and you!

アイドルという生き方を選んでくれてありがとう

untitled 12/17 名古屋 レポ

アンタイトル2日目行ってきました!!!!!

本日は制作開放席いわゆる見切れ席ということでスクリーンが一切見えていません!その代わりプライムツイン(ナゴヤドームの机がある座席)だったのでレポが捗りました。

 


・I'll be there

ジャケットの中に手を入れる振りのところ、衣装的に入れる懐がない人は脇腹に手を添えてたりするんですがニノちゃんがえらくエロかった。
このあたりみんな赤黒の衣装で、黒シャツにそれぞれの形の赤い上着羽織ってるんですけど(相葉さんは一体型)、にのちゃんのジャケットがすごい……すごい斜めにパツーン!!って裁断されててどうして??不思議な形しててすごい見てしまった。

 

・Attack it!

「上空から下界までの全体」にのなりさんの声低めでかっっっこよかった…相変わらず大怪獣はベリーベリー可愛かったよ。

ここで全員の挨拶があったんですけど、潤くんが挨拶してる時にこそこそ喋ってる大宮を捕捉しました。

 

・UB

あのほんとUB涙腺が死ぬんですけどなんなんですか??これ なんなんですか……??
「その隣にはあなたがいた。ありがとう、君といたすべての奇蹟に」っていう前置きからUBに入る時点で激エモポイント1000000点加算だし出てきたら出てきたで花道の端と端にいるにのあい!!!!!
彼らが歌い出せば客席は黄色と緑の光に包まれて、ほんのりと揺れるその光のなかメンステに向かって二人がゆっくりと歩みを進めていく。にのちゃんの周りに溢れてた光が相葉さんの方に渡っていくのエモすぎるし、最初の「Listen……」でもう空気が変わりますからね誇張ではなく。言われなくても聴くよもう。

あの例のダンス、コンテンポラリーダンスの一種なんですってね。ダンスには詳しくないんですけどコンタクト・インプロビゼーションっていう、二人の協調が大切、相手と接触している部分にうまく神経を集中させていかないと体勢が崩れてしまうものだそうで……シンメダンスのひとつの最終系じゃないですか……
二人が仰向けでセンステに寝転ぶところでいつも心がしんどくなります。円盤ください。

 

・Come Back

カムバUBの後なのでちょっと頭が付いていっていない部分もあるんですけど、仁王立して客席に背中向けてる翔さんが意外とにこにこしてたところで萌えた。ありがとう制作開放席。ステージ側からの視点ってなかなか無くて新鮮でした。

 

・夜の影

これほんと円盤で正面から見たい。大野さんの振付が二宮松本にしっかりハマっててすごくかっこいい。
今日の夜の影の絡みなんですけど、二宮さんがいつも通り潤くんを後ろから抱いてたところで大野さんが潤くんの前に回ってきて前から迫っていったので死にました。大宮に挟まれる自担、すごかった。
あとこれにのちゃんが楽しそうにJr.と絡むのが見られるから好きです。ハイタッチご機嫌だったね。

 

・バズりNight

これなに?????好き。
最初のラインのやりとりは完全に画伯にもっていかれたよね。あとこの日は櫻井(バンダナ黄/ポスター黄緑黒)、相葉(バンダナ赤/ポスター赤)、大野(バンダナ紫)だったから翔ちゃんはUB担だし相葉ちゃんは櫻井担だった。
本日のバズりご当地アイテム(?)は「味噌まんじゅう」です。

 

・バズりNight後トーク

二宮「ハイ終わりでーす
松本「終わりだよー
二宮「終わりでーすお疲れ様でしたJr.も帰ってー」
相葉「妖精さん帰って~」
二宮「帰って~帰れ!!バーカ!!
櫻井「終わりだってぇ~」

櫻井「スカート短くね?」
相葉「短くなってんだよ毎年、あ毎年じゃない
櫻井「何年やってんだよ(笑)」

相葉「なにあのおまんじゅう?」(曲中で櫻井が鞄から取り出していた)
二宮「ずっとやってたじゃん、あれなんなの?こう(前に突き出す動作)やってんのに全然わかんないよ」

櫻井「今回初の試みでユニットということで……すげえ恰好してんな?(モニターに映る自分見ながら) すげえ恰好してんな……大野さんとか夜の影振り付けしてんでしょ?」
大野「してる」
櫻井「振り付けしてめっちゃかっこよくしてる後にオタクの恰好してるってことでしょ」
大野「うん、三役やってる気分」
櫻井「リアクションよかったよ。チワワすごいリアクションよかった。あとトトロの右下に2017って書いてあんだけどたぶん誰も気付かなかった
松本「描き下ろしてんだよね」
櫻井「描き下ろしてんの」
二宮「三分ぐらいで描き終わってたよね(笑)」
相葉「一筆書きみたいに描いてた」

 

・つなぐ

曲前の大野さんのダンスが本当にすごかったので正面から見たいです円盤ください。操り人形みたいに糸で吊られてるんですけど関節どうなってるの?
あとメモに「つなぐ 偽りだらけの前ターン 10000000点」って書いてあるので10000000点です。軍服テイストで裾スカートみたいに膨らんでて、ターンすると裏地の赤色がふわっと翻るんですよ天才では……?

 

・お気に召すまま

ここ大宮おふざけゾーンになってるっぽいんですけど花道で大宮がひたすらわちゃわちゃしていた……大野さんが目の前にいるにのちゃんにお手振りファンサしてたり、にのちゃんが大野さんの進行方向でぴょんぴょんしながら手ぶんぶん振って邪魔して脇腹小突かれてた大宮めちゃくちゃ平和。
昨日もステージから花道に降りてく坂でにのちゃんが大野さんにぶつかってごめんごめん!ってしてたり、その直後大野さんの顔隠すようにお手振りしてごめんごめん!ってしてたので大宮ひたすらに可愛かったです……

 

・GUTS!

釣り師大野さんを楽しそうに見てる潤くんがかわいい。
バクステでOM、ASNで分かれるんですけど2人/3人で半身ずつGUTSの振りをやるもんだから、間に挟まれたにのちゃんがむぎゅっとなりながら両側の二人の振りに頷いてたの可愛さの極みでした。
あと最後同じ球技だからって全員ボーリングの振り付けになってたの笑っちゃう。

 

 

・MC

櫻井「松本さん今日どうでしょう?」
松本「いいねぇ~みんないい!楽しい!みんなの前でコンサートできて嬉しいです自分!
櫻井「乗ってる?」
松本「乗ってる乗ってる。楽しそうな男性が多いのよ。たまたま連れてこられちゃった感がないのよ。それが嬉しいねえ」
櫻井「俺も見た。ビタースイートめちゃくちゃ熱唱してた男性いたよ。大野さんは?」

大野「楽しみにしてくれてたのがわかるね」
櫻井「例えば?例えばどんなところですか?」
大野「僕を見てくれてるよねぇ。かなりの数の人目が合ってると思うよ
櫻井「大野さんと目ぇ合ったって人?」
(客席歓声)
櫻井「すごい人数合ってるけど(笑)」
大野「まだ全部は見れてないからね」
松本「目は2個しかないから」
二宮「いーんだよ」

櫻井「相葉さんはどう?UBやってたけど」
相葉「すごいよかったです。今日気合い入ってたじゃん、フィニッシュの絡みあるんすけどそこの気合いがすごくて!下からの突き上げが半端ないの!」
二宮「あのさぁあそこ下がって来てんの。Bが出てきちゃう、でも俺Aだから
櫻井「AB型のBか」
二宮「Bが出て慣れが出てきて下がって来てんだけど、他の人わかんないよ、でも俺はAだから同じ位置にしたいわけ」

二宮「振付難しかったね」
相葉「難しかった」
二宮「あれ大変だったね」
相葉「外人さんとペアでやってその後合わせたんだけど、二人ででやったらできなくてすごいリードしてもらってたのがわかった」
二宮「一時間ぐらい俺遅れて行ったの。相葉くん先やってたんだけどもうすごいぶん回されてて(笑)
相葉「でも言葉が通じなくてもダンスってできるんだなって」
櫻井「なんかかっこいいじゃん!」

櫻井「そう今日ね、夜の影、大きな変化があったんだけどみんなわかった?」
(客席反応)
櫻井「あれみんな一緒にツアー回ってた?(笑) あれ、二宮さんが松本さんのこと後ろから抱いてるのが通常で、横で大野さんが絡めないで見てたんだけど今日はとうとう絡んでいくっていう……」
大野「だって絡みたかったもん
松本「俺の前だよ?こうだからね(ジェスチャー)」
二宮「Jr.もびっくりしてたよ」
松本「そもそも俺は気持ち良く歌いたいんだよ(笑)」
二宮「あっそうなの?」
松本「それが羽交い絞めにされたり……」
二宮「じゃあやめる?でももう寂しいと思うよ?」
松本「一回温もりを知ってしまったから……

