and you!

アイドルという生き方を選んでくれてありがとう

ワクワク学校 6/18昼 大阪レポ

 

一昨年ぶりのワクワクに行ってきました!以下いつものレポです。

ニュアンスでのトーク中心なので授業内容全部書いてるわけではないです。

 

 

◆OP映像

例年通り先生の登場映像からスタート。

VS終わりでタクシーに乗り込もうとする二宮さん。
乗ってもドアが閉まらず、不思議そうな顔をして車外に出てみるとタクシーランプ(黄)に嵐學のマーク。ニヤリ顔していつものくるくるお着替え→腕組み決めポーズ。

貴族探偵の撮影中、椅子に腰掛け紅茶を堪能する相葉御前様。
「いい香りだなぁ田中」と傍らにある緑のマカロンをつまみ上げるとそこに嵐學マークを発見。「これは雑事ではないな……?」と御前様でキメ。変身して「いえええい!」両手わきわきしながらにこにこ後の「失礼」のギャップかわいすぎて会場沸き立ってました。

しやがれのスタジオで台本を確認する翔さん。
台本に書き込みをしようと鉛筆を持つとなんと鉛筆の先が嵐學マークに。びっくりして目も口も真ん丸な翔さん→からのニコリ顔。変身してよくやる決めポーズ(指をL字にして顎に当てるやつ)。

忍びの国の舞台挨拶してる大野さん。
「忍びの国よろしくお願いします」の後、客席でだらんと社長座り。にやにやしながらスクリーンを眺めていると東宝のマークが嵐學に。えっ?な顔して変身→忍びポーズ。

ジムでトレーニング中の潤くん(オルバ)。
サンドバッグを打っていると穴が空いて中から砂がこぼれてくる→嵐學マークに。「へぇ!」と驚き顔して変身しボクシングポーズでキメ。



◆登場トーク

大野「とびばこ、とびばこある!」
二宮「ハードルもあるよ!」

・ステージ周りに障害物競走の設備があることに一通り触れてからSexy Zone登場、体力テストと称した障害物競走。
一人ひとり紹介されて聡くん以外は目の横ピースでぶりっこキラキラアイドル。聡くんはファイティングポーズみたいなのやってました。



◆障害物競走

・トップ独走は風磨さん(髪の毛がベビーピンクでめちゃくちゃかわいい)。

・ハードルをひたすら破壊しながら走っていく聡くん。パン食い競走(ドーナツ)が全然うまく食べられない健人さん。

・着順は1風磨、2.3聡マリ一緒にゴール、4勝利、5で遅れて健人。

ひとり大幅に遅れてきた健人に
櫻井「どうした健人!!」
松本「どうした!」
健人「セクシーソーリー(流暢)」
相葉「セクシーソーリーもらったからいいか!!

二宮「保健体育といえば?セクシーゾーン!保健体育といえば?」
(走った後の息がぜえぜえしてるのがマイクに思いっきり入る)
櫻井「誰もごもごしてるのは!!」
マリ「ぼくです!」
櫻井「マリウス〜こまりうすだぞ!」

○○リウスいじりがちょこちょこあって気に入ってるんだな~って微笑ましかったです。



◆二宮先生「うんこの授業」

・助手紹介
せーので二人で手でハート作ろうとするも健人さんがターンでスルー→投げキッス→二宮さんそれみて両手でワオ!みたいなリアクション(これがワンパッケージらしい)。二宮さん絶対ケンティーのこと好きでしょ。

二宮「言ってやって!」
健人「大阪の皆さん、耳をすませて聞いてください。今回のテーマは……うんこ(キメ顔)」
その後ろから背後霊のように二宮さんもキメ顔

二宮「誰がなんと言おうとうんこ。みんなうんこしてきたかな?生徒の皆さんうんこしてきた?」
答え辛いにもほどがある質問を平然と客席に投げかけてくるアイドル。

二宮「みなさんはアイドルでございます。アイドルはうんこしないなんて言いますけども、そんなのもうルイフー(古い)です。うんこのうんちく、語っちゃおうかな
健人「ドヤ顔じゃないですか」

二宮「じゃー勝利くん!昨日の夜は誰とご飯食べましたか」
勝利「昨日はラジオが遅くにありまして、1人で」
二宮「ラジオも1人?」
勝利「いえラジオは聡くんとやってたんですけど」
二宮「ご飯はひとりで食べたと!
勝利「時間が時間だったので」
相葉「やめてやれよそういうの!やめてやれよ!」


・~勝利のうんこができるまで~
部屋のセットで夕食を食べるシミュレーションする勝利さん→肉を食べると全身肉の着ぐるみを着た健人さんが出てくる(顔だけ見えてる)。
すっぽり被り物してるのに顔だけはずっとキメてる健人さん。アリーナの人体図で食べ物の流れを健人が動いていく。

