい反面、その端々から感じる嵐らしさを愛してしまうのだ。どこまでも一点の隙もないほどに輝いている存在を見つけてしまった以上、もうこれより強く好きになれるものは見つからないかもしれない。永遠のきらめきを纏って伝説になってしまう彼らは、一生人の心を奪ってしまう残酷なものだ。嵐が眠りにつく日を見届けるのがこわい。その日が不幸なものでないと確信しながらもその日が来てしまうのがとてもこわい。それでも彼らが与えてくれたこの二年は大切にしなくてはならないと思う。気が付けば今や、「最後の」が枕詞になってしまう世界になっていた。後悔のないように彼らが作り出す気流を追いかけていきたい。大切にしまいこまれた嵐という宝物が再び衆人の元へ取り出されることはきっと無いのかも、と思っているから。もしこの予想が外れればその時はそれで盛大に喜ぶんだろうけど。

一晩が明けた今日だってまともに受け止められてなどいない。仕事中に何度も涙が浮かんできたし、自分が思っている以上に声が出なかったし後から気付いたが熱があったようだった。私が嵐を好きなのを知っている同僚に一言だけ話しかけられたが、心配だけされてそれ以上を追及されることはなかったのは感謝した。一日中嵐のことを考えていた。コンサートの申し込みも始まった。ツアーには当初の予定通りの申し込みをするつもりでいる。最後にできる限り嵐に会えるタイミングを得たくて、その分当落が来るのが怖い。それでも嵐が何も変わらない姿で言葉を聞かせてくれたおかげで昨日よりは随分と落ち着けた。何が正解かはわからないが、彼らがトップアイドルであるままに幕を閉じようとしているのは、寂しい一方でどこか美しいと思ってしまう自分もいて、その終焉を見届けられることはこれ以上ない幸せなのではないか、という思考も心の中に生まれている。2021年のその先に私がどうオタクを続けていくのかはまるで想像がつかないが、とにかく今は追いかけようと思う。その先のことはまたこの二年で考えたいけれど、永遠の輝きを持ったアイドル、嵐を、その次の瞬間を待ち焦がれながらこれからもずっと愛してしまうのだけはきっと確かだ。

あーーーー寂しい。寂しいなほんと。寂しいのに、悲しいニュースのはずの会見があんなにも和やかなんだからとても困る。辛かったはずなのに、あの一時間で嵐のことを一層好きになってしまった。どこまでも罪な男たちだ。


いつか笑ってまた再会できる日がもし、あれば。私もその場所に立ち会って笑っていたい。






追記

と思ってたけどZERO見たらもう希望を持って待ってるしかないじゃんこんなの!!!!!!翔くん!!!好き!!!!絶対に再会を待ってやるからな!!!

こんなに欲しい言葉をくれるアイドルが実在していていいのだろうか。詳細を知るほど安心できる休止報道は初めてです。

2018現場まとめ

紅白を見ながら自分用に今年の現場の振り返りをしようと思います。

本当は昼にやるつもりだったけどずっと寝てたので今やりますよ。ギリギリで生きてる。

 

f:id:dm_you:20181231191324j:plain
今年のペンライトたち

 

Sexy Zone repainting Tour 2018」

04.04(水) 18:30 ガイシホール(スタンドB22列)
04.05(木) 13:30 ガイシホール(アリーナC4花道横)
04.05(木) 18:30 ガイシホール(アリーナC6)

 

この公演はひたすら席運がよくて震えていた記憶が強いです。

花道横で風磨さんが通るたびに後ずさりして同行の友人に背中を押し返されていた記憶もよく残っていますね……綺麗な顔に威圧されすぎてごめん。セクシーの現場は今年周りに気軽におすすめしたいツアーナンバーワンでした。

リリカルで気軽に楽しめる振れやすさといい、エンターテインメント性の高さといい、かっこいいとかわいいのバランスが非常によくて、彼らも自分のキャラクター性のかわいらしさ愛らしさを十分に理解しているそんな印象を受けています。あととにかく顔がいい!