バズりNightのまんじゅうについて
櫻井「名古屋のすばらしさを知ってほしいと思って。今日はね、みそまん。味噌の入ったお饅頭だよ、たぶん
相葉「食ってないの!?」
櫻井「次東京なんだけど東京のご当地物わかんねぇから名古屋だけだなもはや」
(客席歓声)
櫻井「そんな盛り上がってくれるなら次から次へと出せばよかった!手羽先とか
相葉「鞄べちょべちょになっちゃうから(笑)」

スイーツ部
櫻井「ひどいなあー、ひどいなあ君たち本番前にあんなことして。これ本当に喧嘩になるからな
二宮「四対一にすんのやめてよ、俺は中立だからここにいるよ」
松本「俺もそれだったら中立だよ」

櫻井「子供の頃歯磨きしたあとに食べちゃいけませんって教わんなかった?俺本番30分前には歯を磨いてすっきりしてるの。
時刻にして3時50分。本番10分前ですよ、大野智相葉雅紀が。大野智相葉雅紀が!モンブランを食えと!このモンブラン美味いから食えと!私は断りました。そしたら松本くんと二宮くんが言います。『こんなに言ってるんだから食べてあげればいいじゃないか』と。そしたらいつの間にかマネージャーが無言で僕のところにモンブラン持ってきました。すごく美味かったです。
でもオープニングで『Hey!Hey!Hey!』のとこ『モンブランモンブランモンブラン!』だからね!?かっこつかないの!!」
二宮「いいじゃんお客さんにはわかんないんだもん」

相葉「あなたは楽屋で寝すぎなの!ずっと寝てんだもん」
松本「あなたも寝てたよ」
相葉「俺より寝てんだもん!先に部長に勧めたの、今日のモンブラン美味しいから食べてねって」
大野「食べたの」
相葉「部長と美味しいって感動してたからこれは平社員にも食べさせようって」
櫻井「俺平社員なの?!部なのに!?」

相葉「翔ちゃん寝言言ってたよ」
二宮「今日のはしっかりとした発音で、『きゅ~~~~~』って言ってました
相葉「算数やってたのかな?」

櫻井「モンブランすごい美味しかったの、でも半分残しちゃったから終わったら食べる」
大野「終わったら食べるって言って食べないよ。終わったら食べる!終わったら食べる!終わったら食べない!!!終わったら詐欺」
櫻井「終わったら詐欺ってなんだよ(笑)」

本日のMCは相葉二宮大野/櫻井松本
櫻井「これ告知じゃない話も一個ぐらいしようか。クリスマスまであと8日、ヒルナンデスで僕が答えたクイズを出してあげよう。クリスマスツリーのオーナメントっていうの?飾るやつ、クリスマスツリーの飾るやつ」
松本「うん、飾りね」
櫻井「あれ、昔ある物が飾られてたんですって。なんでしょう!」

松本「……肉?……生肉?
櫻井「木に生肉?」
松本「飴?」
櫻井「……ファイナルアンサー?」
(長めの間・見つめ合う二人に沸く会場)
松本「…………ファイナルアンサー!!」

櫻井「林檎でしたぁ~~~!!!!」
(反応に困る客席)
松本「面白いねえ、面白かった」
櫻井「名古屋公演3Days唯一の不思議な空気が流れました。これが不思議な空気ってやつです。当たりですよ」

相葉二宮大野がステージへ
櫻井「(客席)あったまってるよ」
二宮「さっきのクイズ、林檎って言ってる時聞こえたのリーダーのスプレーの音だけでした
櫻井「嘘だろ、着替えながら答えてると思ったのに」
二宮「スプレーの音でした。シュー……って」

櫻井松本が着替えへ
二宮「気になったこと言っていい?」
相葉「俺もいい??」
二宮「俺じゃん!今どう考えても俺じゃん!!いいけどぉ」
相葉「言うね?すごいじゃんうちわとか!リーダーだと『釣って』とか」

大野「『釣って』すごい量だね、最近」
二宮「全てに応えてるじゃないすか」
相葉「俺はちょう応える。全てに応えようと思ってるから。でもすべてに応えようと思ってるからわけわかんなくなっちゃう
二宮「でもそれ俺ファンの人だったら泣いちゃうな」
大野「俺も泣いちゃうな」

相葉「見た?俺がパニクってるとこ
二宮「あなたいつもパニくってるから」
相葉「色々応えてんの、ピースしてとか指差してとか色々応えてるからパニクって途中で中指立っちゃった。ちがうちがうごめんごめんってすぐ謝ったよ!そういう気持ちじゃないから!」
二宮「(笑いながら) 結構応えてんすかリーダーも」
大野「けっこう応えてる。でも俺もこういうマーク(親指立ててグーする仕草)イェイイェイってやってたらだんだんこうなっちゃって(親指下に向ける)」

相葉「『血管見せて』っていうのもある」
大野「けっか?」
相葉「けっかん」
二宮「『結果見せて』ってシビアなうちわだよね(笑)。俺これだもん(ピースする仕草)」
相葉「『ピースして』って多いよね。ピースしてくれる人が多いから」
(櫻井松本が着替え終わる)
二宮「(櫻井に)どこまで応えるんすか?」
櫻井「ノーコメント」

大野「ニノも見たら釣ってあげて」
二宮「わかった(笑)。釣り増やすわ」
松本「それは誰がやってもいいの?」
二宮「それは俺らに聞くことじゃなくない?(笑)」

(花道歩きながら客席釣っていく相葉大野二宮)
相葉「ウィンクはできないんだごめんね、ウィンクできないんだ」
松本「やってあげなよ下手でも」
櫻井「途中で中指立てちゃうから」
相葉「そういう気持ちじゃないんだごめんね」

 

 

・NOW or NEVER

「just a super buddy」のところでセクシーポーズする相葉ちゃんのお腹を両脇から翔潤がボディータッチするのがかわいい。
あとメンステ来た後ににのあいが背中合わせになるところすーーーごい好きです。

 

・光

これ聖書の世界観じゃないですかほんとに……昨日の記事でも言ってたんですけど最初客席の上手側、範囲にして四分の一ぐらいかな?だけ白くペンライトが光ってる範囲があって、嵐さんたちが「煌くLights」って手をかざしたらその光が会場全体へと広がっていくんですけどその様が本当に神様。
最後のサビ前でさっと客席のペンラが消灯して、「煌くLights」で手をかざした嵐5人の前に真っ直ぐ光の道ができる演出も本当に美しいですよね……その光が両側へと広がって会場に光が満ちていくこれが神じゃなくて何というのか、スクリーンだけじゃなくてセンステにもステンドグラスの模様が映し出されてたしこの瞬間ここは間違いなく教会だったんだよ。
「星の光る空に願いを」の前で軽やかにターンする潤くんも素敵でした。今回のツアーで大好きな曲です。

 

・君のために僕がいる

「もうこ〜うかい〜しない〜ように〜」で一人ずつJr.を蹴り飛ばしていくにのちゃんと蹴飛ばされるフリしてるJr.がかわいすぎる。

 

PIKA★★NCHI DOUBLE

曲の始まりと終わりで真上から会場を移す画角になるのがエモくて素敵だなと思いました。そういうの好き……
「旅立っていくなんて」のところ二宮さんやたらビブラートきいててよく聞こえてきてました。

 

・Song for you

なにこの激エモ10000000000点ソング??????
まず衣装が大天才。この赤い衣装最高ですね、つなぐと並んで最高です。にのちゃんの袖にフリル付けた天才誰ですか??王子様じゃないですかありがとうございます。あと相葉さんの襟にファー付けたのも天才ですありがとうございます。潤くんの衣装にだけお花散らしてくれたのも天才ですありがとうございます。円盤ください。

なんかもうこの曲については見てほしいのであれなんですけど改めて歌詞を噛み締めさせられて泣きました、すごい。この場所に連れてきてもらえて本当によかった……最後のところとかJr.がハケて五人だけの空間になるあたり堪りませんよね……

 

・彼方へ

ペンラ消灯させてフロートの照明だけで演出してくる……ぼんやりと灯る柔らかな明かりに照らされて伸びやかに歌い上げてくる彼方へがヤバい。
こう聞くとアンコールにぴったりだし、最後のソロパートが回ってくるところで他のメンバーがソロ歌ってるメンバーのこと讃えてるのが世界平和の縮図って感じでほんと……嵐ってやつは……!!!好き!!!

 

・カンパイソング

楽しいの知ってた~~!!!!!知ってる!!!ありがとう!!!
一回ハケてから泥酔してぐったりしたポーズで座り込んでせり上がって出てくる嵐くんたち可愛すぎませんか?ステージ上駆けてペンライト持ってカンパ~~イ!!ってほんとかわいい。
色々かわいいが詰め込まれ過ぎのアンコールなんですけど一番すきなのは、二宮松本がメンステの両側から走ってジャンプしながらハイタッチするところと最後に二宮松本が腕絡めながらペンラからお酒飲むところです(一番とは?)。

 

 

最後は潤くんに対抗して大野さんもピース掲げながらのスライドダウン。
にこにこしながらピースする大野さんに「かっこいい!かっこいいよ!」って沸く翔さん。ぴょこぴょこしながら最後腕だけ頑張って出してくれてた大野さんが可愛かったです。

あと見切れは翔さんがよく気にしてくれるってのは聞いてたんですが、本当にそうだった。翔さんに限らずメンバーそれぞれかなり見てくれてたし、翔さんが最後に見切れに向けて深くお辞儀してくれたのを見てイケメン……って惚れて泣きました。かっこいいよ。

それからこれはどうでもいいかもしれないんですけど、今回のペンラの自動制御、色変更だけじゃなくて光量も五段階くらいありますよね……?すごい絶妙な明るさの調節されててびっくりした。自動制御大好きなのでこういう試みが楽しいです!