少しずつ着ぐるみを脱いでいくうんこ役の健人→胃の中で煙を浴びながらひたすらカメラにキメ顔してて全然下に行かないから二宮さんが「胃液に抗うな!!ドロドロになれよはやく!」ってヤジ飛ばしてたの最高に意味わかんなかった……
櫻井「なんか芸術的なんだよな」

二宮「小腸での消化時間はなんと4、5時間!」
マリ「テニスの試合が2回くらいできますね!」
櫻井「マリウス!マリウス……3回できるよっ!」

二宮「あっそろそろ勝利のお腹が痛くなってきたんじゃないか?」
勝利「あっなんだかお腹が痛い!(棒)」
二宮「みんな!勝利のうんこが出るようにみんな応援しよう!勝利うんこ出して!頑張るんだ!自分を信じて!!」
会場全体で勝利のうんこを応援する空間絶対におかしい。

健人「うんこはすることが恥ずかしいんじゃない。しないことが……恥ずかしいんだ」
松本「彼はいつもこういうキャラクターかい?」
勝利「比較的いつもそうです」

◆二宮先生まとめ

「うんこは大きな便り、いいうんこしようぜ!」
BGM:Beautiful days



◆櫻井先生「男らしさ、女らしさ」

櫻井「櫻井翔佐藤勝利のダブルショウコンビでお送りする、魅惑の……ショータイム!(両手でS作って2人で決めポーズ)」
これ打ち合せしてる時の図がめちゃくちゃ見たい。こういうのやろっかって持ち掛けたんだろうな~かわいい。

・男らしさの条件について考えよう
櫻井「車のバックが上手くできる人っていうのも多数きてますね」
菊池「それが本当にモテるんだったら俺普通の道もバックで行きますよ!!!!」
櫻井「馬鹿じゃないの!!?w」

・背が高い男性がモテるという話
聡「ぼく駄目ですね」
櫻井「身長何cmあるの?」
聡「166しかないので……」
健人「お前の身長が166cmでも……心は180cmだから
松本「なにこれ!!?」

櫻井「では皆にも聞いてみようかな!内股気味の大野先生!」
内股で座ってる大野さんがスクリーンに抜かれる→オネエっぽい仕草
大野「こういう内股はぁ~女性っぽいかなってぇ」
櫻井「(オネエ)出ちゃったのね?」
大野「出ちゃったから言っちゃうけどぉ」

・次は聡くんに聞いてみる櫻井先生
聡「男は力強い、女はか弱い」
櫻井「それでいいんだな!!もう引けませんよ!!」
聡「はっはい大丈夫です!!!!」

・ゲスト女子プロレスラーアジャコングさんと聡くんの相撲対決
二宮「聡は男だから力強いんだろ!お前の力強さを見せてやればいーんだよ!!」
一回目勢いよく突進しすぎて流れ的に完全アウトな聡くん判定勝ち→もっかいやろうもっかい!→聡くん軽く投げられて転がされる
聡「むりっす!!」

・免疫力の強い男性は魅力的
VTR 嵐の楽屋へ突撃する櫻井・佐藤コンビ
2人「血をいただきに来ました~」

相葉さん採血
櫻井「何かめっちゃ赤くない?」

松本さん採血
櫻井「……濃くない?
松本「濃くないよw」

二宮さん採血
櫻井「うれしい?
二宮「うれしい

大野さん採血
大野「いたぁーい!!」
松本「ふざけた?」
大野「はい」
ふざけたせいで採血上手くできず反対の腕に
松本「切ってみる?プシューって」
二宮「きたっ」
櫻井「良かった~人間だった~

櫻井さん採血
櫻井「見ない見てらんない」

・免疫力が高い(ほぼ満点)なのは二宮さんとのことでドヤ顔する二宮さんをはやし立てる翔さん。
櫻井「松本先生と二宮先生なんてですが、3つも同じ抗体を持ってます。これは確率的には0.01%ということで、双子よりも近い存在なんだそうです」
松本「カズやったな!
二宮「やったな潤!

櫻井「えーしかしこれが男女ですと本能的に自分と近しい人間には好感を持たないということが言われているので、もしかしたらお互いにくさ~いとかいや~って感じだったかもしれませんね」
松本「カズ!俺はそんなことないぞ!!
二宮「俺もだ潤!!