途中で松本さん櫻井さんからアドバイスを受けたことによってかなり演出も改良されたと聞いて、年明けに円盤が出るのが楽しみです。

そうなんです、円盤は1/9発売です!!

 


KAT-TUN LIVE 2018 UNION」

04.20(金) 18:00 東京ドーム(スタンド1階1塁33列)
04.21(土) 18:00 東京ドーム(スタンド2階1塁22列)

 

充電期間を経ての再出港ということでもう感情が先に来てしまって号泣から始まったんですが、セトリにしても構成にしてもファンを大切にしているという想いを強く受けたコンサートでした。

また、ユニオンでは座席表がアンティークな地図になっていたりだとか、開演前にJr.が海賊の格好でパフォーマンスを繰り広げていたりと新しい試みを感じたのが面白かったです。

誘導スタッフさんまで海賊のコスチューム着てたよ。一種のショーパレのような、アトラクションに乗る前のようなわくわく感があってかなり良かったですね。

コンサートの内容に海賊感はなかったけど彼らが海賊だからね。充電前最後の日に現場に入ってから二年が経ち、充電明け最初の日にまたここに立ち会えたありがたみをひしひしと感じていました。

 


Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 Yummy!! you&me」

05.05(日) 18:00 ナゴヤドーム(スタンド5階1塁60列)

 

今年は遠征の予定と被ってて名古屋一公演しか入れなかったのですが楽しかったな~~去年アリーナに入って再実感したというか、やはりキスマイは移動手段の強みがあることと特効が映えるグループなのでドームでのコンサートが似合うと思うのでドームに入れて嬉しかった。

単純に私がドームコンが好きっていうのもあるんですけど……!ファンサ欲が薄いので演出の幅が広がるドームが好きです。

名古屋のリアルミー演出は後半よりがっつり絡みだったので連番した友人と動揺したまま狂っていったのも思い出深いですね……円盤のリアルミーも相当やばかったんですけど!やはり豪快に開いた胸元へ塗料をべったり付着させていた時の衝撃は忘れられない。

 


泥棒役者

05.06(日) 13:00 グローブ座(2階C列)
05.06(日) 18:00 グローブ座(1階K列)

 

人様のチケ運の恩恵にあずかりまくり現場でした。

映画で見た時からこれは舞台で見たら楽しいだろうな~~と思っていたのでとても期待していたし、期待通りの非常に楽しく見やすい舞台でした。これ役柄がハマりすぎなのがいいところですよね……アドリブについ笑っちゃう丸山さんがかわいすぎた。

こういう役だと彼の自然体で見られるのが強みだと思うのですが、ぜひ別の機会では正反対くらいの役も見てみたいです。クールな丸山さんは死人が出るって知ってる。

丸山担二人に混ぜて連れて行ってくれてありがとうございました~!今年唯一行けた舞台でしたね。

 


「NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA」

05.13(日) 13:00 ガイシホール(アリーナA6)

 

今年ガイシだとアリーナ行きがちなんですよね……NEWSくんは去年もアリーナだったしなかなか良席続き。

宇宙がモチーフの360度ステージで、世界観が凝っているのはグループとしての強みだとつくづく思います。ペンライトが超ライトセーバーだったから開演前ずっと遊んでた……ジャニオタはおかしなペンラ大好き。

あとにゅすくんはペンライト無理に自動点滅にしなくてもいいよ~!これは去年も感じてたんだけど消灯している時間が何度もあるのが気になる。ストロベリーだとまた違ったのかな?世界観のファンタジーさが強いので、消灯曲の多さで手持無沙汰になった時冷静になってしまう瞬間は勿体ない気がしました。

360度ステージだと死角がどうしてもできちゃうので構成が難しいよね……OPの演出は今年も相当よかった。突飛なことが始まるとわくわくします。

 