あ~~~~最高のコンサートでした!!早く円盤ください!!!!!!!!!!!

 

untitled 12/16 名古屋 MCレポ

嵐アンタイトル行ってきました………………!!!!!

 

本当に嵐のコンサートは毎回圧倒されるばっかりで毎回どこかしらで泣いているんですけど今回も例に漏れずオープニング、UB、Song for you と三か所泣いてきました。明日の公演入って記憶が混ざる前にMCのレポ書き起こして置いておきます。

 

 

MC

櫻井「今日も大歓声だったねUB!ナレーションあって始まるぞって時に大歓声、あの絡み合いが終わって手つないで上げるじゃん、あそこ大歓声。あれどういう思いで絡み合ってるの?我々の仕事で撮影とかで顔近くにあるってマジ近いよ。友達とかとやってみてほしいんだけどあれかなりの距離だからね」
相葉「俺あれ後ろにいるからニノの後頭部しか見えてないよ
二宮「どうやって踊ってんの?」
相葉「後頭部見てるよ」
二宮「そっか見えないんだあれ」
相葉「ニノ見えてるよね。画面見えんだよね、俺見えないの。だからどういうつもりでやってんのって言われたらストイックにやってるよ

 

櫻井「どうですか大野さん今日は」
大野「いやあの、そうつなぐの前のダンス歓声沸いたよ」
二宮「今まで無かったみたいになってますけど」
大野「あった時もあるんだけど、一番大きかった。あの体勢辛いんだよ!
櫻井「それを認めてもらったと(笑)」
大野「そう!よくやってるな、って」

 

櫻井「バズりNightの映像さあ、あれすごいウケたね。あの……途中で俺ういろう出したんだけど、あれういろうだと思った人どれぐらいいる?
(ほとんどいない)
二宮「スタッフさん裏で言ってたもん。『翔ちゃんういろう3個持ってたよ』って。万引きGメンだよ」
松本「夜の影中に楽屋帰ったの?」
櫻井「スタッフに取りに行ってもらったの。あのね、俺らの楽屋最近ずっとスイーツが用意されてんの。それでこう各地回るからご当地みたいなのでういろうがあったの」
松本「小倉サンドとかね」
櫻井「そう。俺はそれをどうにか使おうと思ってああいう演出になったの」
相葉「でもいきなりやるんだもんあれ!」
櫻井「そういえばちょっと議論になるんだけどおしるこって愛知なの?ちょっとおしるこって愛知のものだよーって人拍手して」
(まばら拍手)
櫻井「別に愛知のものじゃないよーって人」
(大多数拍手)
二宮「いやでも呪われたようにおしるこ味が並んでんの。でもおしるこが一個もないの!おしるこ食べたくなったけど……」
櫻井「おしるこ談義思い出すね」
相葉「おしるこにおがなんで付くかっていう」
櫻井「ツアーMCで30分くらい話してた時があって、あれは俺の中で名作になってるから
松本「あれDVDほしいよね」
相葉「あれからしばらくおつけるの流行ったよね」

 

・本日のMCグーパーは相葉大野二宮/櫻井松本
(しばらく無言で正面向いたままの翔潤)
松本「何すかねこの空気」
櫻井「カムバック組ですからね?松潤、両耳付けてるからあれ、聞こえてないかもしれないけど、意外と……UBの後だから反応はあれだけど肩ぺってした時キャーって言ってくれてるよ。UBの後だから……くんずほぐれつの後だからあれだけど
松本「くんずほぐれつしてるともう肩ぺってしただけじゃだめかな」
櫻井「抱きつくぐらいしないと」

 

・相葉大野二宮組のMC
相葉「告知っていってもあれでしょ?僕ら三人の自由時間でしょ?自由トークしようよ。あ、でもリーダーは楽屋で寝てたから知らないかもしれないけど……」
二宮「でもこれこの後のテンションにもかかわってきちゃうよ」
相葉「ああ~~そうかでも言いたいなあ」
大野「聞きた~~い」
相葉「あのね、リーダーが寝てた時二宮くんとスイーツ活動してたの。で食べてたらマネージャーが突然焦り出したの。『松本さんの蕎麦なんですけど……』って、マツジュンはつゆと蕎麦別々がいいの、でも一緒にしちゃったのね。もう一個頼もうかな、でもそしたら頼んでたやつ誰が食べるの、頼んでももうマツジュンが酸素から出てきちゃう……って、じゃー俺らが引き受けた!って俺たちがつゆと蕎麦をこうやって……こう、一生懸命分けたの(笑)。器も似たようなの探して、箸も使っちゃったから拭いて。マツジュンあとどれくらいでくる?『気圧の関係でもうちょっとかかると思います!』って言われて(笑)。あっ、来ちゃう……あー」

(着替え途中の松本がステージ上へ)
松本「だからあれ変だったのか!俺が酸素出てさあ、ご飯届いてる?つったらマネージャーが『はい!届いてます!』って……でテーブルで下向いて相葉くんとニノが笑ってんの
二宮「こいつがさぁ!!一回も言ったことないのに『蕎麦美味しい?』って」
松本「それが怪しいと思ったのかさあ、『じゃあ俺も明日食べよ~』って(笑)
櫻井「めっちゃ裏でウケてたからね、着替えながら」

 

櫻井「ひどいんだよ。本番前に大野さんと相葉さんが俺にスイーツ食べさそうとして……五分前だよ!?もう歯磨いちゃってんだよ」
相葉「でもマツジュンまだ着替えてなかったからさ~OP衣装」
櫻井「歯磨いた後にもの食べちゃだめって教わらなかった?!」

・松本着替え終えて再登場
相葉「よかったぁ、怒って出てこないかと思ったよ」
櫻井「告知はお蕎麦のお話する時間じゃないの!(笑) 俺もちょっと見たのよ二人が楽しそうにしてんの」
相葉「ちょっとね、あの時言うタイミングなかったから、今ここで言えてよかった」
大野「美味しい?って聞かれたのなんて返事したの?」
松本「『美味しい』。……なんか違和感あるんだよね、何も食べてないのにテーブルに座ってんの」
相葉「一番近くで見たかったんだよね!
松本「明日も蕎麦たべよっ(笑)」

 

 

 

お気に召すままで大宮が花道でわちゃついて歌い出しで笑い声入っちゃう二宮さんとか、つなぐの衣装ターンした時に翻る裏地の赤が天才だったとか、sugarで大野さんガン見しながら歌ってた潤くんとか、彼方へでフロートの照明だけになるのが美しかったり人のソロパート盛り上げる4人が可愛かったりとか、あとUBはほんとにわけわかんないくらい衝撃だったしカムバックで背中向けて仁王立ちする翔さんがかっこよすぎたし、Song for you歌い上げてから「未完」で畳みかけてくるの強すぎるし、カンパイソングで走ってハイタッチしてた松本二宮が可愛すぎたし、とりあえず正面から見たい演出たくさんあったので早く円盤出してほしい。

光で「Lights」って嵐が手をかざした時にゆっくりと上手側からペンライトが白く灯されていくのは、聖書の「光あれ」と同義だと思ったので心が震えました。こうして光があった。

 

明日は制作開放席なので見切れだと思いますがMCは書き起こす予定です!素敵な夜にカンパイ!

 

Summer Paradise 2017「So what? Yolo!」 8/20 1部レポ

ジャムのMC起こせてないけど書きます!サマパラ行ってたよ!

f:id:dm_you:20170821232923j:plain



全滅してもう無理かなと思ってたのですが友人の救済を得て初のサマパラへ。
つい先日ドーム公演へ行ったばかりなのでキャパの狭さと席の近さに同行の子とどよめいてたりしました。あのキャパで10倍双眼鏡持つともう睫毛とか口の中とか見ちゃうね……すごい近い。

ステージの中央スクリーンにはアンティーク調の時計。両側からは木の影が覗くファンタジックなステージの中から物語が始まります。
スクリーンの中で捲られていく絵本の中で聡マリが物語を繰り広げ、マリちゃんが英語のナレーションを読み上げる。すっと世界観に入っていけるいい空気でした。結構端の席だったから字幕が見切れてたりはしたけど…!

 

以下気になったポイントを箇条書き。MCメインです。

・レディダイの俳句「夏恋と 願った先に 天使たち by聡マリ」
向かい合わせからのキメポーズでこれ。全然わかんない!!全然わかんないのにかわいい!!