櫻井「一方相葉先生ですが、ほぼみんなと違うということで……浮いてますね!」
相葉「浮いてるの俺!?でもそれは女性だったら誰とでも付き合えるってことでしょ?」
櫻井「そうです。潜在的にみんなと仲良くできるってことですね」

・アジャさんに匂いで好みを選んでもらうコーナー
大野、松本、菊池の三人から顔の好みを選んでもらう→菊池
目隠しして匂いの好みを選んでもらう→菊池と好みも相性もぴったりな結果に。
櫻井「すごいね!!俺この授業手ごたえを感じているわ」
風磨「(アジャさんが)だんだん可愛く見えてきました」
櫻井「キュンキュンしちゃってんじゃないよお前は!!」

◆櫻井先生まとめ

「自分らしく生きて自分に合う人を見つけよう」
BGM:青空ペダル



◆相葉先生「誰でもスポーツが好きになる」

・VTRで世界のさまざまなスポーツを流している間にローラースケート履いて準備するあらセク。
爪先立ちして遊んでる風磨がバランス崩して転ぶ→勝利・健人が助け起こす→今度は健人がバランス崩して転ぶという二次災害がVTR中に勃発。

・VTR終わり
相葉「さて今日はなんの競技やる!?」
松本「せっかくローラー履いたし……すね蹴りでもやる?」(VTRの中にあった競技)
相葉「wwww痛いよそれは!!!」

・本日の競技はローラースケートリレー(日替わりっぽい)
櫻井「悪いけど…勝っちゃうよね」
二宮「これで大阪来てるからね」
櫻井「俺らのうち何人かはKis-My-Ft2だからね
風磨「俺らもキスマイずっと見てましたから!!」
二宮「見てただけでしょ?」
櫻井「俺ら元だもん」
カメラに抜かれてファイアビのヘドバンする翔さん

風磨「僕ら勝ったらなんかくださぁい!」
大野「ローラースケートあげるよぉ
風磨「ほんとですかぁ!がんばっちゃいます!!
大野さんのぽわぽわした受け答えとおふざけ口調の風磨さんがなんだか無性にツボったくだり。

・ローラーリレー

第一走者 大野、佐藤
二人とも順調な滑り出し「上手いね!」などの声がかけられて接戦ながら次の人へバトンタッチ。

第二走者 二宮、マリウス
マリちゃんの歩幅が大きいせいか二宮さんが大きく離されながらも二宮さんが追っていく。ここも二人とも普通に滑れてていい感じかと思いきや……

第三走者 松本、中島
健人さんが先に滑り出したものの、ひたすらぷるぷる震えながら小鹿のような歩き方で回りから「おじいちゃん!!」などと声がかかるレベルで進まない。そうしている間に後ろから潤くんになんなく抜かされる。

第四走者 櫻井、松島
健人さんが抜かされたから翔さんへのパスが早く、あと翔さん自身も速いから余計に差がついていき最終走者へ。翔さんが走ってる間嵐さんたちが「よーうっこそーここーへー」って歌ってました。

最終走者 相葉、菊池
差をつけて相葉さんが白衣の裾を翻して滑っていく中(イケメン)、聡くんが転びながらもギリギリ風磨さんにバトンパス
ただし大差で嵐チームがゴールしていたので一人残され滑る風磨
風磨「みんなどんな気持ちで俺が滑るの見てた!?」

◆相葉先生まとめ

「スポーツを楽しむことは人間の本能 」
BGM:マイガール



◆松本先生「緊張に負けない方法」

・松本松島の松松コンビ(かわいい)

・一人選んでリコーダー吹いてもらう
松本「じゃあ……相葉くん!」

大きいリフターみたいなところに上がらされてその上で吹く(失敗したら床が割れてスポンジの中に落ちる仕様)。
相葉さんは腕に心拍計つけられてモニターに心拍数が映る。
松本「相葉くん普段から高めだよね」

相葉「でも俺これ得意かも」(リコーダーの話)
松本「相葉くん比較的高いの大丈夫だもんね」(ここ噛み合ってないのがかわいい)
相葉「リコーダー得意なんです!何の曲ですか?」
松本「曲じゃないです!何だったらいけるんですか?w」
相葉「いやできないです調子乗りました」

松本「でもあんま心拍数上がってないね」
相葉「高いのは俺そんな怖くないんだ」
松本「もうちょっと上げようか
相葉「なんで!?上げなくていいよ!!!