「嵐のワクワク学校2018~毎日がもっと輝く5つの部活動~」

06.10(日) 11:00 京セラドーム大阪(スタンド3塁下段1列)

 

あらせくってなんでこんなに楽しいんだろう。

毎年なんだかんだ続いているワクワク学校、もうやるネタもないんじゃないかと思ったら今度は部活ですって。しかもセクシーと組むとバランス良いんですよね嵐さんって。

去年とはまた違った組み合わせで繰り広げられた今回のワクワクなんですが、去年よりずっとセクシーたちが嵐さんに打ち解けているのが伝わってきてとても楽しかったです。人数がちょうど合うってのも強みだなぁ……来年どうなるんでしょうね?キンプリと組んだりするのかな。

 


関ジャニ'sエイターテイメント GR8EST」

07.21(土) 18:00 ナゴヤドーム(アリーナE4)
07.22(日) 18:00 ナゴヤドーム(スタンド5階1塁60列)
07.23(月) 18:00 ナゴヤドーム(スタンド3塁30列)
08.25(土) 17:00 京セラドーム(スタンド1塁N列)
09.08(土) 18:30 東京ドーム(スタンド1塁14列)
11.18(日) 19:00 京セラドーム(6階ビスタルーム)

 

入った~~~!!って感じします。今年はとりあえず行ける機会があれば迷わず入ろうと思ってエイトに挑んだので、名古屋以外の会場は人様に連れて行ってもらう形でしたね。

名古屋の初日では公演中どうしても涙が止まらなくて、連番していた友人とぐずぐすになりながらコンサートを過ごしたのをよく覚えています。そういう時に限ってアリーナなんだよ。しかもトロッコ横。

三回目くらいからは泣かずに見られるようになって、このツアーを通してしっかり今のエイトを応援していこうという気持ちが固まっていきました。そういえば初めてビスタルームにも入ることができたんですけど相当な快適空間だったのでまた入りたい。

 


KAT-TUN LIVE TOUR CAST 2018」

08.30(木) 13:00 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール(アリーナD2最前)

 

ほんと今年ガイシのアリーナ率高かったですね……!ユニオンとはまたがらりと変わった空気感のコンサートだったのですが兎にも角にも衣装が最高です彼らは、衣装展示やってくれ!衣装だけでいいから写真集出してほしい。

あとは照明演出がとてもよかった……どこでしたっけ、三人ともが横並びにステージで踊ってる時にそれぞれ全く違う照明演出が入ったところがすごく衝撃的に美しくて、大好きだったので早く映像で見たいです。ユニオンもだけど円盤まだ??

上田くんのソロ演出も最高だったな~あの独自の世界観を突き詰めるところ大好き。一度しか入れなかったのではやく映像を浴びたい気持ちでいっぱいです。見返したい部分が多すぎる。

 

 

「ARASHI Anniversary Tour 5x20」

12.14(金) 18:00 ナゴヤドーム(スタンド1塁37列)

 

今年もなんとか嵐さんに行けることになってよかったな……と思ってたらとんでもない追加公演情報が出ましたね!なんだあれ。あんなにドームって押さえられるもんなの?

20周年yearの始まりにふさわしいこれまでの振り返りにドキドキした公演だったのでこれがまた見られるかもしれないと思うと嬉しくて仕方がないです。今年もメインモニターは大きくて見やすかったし映像演出がすごすぎて企画力と資金力を感じた。毎年新しいことをどんどん取り入れてくれる潤プロデューサーには本気で頭が上がりません。いつもありがとう……!おかげでオタクは楽しいです!!

みんなの挨拶も泣きそうになっちゃったな。五人だからこそここまで来れた、五人だからこそどこまでも行ける、そんな彼らが大好きです。

 

 

2018も色々な現場で楽しく過ごせて幸せな一年でした。連番してくれた友人たちも本当にありがとう。

来年も事務所のアイドルたちが活躍するよい年となりますように!