・キャラメルドリームの「今は無我夢中」のマリの声が甘ったるすぎて恋した。

・セクサマ台詞
聡「みんな、今日は帰さないぞ♡」
マリ「一生の思い出つくりましょう!」
聡マリ「一年中、愛してるよ♡」


・マリソロの衣装、燕尾っぽく後ろが長い黒ジャケットに青のパンツがすらりとした長身に似合ってて相当かっこいい

・ONE GIRLでジャケット脱いだら青のセットアップでそれがまたかっこいい。
ここのマリちゃんピンクのライト浴びてレーザーとスモークを背にしながらポケットに右手を突っ込んだまま踊ってるんですけどセクシーすぎてよくわからない。マリのセクシーさを目の当たりにすると思考が停止する。

・からのダンケシェーンでハートのバルーン持ちながらにこにこ歌ってくるから頭おかしくなりそうでした。
衣装同じなのに急にかわいい……さっきまでとの振り幅が広すぎる。

・GAME歌い出しでスクリーンに2011~今年までの過去映像が映し出される。オタクの好きなやつ。
赤く翻る(Jr.が翻してる)布をバックに聡マリが舞い踊るんですけど衣装は強いわハモリは綺麗だわダンスは揃ってるわ、俺とオマエこれでライバルで背を寄せる聡マリは最高のシンメでした。

Perfect Potionでエロい絡み方する聡マリが見れるって誰か先に教えてほしかった。
背後から聡くんの胸元へ手を滑らせるマリちゃんとか隣からマリちゃんの顎をそっとなぞって引き寄せる聡くんとかなん……なんだこれは……?聡マリの色気がすごい……

・パリマニのマリちゃんの囁きにぞくっとした。
衣装のせいかな?もふもふの毛皮羽織ってるマリちゃんがつよすぎてひれ伏してました。ファーが似合うアイドルは最高。

 

・マーメイド衣装がセーラーな時点でもうだめ。かわいい。

f:id:dm_you:20170821232625p:plain
メモに描きなぐってあったのでざっくり色付けてみた。雰囲気だけでも伝われこの気持ち。
セーラーのラインがステッチになってて、下の灰色の部分は大きめの丸スパンコールがびっしりついててキラキラしてるんですよ~裾にはスリットも入ってた。パンツはピンクの相葉丈!右腕に青とピンクの紐にヒトデが付いたブレスしてたのもかわいい。波にさらわれちゃいそう。
こんなかわいい衣装を着た松島くんがかわいい恋歌を歌ってくれるここがサマーパラダイスだ。「SO絶対幸せにするから~」ってニコニコしてた聡くん最高のアイドルだったよ。

・お姉サマーで浴衣は聞いてたけど普通にかっこよすぎて恋が止まらない。
マリちゃん体型がセクシーすぎてお尻のラインめちゃくちゃ見てしまったんですけど浴衣であれだけ色っぽいってすごい……

 

・MC

▼今回のコンサートは人生がテーマ

マリ「ある意味チャレンジですよね。こんな大きいトピックについてコンサートを作ろうと思ったぼくたち……何を思ってたんでしょう?
聡「せっかくの夏休みに僕たちのコンサートに来てくださって本当にありがとうございます!10代最後のサマーパラダイスです」
マリ「どうなの?変わった?とし……をとって」
聡「なんにも変わらないですぅ」
マリ「じゃあかわんないじゃん!」
聡「まだかわんないよ20になったら変わるってことだもん!」
マリ「聡ちゃんもじゃあキャラ変わっちゃうの?」
聡「かわんないよ(笑)」
マリ「このままでずっといてね」

 

▼マリの汗をおもむろに拭き出す聡くん

聡「ただ単に汗が気になったからふきまーす」
マリ「先に自分の拭いてよぉ」

 

▼みんなが成人していくのが寂しいマリ

マリ「置いてっちゃうんじゃなぁい」
聡「置いてかないよ待ってるよ」
マリ「寂しいんだよね僕だけ」
聡「カウントダウンコンサートとかね、ちょっと前まで僕も一緒にいたからなんか変な気分」
マリ「上から見てるような?」
聡「ちょっ違うww」

 

▼新曲マーメイドについて

聡「みんながマーメイド♡ 僕のマーメイド♡ まつしまのMとマーメイドのMをかけてね、そういう振りも入れてみたんですけど」
マリ「マリウスのMも……」
聡「かかってませーん。まつしまのMとマーメイドのMだけでーす」
ここの聡くんめちゃくちゃ風磨さんっぽかった。

 

勝利さんとの思い出

マリ「僕の思い出をシェアしたいんだけどぉ、昔にね、早替えのところがしょりくんと隣だったの。ズボン脱ぐ時バランスくずれない?しょりくんにばって当たって、あっ……って思ってたら「大丈夫?」って。怖い顔してたから怒られるかなって思ったの。でも天使のような声だったぁ」

 

▼見学:二階堂高嗣

聡「じゃあね、このアンケートBOXを」
??「あのぉー……アンケート書いて来たんですけどぉ」
(スクリーンに客席のニカの顔が映ってどよめく聡マリ。ステージに降りてきてもらうことに)
聡「びっくりした~~あっみんなのがびっくりしてるよね?」

 

▼真ん中を譲られるも端に避けるニカ

ニカ「おれは真ん中じゃないから。。」
マリ「二階堂くんは真ん中にきてください!」
最終的にぎゅっと聡マリに挟まれて苦笑い。聡ニカマリの順に段々にぎゅっとくっついて並ぶ。
ニカ「どう今携帯の電波みたいになってない?ふふっ、藤ヶ谷さんはずっと話してるよマリウスのこと」

 

▼聡ニカ温泉旅行

ニカ「どう?今どれくらい喋った?あんまMC長いと大人の人におこられちゃうから……」
聡「あっもう一枚引いてください二階堂くん!」
ニカ「この前聡くんが二階堂くんと旅行に行ったって言ってましたが何かエピソードありますか?」
聡「ニカちゃんと僕だけのひみつー♡
ニカ「これ俺がひいたらヤラセみたいじゃん!!えみんな知ってんの?どこで聞いたの?雑誌で言っちゃってんだ!」
聡「すごいテンションあがっちゃって」
ニカ「すごいよかったよ、温泉にね」
聡「箱根ですっ」
ニカ「箱根って言っちゃったよ!www」
聡「あっ温泉です!!
マリ「なんのはなししたの?仕事のはなし?」
ニカ「えっとね〜エッチな話♡」
聡「ちょっとぉ!!僕とニカちゃん仕事の話はあんまりしないスタイルなの」
マリ「そぉなんだ~~」
ニカ「すごい可愛いんだよ温泉入ってるときの聡くん。俺が露天風呂入ってて聡くんまだ身体洗ってたんだけど、聡くんがきょろきょろし始めて、一回脱衣場とか行ってたの(笑) そのあと気付いてこっちきて「も~~~帰ったと思いました〜〜!」って!!」
聡「なんか怒らせるようなこと言っちゃったかなって……!(照)」
ニカ「めっちゃ可愛かった……」
聡「二階堂くんがめっちゃにやにやして「そ〜く〜ん♡」ってきたの(笑)」
ニカ「ほらフル……あっ言えないか!フル……で聡くん〜って!」

 

▼マリウス大きくなったね

ニカ「マリウスでかいね。膝痛くない?」
マリ「ひざ?」
聡「成長痛?」
マリ「膝は〜痛くない、肌?」
聡「皮膚?」
マリ「皮膚。スキン」
聡ニカ「……へっ?」(わかってない)
マリ「スキン……スキンケアとかのぉ……」
ニカ「……スキンヘッド?」

 

▼ニカちゃんからの質問

聡「じゃあ最後……にかちゃんの質問にしようかな!」
ニカ「おれちゃんと書いてきたんだよ」
聡「えっほんとだ!お名前、二階堂高嗣。出身、日本。質問は……Sexy Zoneでの格差はなくなりましたか?っはははww」(聡マリ笑い崩れる)
マリ「これは自信を持って全然言えますね、ないです!!」

 

▼アンケート用紙をそそくさと確保する聡くん

(ニカちゃんステージからハケる)
聡「この紙(ニカのアンケート用紙)は僕が持って帰る。スタッフさんこれ僕の鞄に入れといてください。あのねこの前キスマイのコンサート見に行ったんですけどその時ニカちゃんが「そーくんいつだっけ」って聞いてくれて〜「絶対見に行くよ」って言ってくれたんですよぉ」
マリ「ほんと仲いいよね〜」
聡「もうニカちゃんはお兄ちゃんみたいな……お兄ちゃん的感覚です」
マリ「これからも仲良くしてくださいっ♡」
聡「仲良くします♡」

 

▼ニカちゃんって呼びたいマリ

(聡くんが着替えにハケる)
マリ「僕ね、ジャニーズの先輩とかくん付で呼んだりするじゃないですかぁ……あだ名でね、呼びたいんですけど……呼んじゃダメなんですかね?(笑)」
(客席に問いかけてにこっとするマリがかわいい)
マリ「入ったばっかの時はぁ、たいぴーとかほかの先輩もあだ名で呼んでも怒られなかったの。でも今になって怒られるようになったからその間どうしたんだろうと思って……五年経ったからそろそろ……なのか、マリウスはドイツから来たから仕方ないか〜なのか、どっちなんでしょうね?ほんとはニカちゃん……ニカちゃんって呼びたいんですよ!いいかなぁ……」

 

・後半戦はいきなり聡くんのKAGUYAで気が狂ったのでレポが真っ白でした。何一つメモが取れてないのでしっかりしてほしい。
和装で赤い番傘を手に髪飾りを揺らしながら舞い踊る聡くんに攫われてしまいたかった。

KAGUYAだけじゃなくて聡くんソロの部分全体的にレポが死んでて何も読み取れないポンコツでした……全体的に色香がすごかった。聡くんにたくさんお金払いたい。

・街灯のセットをJr.が押してきて、マリの新曲に。黒のレザーっぽいジャケットを着て伸びやかに歌うマリちゃんの大人びた表情と、あと普通に曲が好きすぎるので早いところ音源が欲しいです。もうすぐ発売だった。

・Knock*3はスクリーンの映像が幼いころのものでひたすらかわいい。さっきまでの曲とのギャップが大きすぎて頭ぐらっぐらする。
ここでついてた3人のジュニアの装飾が左から紫、赤、青だったのにエモさを感じました。こういうポイント押さえてくるのはオタクの心わかってるよね。

・スキすぎて台詞
聡「だいすっき!」
マリ「みんなにハマりうす~♡」
聡マリ「あいらっびゅ!」

・ところで生スイガルは眩しすぎて目が潰れるところでした。

 

聡マリワールド可愛いの集合体かな?と思ってたんですが思った以上にかっこいいとセクシーを網羅していて、それからオタクの好きなエモさと成長を見せつけられて聡マリの魅せるSTAGEを提示されたような気分でした。

絵本の世界というコンセプトも聡マリだからこさのファンタジックさにしっかり嵌まっていて、それでいて人生がテーマ。全部受け止めてついていくね聡マリ……

あと普通に油断してたらキスマイの自担がスクリーンに映ったのが一番びっくりしました。今年見学ガチャの引きが良すぎる。*1

 

セクゾ初心者の同行の友人が帰りがけにSTAGEの円盤を予約してくれたのでしてやったりです!ようこそ!

 

*1:ジレッタでは相葉さんがいたよ!

MUSIC COLOSSEUM 6/22 2部 名古屋MCレポ

ミュコロ名古屋夜の部行ってきました!!

VersuSの演出がオタク狙い撃ちだったこととかかくれんぼコロシアム宮ママ初敗北とかジョッシーちゃんの可愛さについてとか360度ステージという構成についてとか話したいことはいろいろあるんですが、全然メモを取ってないのでとりあえず書き起こせたMCだけ置いておきます。

間違ってるところもあるかと思うので、いつも通りニュアンスでお楽しみください。

 

 

 

◆キスマイ6/22夜MC

北「会場皆さん男性の方、今日ほんと多いですね」
二「さっきね、あのへん通ってた時なんだけどお父さんが俺のこと見てこう!!(爆笑する手振り身振り)って!!俺手ぇ振ってただけだよ!?」
千「俺も今日男の人といっこあったよ」
北「身体求められた?
千「近いニュアンスで*1、千賀ってうちわもってたんだけど……腕組んでこんな目しながら(睨み)こっちみてて、でも俺それ見つけちゃったから手振ってみたの。そしたら持ってたうちわクルッて回してそこに『ピースして』って書いてあってぇ!!!」
(メンバー爆笑)
千「すごいのずっと腕組みしてんだから!!」
北「千賀に対してもの凄い乳寄せてた可能性あるよね、胸筋アピール
千「アピールされてたの!?」

 

◆他の男の千賀担あっちにもいるよのくだり

千「……それは男として好きなの?
宮「せんちゃんよりかっこいいじゃん!」
千「確かにかっこいいけども!」

 

◆宮玉はペットと飼い主

玉「ワンチャンはだめだぞ!お前が言うとすけべなんだよ」
宮「お前の受け取り方だよ!」
北「そこは相変わらず師弟関係できてますね」
玉「ペット」
北「玉森さんの」
玉「ペット」
宮「はいペットです!見えない首輪がここに繋がれてる」

 

◆シャバーニ似せ疑惑

北「SEVEN WISHES千賀さんシャバーニに寄せてたよね」
千「東山動物園が近かったから♡」

 

◆お腹痛い二階堂

藤「俺薄々気付いちゃってたんですけど、高嗣さっきから俺の顔ちらちら見てて腹痛いんじゃないかなって」
二「ちょっとトゥナイトしてきていい?
北「ブゥンブゥンブゥン!ですか?」
二「曲ネタにすんのやめようww ごめんほんと、WCいってきていい?」(ハケる)
宮「本日は会場の皆さんは二階堂をそういう目で見るということで。自己管理ができない大人!」
北「腸が弱いんでねーか?」

 

◆番宣タイム

北「えーと櫻子さんか」
藤「あっいない!!タイトルおじさんがいない!!」(トイレ中)

 

◆戻ってきた二階堂

二「すっごい……出たわ大が。すっごい大が出たから、すっごい大出して!!
※この振りでケーキが運ばれてくる
→横尾さんが駆け寄って手伝い たいぴちゃんやられたーって顔
藤「ええー!!めっちゃお腹痛い芝居上手くない!? こういうのやる方はいいけどやられる方やばいな……上手いねお腹痛い芝居。かわいそうだなって思ったのに……」
二「俺ケーキ取りに行くんだけどなー!!!ケーキ取りにいきまぁーす!!!」(駆け出す身振り)

 

◆ケーキ食べようとする藤ヶ谷

玉「なーんでそんな端っこ取んのガヤ~」
宮「がぱっといっちゃってよ!」
玉「ろうそく食べちゃダメだからね
藤「すごいフリしますね?」
宮「おおなんか俺の飼い主がイキってるぞ」

 

◆藤北あーん

藤「俺こんなかでいちごが一番すきなんです」
二「あーんしますか?北山さん
(会場悲鳴)
北「じゃあ先にいちごのインサートとりま~す」
いちご単体の映像撮っておふざけしてから藤ヶ谷さんにあーん
→藤ヶ谷さんが食べてから、北山さん同じフォークでもう一個いちごすくって自分の口に入れる
千「間接キッス♡
北「そっち?」

 

◆どうしても抱負を言わせたい

玉「抱負聞こうよ抱負!!!抱負いこう!!!」
あーんのくだりが終わるとすぐにまた口挟んでくる玉ちゃん
藤「ないんだよねまだ30どう行きたいっていうのが……」
玉「じゃあ31歳の抱負でもいいから!!
二「僕はもっともっとドラマで見たいよ藤ヶ谷さんを」
藤「なんか、自分にこれができますよっていうのがないので腕に職を付けるみたいな」
北「手に職ですね」

藤「でもほんとにお腹痛いと思ってたのに……」
二「(トイレ行ってきていいよのくだり真似する) ケーキ取りに行ってまぁーす!!トイレにはいきません!!

 

◆藤ケ谷の抱負

藤「人に気を使いすぎちゃうところがあるので、そういうのをやめて玉ちゃんみたいに生きたいなって」
宮「自由な奴がグループに二人いたら大変だぞ!!
藤「はあーでもトイレ行っていいとかほんと変なところで優しさ出すんじゃなかった、優しさ封印しようかな」

 

◆玉森の誕生日に仕返し

藤「玉って人の時ぐいぐい来るよね自分の時は嫌がるのに!」
宮「玉が30の時盛大に祝いたいね誕生日」
北「31歳の抱負言わせようぜ
藤「31歳から35歳までの抱負言わせようぜ

 

 

千賀ちゃん今年もおかえり!ラスト残って一人挨拶してくれたのがすごく愛おしかった。

そして藤北のオタクなので軽率にやられました。というか当日じゃないからてっきり誕生日祝い無いと思ってた。
エイベックスならこのくだり映像化してくれるって信じてるのでよろしくお願いします…!にかちゃんの芝居にまんまと騙されるたいぴちゃんは最高にかわいいです。

 

*1:どのあたりが近いニュアンスだったのだろうか

ワクワク学校 6/18昼 大阪レポ

 

一昨年ぶりのワクワクに行ってきました!以下いつものレポです。

ニュアンスでのトーク中心なので授業内容全部書いてるわけではないです。

 

 

◆OP映像

例年通り先生の登場映像からスタート。

VS終わりでタクシーに乗り込もうとする二宮さん。
乗ってもドアが閉まらず、不思議そうな顔をして車外に出てみるとタクシーランプ(黄)に嵐學のマーク。ニヤリ顔していつものくるくるお着替え→腕組み決めポーズ。

貴族探偵の撮影中、椅子に腰掛け紅茶を堪能する相葉御前様。
「いい香りだなぁ田中」と傍らにある緑のマカロンをつまみ上げるとそこに嵐學マークを発見。「これは雑事ではないな……?」と御前様でキメ。変身して「いえええい!」両手わきわきしながらにこにこ後の「失礼」のギャップかわいすぎて会場沸き立ってました。

しやがれのスタジオで台本を確認する翔さん。
台本に書き込みをしようと鉛筆を持つとなんと鉛筆の先が嵐學マークに。びっくりして目も口も真ん丸な翔さん→からのニコリ顔。変身してよくやる決めポーズ(指をL字にして顎に当てるやつ)。

忍びの国の舞台挨拶してる大野さん。
「忍びの国よろしくお願いします」の後、客席でだらんと社長座り。にやにやしながらスクリーンを眺めていると東宝のマークが嵐學に。えっ?な顔して変身→忍びポーズ。

ジムでトレーニング中の潤くん(オルバ)。
サンドバッグを打っていると穴が空いて中から砂がこぼれてくる→嵐學マークに。「へぇ!」と驚き顔して変身しボクシングポーズでキメ。



◆登場トーク

大野「とびばこ、とびばこある!」
二宮「ハードルもあるよ!」

・ステージ周りに障害物競走の設備があることに一通り触れてからSexy Zone登場、体力テストと称した障害物競走。
一人ひとり紹介されて聡くん以外は目の横ピースでぶりっこキラキラアイドル。聡くんはファイティングポーズみたいなのやってました。



◆障害物競走

・トップ独走は風磨さん(髪の毛がベビーピンクでめちゃくちゃかわいい)。

・ハードルをひたすら破壊しながら走っていく聡くん。パン食い競走(ドーナツ)が全然うまく食べられない健人さん。

・着順は1風磨、2.3聡マリ一緒にゴール、4勝利、5で遅れて健人。

ひとり大幅に遅れてきた健人に
櫻井「どうした健人!!」
松本「どうした!」
健人「セクシーソーリー(流暢)」
相葉「セクシーソーリーもらったからいいか!!

二宮「保健体育といえば?セクシーゾーン!保健体育といえば?」
(走った後の息がぜえぜえしてるのがマイクに思いっきり入る)
櫻井「誰もごもごしてるのは!!」
マリ「ぼくです!」
櫻井「マリウス〜こまりうすだぞ!」

○○リウスいじりがちょこちょこあって気に入ってるんだな~って微笑ましかったです。



◆二宮先生「うんこの授業」

・助手紹介
せーので二人で手でハート作ろうとするも健人さんがターンでスルー→投げキッス→二宮さんそれみて両手でワオ!みたいなリアクション(これがワンパッケージらしい)。二宮さん絶対ケンティーのこと好きでしょ。

二宮「言ってやって!」
健人「大阪の皆さん、耳をすませて聞いてください。今回のテーマは……うんこ(キメ顔)」
その後ろから背後霊のように二宮さんもキメ顔

二宮「誰がなんと言おうとうんこ。みんなうんこしてきたかな?生徒の皆さんうんこしてきた?」
答え辛いにもほどがある質問を平然と客席に投げかけてくるアイドル。

二宮「みなさんはアイドルでございます。アイドルはうんこしないなんて言いますけども、そんなのもうルイフー(古い)です。うんこのうんちく、語っちゃおうかな
健人「ドヤ顔じゃないですか」

二宮「じゃー勝利くん!昨日の夜は誰とご飯食べましたか」
勝利「昨日はラジオが遅くにありまして、1人で」
二宮「ラジオも1人?」
勝利「いえラジオは聡くんとやってたんですけど」
二宮「ご飯はひとりで食べたと!
勝利「時間が時間だったので」
相葉「やめてやれよそういうの!やめてやれよ!」


・~勝利のうんこができるまで~
部屋のセットで夕食を食べるシミュレーションする勝利さん→肉を食べると全身肉の着ぐるみを着た健人さんが出てくる(顔だけ見えてる)。
すっぽり被り物してるのに顔だけはずっとキメてる健人さん。アリーナの人体図で食べ物の流れを健人が動いていく。

少しずつ着ぐるみを脱いでいくうんこ役の健人→胃の中で煙を浴びながらひたすらカメラにキメ顔してて全然下に行かないから二宮さんが「胃液に抗うな!!ドロドロになれよはやく!」ってヤジ飛ばしてたの最高に意味わかんなかった……
櫻井「なんか芸術的なんだよな」

二宮「小腸での消化時間はなんと4、5時間!」
マリ「テニスの試合が2回くらいできますね!」
櫻井「マリウス!マリウス……3回できるよっ!」

二宮「あっそろそろ勝利のお腹が痛くなってきたんじゃないか?」
勝利「あっなんだかお腹が痛い!(棒)」
二宮「みんな!勝利のうんこが出るようにみんな応援しよう!勝利うんこ出して!頑張るんだ!自分を信じて!!」
会場全体で勝利のうんこを応援する空間絶対におかしい。

健人「うんこはすることが恥ずかしいんじゃない。しないことが……恥ずかしいんだ」
松本「彼はいつもこういうキャラクターかい?」
勝利「比較的いつもそうです」

◆二宮先生まとめ

「うんこは大きな便り、いいうんこしようぜ!」
BGM:Beautiful days



◆櫻井先生「男らしさ、女らしさ」

櫻井「櫻井翔佐藤勝利のダブルショウコンビでお送りする、魅惑の……ショータイム!(両手でS作って2人で決めポーズ)」
これ打ち合せしてる時の図がめちゃくちゃ見たい。こういうのやろっかって持ち掛けたんだろうな~かわいい。

・男らしさの条件について考えよう
櫻井「車のバックが上手くできる人っていうのも多数きてますね」
菊池「それが本当にモテるんだったら俺普通の道もバックで行きますよ!!!!」
櫻井「馬鹿じゃないの!!?w」

・背が高い男性がモテるという話
聡「ぼく駄目ですね」
櫻井「身長何cmあるの?」
聡「166しかないので……」
健人「お前の身長が166cmでも……心は180cmだから
松本「なにこれ!!?」

櫻井「では皆にも聞いてみようかな!内股気味の大野先生!」
内股で座ってる大野さんがスクリーンに抜かれる→オネエっぽい仕草
大野「こういう内股はぁ~女性っぽいかなってぇ」
櫻井「(オネエ)出ちゃったのね?」
大野「出ちゃったから言っちゃうけどぉ」

・次は聡くんに聞いてみる櫻井先生
聡「男は力強い、女はか弱い」
櫻井「それでいいんだな!!もう引けませんよ!!」
聡「はっはい大丈夫です!!!!」

・ゲスト女子プロレスラーアジャコングさんと聡くんの相撲対決
二宮「聡は男だから力強いんだろ!お前の力強さを見せてやればいーんだよ!!」
一回目勢いよく突進しすぎて流れ的に完全アウトな聡くん判定勝ち→もっかいやろうもっかい!→聡くん軽く投げられて転がされる
聡「むりっす!!」

・免疫力の強い男性は魅力的
VTR 嵐の楽屋へ突撃する櫻井・佐藤コンビ
2人「血をいただきに来ました~」

相葉さん採血
櫻井「何かめっちゃ赤くない?」

松本さん採血
櫻井「……濃くない?
松本「濃くないよw」

二宮さん採血
櫻井「うれしい?
二宮「うれしい

大野さん採血
大野「いたぁーい!!」
松本「ふざけた?」
大野「はい」
ふざけたせいで採血上手くできず反対の腕に
松本「切ってみる?プシューって」
二宮「きたっ」
櫻井「良かった~人間だった~

櫻井さん採血
櫻井「見ない見てらんない」

・免疫力が高い(ほぼ満点)なのは二宮さんとのことでドヤ顔する二宮さんをはやし立てる翔さん。
櫻井「松本先生と二宮先生なんてですが、3つも同じ抗体を持ってます。これは確率的には0.01%ということで、双子よりも近い存在なんだそうです」
松本「カズやったな!
二宮「やったな潤!

櫻井「えーしかしこれが男女ですと本能的に自分と近しい人間には好感を持たないということが言われているので、もしかしたらお互いにくさ~いとかいや~って感じだったかもしれませんね」
松本「カズ!俺はそんなことないぞ!!
二宮「俺もだ潤!!

櫻井「一方相葉先生ですが、ほぼみんなと違うということで……浮いてますね!」
相葉「浮いてるの俺!?でもそれは女性だったら誰とでも付き合えるってことでしょ?」
櫻井「そうです。潜在的にみんなと仲良くできるってことですね」

・アジャさんに匂いで好みを選んでもらうコーナー
大野、松本、菊池の三人から顔の好みを選んでもらう→菊池
目隠しして匂いの好みを選んでもらう→菊池と好みも相性もぴったりな結果に。
櫻井「すごいね!!俺この授業手ごたえを感じているわ」
風磨「(アジャさんが)だんだん可愛く見えてきました」
櫻井「キュンキュンしちゃってんじゃないよお前は!!」

◆櫻井先生まとめ

「自分らしく生きて自分に合う人を見つけよう」
BGM:青空ペダル



◆相葉先生「誰でもスポーツが好きになる」

・VTRで世界のさまざまなスポーツを流している間にローラースケート履いて準備するあらセク。
爪先立ちして遊んでる風磨がバランス崩して転ぶ→勝利・健人が助け起こす→今度は健人がバランス崩して転ぶという二次災害がVTR中に勃発。

・VTR終わり
相葉「さて今日はなんの競技やる!?」
松本「せっかくローラー履いたし……すね蹴りでもやる?」(VTRの中にあった競技)
相葉「wwww痛いよそれは!!!」

・本日の競技はローラースケートリレー(日替わりっぽい)
櫻井「悪いけど…勝っちゃうよね」
二宮「これで大阪来てるからね」
櫻井「俺らのうち何人かはKis-My-Ft2だからね
風磨「俺らもキスマイずっと見てましたから!!」
二宮「見てただけでしょ?」
櫻井「俺ら元だもん」
カメラに抜かれてファイアビのヘドバンする翔さん

風磨「僕ら勝ったらなんかくださぁい!」
大野「ローラースケートあげるよぉ
風磨「ほんとですかぁ!がんばっちゃいます!!
大野さんのぽわぽわした受け答えとおふざけ口調の風磨さんがなんだか無性にツボったくだり。

・ローラーリレー

第一走者 大野、佐藤
二人とも順調な滑り出し「上手いね!」などの声がかけられて接戦ながら次の人へバトンタッチ。

第二走者 二宮、マリウス
マリちゃんの歩幅が大きいせいか二宮さんが大きく離されながらも二宮さんが追っていく。ここも二人とも普通に滑れてていい感じかと思いきや……

第三走者 松本、中島
健人さんが先に滑り出したものの、ひたすらぷるぷる震えながら小鹿のような歩き方で回りから「おじいちゃん!!」などと声がかかるレベルで進まない。そうしている間に後ろから潤くんになんなく抜かされる。

第四走者 櫻井、松島
健人さんが抜かされたから翔さんへのパスが早く、あと翔さん自身も速いから余計に差がついていき最終走者へ。翔さんが走ってる間嵐さんたちが「よーうっこそーここーへー」って歌ってました。

最終走者 相葉、菊池
差をつけて相葉さんが白衣の裾を翻して滑っていく中(イケメン)、聡くんが転びながらもギリギリ風磨さんにバトンパス
ただし大差で嵐チームがゴールしていたので一人残され滑る風磨
風磨「みんなどんな気持ちで俺が滑るの見てた!?」

◆相葉先生まとめ

「スポーツを楽しむことは人間の本能 」
BGM:マイガール



◆松本先生「緊張に負けない方法」

・松本松島の松松コンビ(かわいい)

・一人選んでリコーダー吹いてもらう
松本「じゃあ……相葉くん!」

大きいリフターみたいなところに上がらされてその上で吹く(失敗したら床が割れてスポンジの中に落ちる仕様)。
相葉さんは腕に心拍計つけられてモニターに心拍数が映る。
松本「相葉くん普段から高めだよね」

相葉「でも俺これ得意かも」(リコーダーの話)
松本「相葉くん比較的高いの大丈夫だもんね」(ここ噛み合ってないのがかわいい)
相葉「リコーダー得意なんです!何の曲ですか?」
松本「曲じゃないです!何だったらいけるんですか?w」
相葉「いやできないです調子乗りました」

松本「でもあんま心拍数上がってないね」
相葉「高いのは俺そんな怖くないんだ」
松本「もうちょっと上げようか
相葉「なんで!?上げなくていいよ!!!

ぐんぐん上昇していくステージ
マリ「たのしいね~
相葉「誰だ今楽しいって言ったやつ~~マリウス~~」

見事に即失敗して落下する相葉さん(落ちるまでにタメがあって怖そうだった)。
スポンジに埋まる相葉さんを引っ張り上げようと手を伸ばす聡くん→引き上げられずに聡くんもスポンジの中に落下する。ここ相葉さんと聡くんめっちゃ平和な世界だった……

・生徒も緊張体験
会場からひとりくじ引きで選んで、自担に思いを伝えられるとかいう恐ろしいコーナー。
風磨担の女の子が当たって超緊張しながら風磨さんに「大好きです!」
風磨「なんか今日俺モテますね!」

風磨さん相手だと全然喋れなくなっちゃうのに潤くんとは普通に受け答えしてくれるのが寂しい松本先生。
松本「俺だと普通に喋るんだね」
二宮「風磨が好きなんだから!そりゃそうだよね!」

◆松本先生まとめ

「緊張を味方につければきっとうまくいく 」
BGM:One Love



◆大野先生「人はなぜ泣くの?」

助手紹介でマリちゃんが大野さんの後ろから抱きつく→大野さんがゆっくり後ろを向いて「いただきマーリウス~」って言いながらちゅーしようする→笑いながら逃げるマリちゃん。かわいい。
大野さんちょっと茶髪でめっちゃ可愛かったのと、マリウスと大野さんが並ぶと頭一つ分くらい身長差があってなんか、こう、ぐっときました……身長差がすごい。小瀧くんもそうだったけど大きい子と並んだときの大野さんめっちゃかわいい。

・みんなの泣いたエピソード聞く
大野「健人はなんかある?」
健人「最近映画で泣きましたね。結ばれない恋の話で」
大野「泣いたの?」
健人「泣きましたねぇ」

・大野先生の忘れられない泣いたエピソード
大野「あれは忘れられない小学4年生の時……僕足し算掛け算はできたんだけど引き算割り算がだめで」
マリ「できなさそうですね
ざわつく嵐セクゾメン
櫻井「素直だよ!!」
二宮「泣くな!がんばれ!」
松本「泣くな!」

・泣いてる時の脳の動きVTR
脳波測定器を付けて大野さん登場
大野「俺これ二回目なんだよ!マリウス~!」
マリ「そうなんですか」冷めウス

まずは大野さんが泣いてみる
大野「俺これしか泣けないんだよ、半沢直樹の最終回

チャレンジするも泣けずに失敗
大野「……泣けないわ!!スレたな俺ぇ」

・マリちゃんが挑戦してみることに
マリ「僕はタイタニックとか……結構泣けますね」
大野「よしそれでいこう!マリウス!」

タイタニックのクライマックスでじわじわ涙があふれてくるマリちゃん
大野「おっ!……泣いた!泣いたよ~~お疲れ~!!」(別室でモニタリングしながら

・泣けなかった大野さんについて
マリ「どうですか、同じメンバーとして
ざわつくあらセク
櫻井「あのーみなさんもう気付いてると思うんだけど、まず最初から泣けるのが半沢直樹の最終回ってところが……泣くシーンあったっけ?」
大野「号泣したよ?」

・ファンが選ぶ泣ける嵐のコンサート映像
本日の映像はジャポアリから「ただいま」
ドームのスクリーンと音響で本人と円盤の鑑賞会するの意味わかんなくて最高でした。鑑賞会としてのレベルが贅沢過ぎる。

大野「どうですかってのも変だけど……どうですか今の映像見て?」
風磨「俺このコンサート入らせてもらってたんですけど、実際見てオープニングから鳥肌立ったっていうか……ファン目線で見させて頂いてるところもあるんですけど泣きそうになりましたね」

櫻井「感動した?」
菊池「感動しました!」
櫻井「感動したって~~」(ふふんってなりながら会場にドヤ顔する翔さん)

・マリウスは泣くことある?
マリ「テストでいい点数とれなくて悔しかった時とか……お風呂に入るとき悲しい曲流してこう、すーって」
大野「あえてそうしてんだ」
マリ「あえて、そう、なんか泣きたいなって思った時に……気持ちがダウンしてる時とか、一回泣くとまたアップするので」

◆大野先生まとめ

「涙の嵐でリセットしよう 」
BGM:Monster



◆退場時

・全部終わってハケてく時に翔さんがディスコスターバイバイ→相葉さんも一緒にディスコスターバイバイ
翔さんこのネタ好きすぎると思うんですけど何年引きずってるんだ?ありがとうございます。*1
その後もみんなが帰って行く時翔さんが相葉さん入る前に扉締めて相葉さんがああっ!て取り残されてたのが可愛かった。さくらば~

 

 

アユハピご用意されなかったのでジャポアリぶりの嵐さん現場でした~!

あらセクって聞いた時から可愛い予感しかしてなかったんですけど思った以上に和やかでかわいらしくて、時折ケンティーからぶっこまれるセクシー語録に嵐さんたちが戸惑ってるのとか、マリちゃんからぶっこまれる無意識な強めの発言にみんながざわついてるのとか最高に良かったです……化学反応起きてた。

あとしやがれの時から思ってたけどにのみやくんがケンティーのことすごく気に入ってるのが可愛いです。面白いんだろうなあ。

 

*1:ディスコスターバイバイ始めるのは絶対に翔ちゃんが最初で絶対に相葉ちゃんもそれに付き合ってあげるのが好きすぎる

アーユーハッピーしてる?

 

みんな~!!嵐の新しい円盤が出たよ~!!!アーユーハッピーしてる~~!!!?

してるしてる。

 

どどん
f:id:dm_you:20170603031740j:plain

初回は中のパケも可愛い
f:id:dm_you:20170603031744j:plain

 

残念ながら私は去年のアユハピツアーのチケットがご用意されなかったタイプの人間なのでこの円盤を今か今かと心待ちにしていたんですが、もうね、発売されて本編を見てそのままの勢いで友人用に買い足して送り付けたくらいには最高の円盤でした。

 

また内容については改めて記事にまとめられたらなと思っているんですけど(アンコールのジャケットの文字とかも書き出したい)、みんなちょっとあの、演出とか構成とかコンサート作りの裏側が好きなオタクは通常版を見てほしい。損はさせないから。

何を隠そう通常版の特典には今回のコンサート作りに密着したドキュメンタリーが付いてきます。事あるごとにわちゃわちゃしてるあらしさんがかわいいし、天才演出家松本潤がめちゃくちゃハードな働き方してるってのがよくわかった。

 

そしてなんとなんと、店頭にまだあるかはわかりませんが初回限定版にはアユハピ本編映像に加えもう一本ジャポニズムinアリーナの本編映像が付いてくるんですよ~!!!コンサート円盤1本分のお値段で2本分の内容!!!嘘だろ。

というか嵐さんの価格設定安すぎない?ブルレとDVDも同じ値段だし薄利多売にも程があるよ……

 

あ、でもこれだけはジェイストームにお願いなんだけどジャポアリの映像もBlu-rayで出してください。

ほんっ……ほんっと……アユハピ見るじゃないですか……その後にジャポアリ入れるじゃないですか……画質が……

ブルレってほんと凄いんだなって思い知らされましたけどそういう再発見をしたかったわけじゃないので価格上がってもBlu-rayで欲しかったなって、こう……いやお値段据え置きなのほんとありがたいんですけど!画質のためならお金は出すから……

あっでもドキュメンタリーはみんなすっぴんだったりお髭生えてたりが多いからDVD画質でよかったと思うよ!

 

本編特に素晴らしいのがSunshineからTo my homies、そしてDRIVE、Step and Goへの一連の流れの作り込まれ方で、これはほんと演出の力が最大限に発揮されていてゾクゾクしました。

Sunshineで出てきた翔ちゃんハウスにhomiesでみんなが集まって人生ゲームして、車型のフロート(すごい)に乗ってドライブに出発するんですが、客席のペンライトが夜のビル街だったり夜空だったり背景として点灯してるんですよね~!年々ペンライト芸が進化してて圧巻です。すてごーについては始まり方がエモすぎるからとにかく見てくれ。

 

もう挙げたらきりがないんですけどMiles awayは映像を見て大好きになったことだけ言わせてください。あれが神格化ってことなんだな……

 

 

あとにのあいと翔潤と末ズのオタクは確実に死ぬ。

 

 

NEVERLAND 5/13 名古屋レポ

 

この記事にはネタバレが含まれます。

NEWSにはネタバレ禁止文化があるようなので*1Twitterレポは控えてこちらで書くことにしました。ここでワンクッション置いているので見たくない方はそっと記事を閉じて頂ければと思います。

 


さて今回は初NEWSということでNEVERLANDへ参戦してきました!
セクゾから引き続き会場はアリーナクラスですね。

NEWSにしては珍しくグッズのイメージとアルバムイメージがちぐはぐな印象だったので、ステージコンセプトはどうなってるんだろうと思い入場したのですが、ステージ構成はしっかりとスチームパンク&ファンタジーな雰囲気。

直線で作られた花道の中央には高々とした台座が置かれ、その上に礼の鍵が鎮座しゆったり回転しながら私達を出迎えてくれました。空中を漂うのは透明なバルーンの中に一字ずつ収められたNEVERLANDのロゴたち、メインステージには怪しげでアンティークな装飾などなど、どうしてグッズにもこの世界観を持ち込んでくれなかったのかと思ったんだけどまさしく現実と剥離した世界が会場内に広がっていたのがとても素敵。


レポするか迷っていたら日にちが結構経ってしまったので、以下ざっくりとした所感です。

 

全体的にネバーランドの構成としては4つのエリアに分けられていて、光(加藤)・水(小山)・音(増田)・炎(手越)でそれぞれソロパート披露からの流れをメンバーが引き継いでいく感じ。
その設定がガッツリ生かされてたのは一曲目の「NEVERLAND」かな?この曲最初からクライマックスにな上に今回の一番の見せ場なのでは???レベルに特効使いが巧み。それぞれ与えられた役目としての光・水・音・炎に合わせて照明レーザー炎水が交わりこれでもかと4人の周囲を取り囲むのでもうこの演出だけでも先に映像化してください。

それに加え各々の手にする小道具もいい。武器を持ってるアイドルが嫌いなオタクはいないんだよな~~!!
増田さんの日本刀は世界観的にん?と思ったけど似合いすぎてたので何も問題ないです。テゴのマスケット銃みたいな武器もだいぶ興奮したよ。でも何と戦ってたんだろう。

 

話が前後するけど、OPでは例の鍵をネバーランドで作る鍵職人NEWSの映像からスタート。出ファンタジー。出っつうかずっとファンタジーなんだけど。
映像のビジュアルみんな盛れててかなり良かったです。衣装がいいよね。スチームパンクが似合うアイドルはいいぞ。

映像明けでステージ中央からSLがこちらへ向かってきた時はゾクゾクしました。帰ってく時もこれに乗ってたからネバーランドでの移動手段なのかもしれない。意外とレトロ。
このSL、パーツそれぞれをジュニアが持って組み合わせて汽車の形を作っているんですが、その人力ゆえの動きがどこか機械的過ぎない世界観に馴染んでいたように思います。パフォーマンスとして普通にかわいい。

 

  • ステージ構成

今回花道が直線しかなかった+バクステもなかったのでどうするのかと思ってたんですが思いの外効果的なリフターの使い方をしてて、リフターに乗ったまま客席の上を優雅に移動していく彼らを見上げる形が多かったです。

シゲソロでのリフターの使い方も驚かされたしあまりリフター押し出した演出って今まで見た事がなかったので新鮮でした。そして思いの外近くまで来るのがびっくりする。

 

  • 手越ソロのデジャヴ

これ別に似てるからどうのとか言いたいわけじゃないのは先に言っておくんですが、手越ソロのまあ歌詞が今回結構振り切った感じのエロだったのでパフォーマンスもおのずとそうなりますよねって感じで、もう登場からセンステに置かれたベッドに横たわる手越。
気だるげな仕草で誘うように腰を振りベッドで熱のこもった歌を溢れさせていく、んですけどこれ私この前セクゾの自担でも見たな!??*2

ベッド使った色っぽいソロをこんな短期間で2パターンも見るとは思ってなくて変な気分になってしまったけど許されたい。こういうソロの選定から振りつけしてる様子等々の演出の裏側が非常に気になるのでメイキングください。

 

テゴソロ終わりからそのまま続くBLACK FIREはジャニーズに珍しい激しめロックサウンド。この流れが一番炎の世界としての感覚がわかりやすかったかな。
それぞれ確立された世界があるにはあるものの、ハッキリとした演出の差はあまり感じなかったのでこれくらいわかりやすく見せてくれる方が好みです。水の世界ではやっぱ水特効また使ってほしかったし……!(予算の関係もあるだろうけど……)

この曲もう随分後半だからかシゲ先生の喉がもう鳴ってなくてあ~~って思ったけどテゴマスのフォローが熱かったです。後半にこの曲はコヤシゲちょっときつそう。あとMC明け後半戦くらいから慶ちゃんのソロパートの音程が合ってなかったんだけど調子悪かったんだろうか?

音程といえば今回初めて増田さんの生歌を聴いたんですけど、前々から上手いのは存じてたんですけど、生で聴いたときのブレが全然なくてめちゃくちゃに上手いし力強いしで……あーもうほんとにこれを知らなかったことが勿体無いと思わされる程にゾクゾクしたので今回入らせてもらって本当に良かった。超かっこよかったです。

 

  • じわじわくる茶番

ポンポンペコーリャめっっちゃかわいいね。あと途中でメンバーが謎の睡眠タイムに入るのはさすがに急展開すぎて呆気に取られてしまった(開演前に覚える用の映像があったダンスはここでやらされる)。
寝てるって設定なのに思いっきり薄目開けてたりこそこそ動いてたりするメンバーに沸きつつちょっと子供向けっぽい展開の割りにダンスの難易度が意外と高めなのにも笑いつつでした。あとこの下りの最後ににゅすくん達が我々のペンライトに魔法をかけてくれるんですが……し、知ってたー!!その魔法でペンライト点灯するのはさすがに知ってたー!!!って笑っちゃったよ。茶番かわいい。


それから去年のアルバム聴いてた中で一番生で聴いてみたかったシリウスが聴けたので万感の思いでしたよ~

あとMCでKAT-TUNの曲歌いたがってたテゴと慶ちゃんの流れで2004のサマリーの話まで掘り下げられたのはありがたみが強かったので、個人的にMCの熱量が結構高かった。

来年は15周年(もうそんなに?)って話もあったし今後の活動も楽しみですね!!

 

 f:id:dm_you:20170603030237j:plain

 

*1:コンサートやってることすら耳に入って来ないことも多かったので、個人的には勿体無いような気がします

*2:菊池風磨