ぐんぐん上昇していくステージ
マリ「たのしいね~
相葉「誰だ今楽しいって言ったやつ~~マリウス~~」

見事に即失敗して落下する相葉さん(落ちるまでにタメがあって怖そうだった)。
スポンジに埋まる相葉さんを引っ張り上げようと手を伸ばす聡くん→引き上げられずに聡くんもスポンジの中に落下する。ここ相葉さんと聡くんめっちゃ平和な世界だった……

・生徒も緊張体験
会場からひとりくじ引きで選んで、自担に思いを伝えられるとかいう恐ろしいコーナー。
風磨担の女の子が当たって超緊張しながら風磨さんに「大好きです!」
風磨「なんか今日俺モテますね!」

風磨さん相手だと全然喋れなくなっちゃうのに潤くんとは普通に受け答えしてくれるのが寂しい松本先生。
松本「俺だと普通に喋るんだね」
二宮「風磨が好きなんだから!そりゃそうだよね!」

◆松本先生まとめ

「緊張を味方につければきっとうまくいく 」
BGM:One Love



◆大野先生「人はなぜ泣くの?」

助手紹介でマリちゃんが大野さんの後ろから抱きつく→大野さんがゆっくり後ろを向いて「いただきマーリウス~」って言いながらちゅーしようする→笑いながら逃げるマリちゃん。かわいい。
大野さんちょっと茶髪でめっちゃ可愛かったのと、マリウスと大野さんが並ぶと頭一つ分くらい身長差があってなんか、こう、ぐっときました……身長差がすごい。小瀧くんもそうだったけど大きい子と並んだときの大野さんめっちゃかわいい。

・みんなの泣いたエピソード聞く
大野「健人はなんかある?」
健人「最近映画で泣きましたね。結ばれない恋の話で」
大野「泣いたの?」
健人「泣きましたねぇ」

・大野先生の忘れられない泣いたエピソード
大野「あれは忘れられない小学4年生の時……僕足し算掛け算はできたんだけど引き算割り算がだめで」
マリ「できなさそうですね
ざわつく嵐セクゾメン
櫻井「素直だよ!!」
二宮「泣くな!がんばれ!」
松本「泣くな!」

・泣いてる時の脳の動きVTR
脳波測定器を付けて大野さん登場
大野「俺これ二回目なんだよ!マリウス~!」
マリ「そうなんですか」冷めウス

まずは大野さんが泣いてみる
大野「俺これしか泣けないんだよ、半沢直樹の最終回

チャレンジするも泣けずに失敗
大野「……泣けないわ!!スレたな俺ぇ」

・マリちゃんが挑戦してみることに
マリ「僕はタイタニックとか……結構泣けますね」
大野「よしそれでいこう!マリウス!」

タイタニックのクライマックスでじわじわ涙があふれてくるマリちゃん
大野「おっ!……泣いた!泣いたよ~~お疲れ~!!」(別室でモニタリングしながら

・泣けなかった大野さんについて
マリ「どうですか、同じメンバーとして
ざわつくあらセク
櫻井「あのーみなさんもう気付いてると思うんだけど、まず最初から泣けるのが半沢直樹の最終回ってところが……泣くシーンあったっけ?」
大野「号泣したよ?」

・ファンが選ぶ泣ける嵐のコンサート映像
本日の映像はジャポアリから「ただいま」
ドームのスクリーンと音響で本人と円盤の鑑賞会するの意味わかんなくて最高でした。鑑賞会としてのレベルが贅沢過ぎる。

大野「どうですかってのも変だけど……どうですか今の映像見て?」
風磨「俺このコンサート入らせてもらってたんですけど、実際見てオープニングから鳥肌立ったっていうか……ファン目線で見させて頂いてるところもあるんですけど泣きそうになりましたね」

櫻井「感動した?」
菊池「感動しました!」
櫻井「感動したって~~」(ふふんってなりながら会場にドヤ顔する翔さん)

・マリウスは泣くことある?
マリ「テストでいい点数とれなくて悔しかった時とか……お風呂に入るとき悲しい曲流してこう、すーって」
大野「あえてそうしてんだ」
マリ「あえて、そう、なんか泣きたいなって思った時に……気持ちがダウンしてる時とか、一回泣くとまたアップするので」

◆大野先生まとめ

「涙の嵐でリセットしよう 」
BGM:Monster



◆退場時

・全部終わってハケてく時に翔さんがディスコスターバイバイ→相葉さんも一緒にディスコスターバイバイ
翔さんこのネタ好きすぎると思うんですけど何年引きずってるんだ?ありがとうございます。*1
その後もみんなが帰って行く時翔さんが相葉さん入る前に扉締めて相葉さんがああっ!て取り残されてたのが可愛かった。さくらば~

 

 

アユハピご用意されなかったのでジャポアリぶりの嵐さん現場でした~!

あらセクって聞いた時から可愛い予感しかしてなかったんですけど思った以上に和やかでかわいらしくて、時折ケンティーからぶっこまれるセクシー語録に嵐さんたちが戸惑ってるのとか、マリちゃんからぶっこまれる無意識な強めの発言にみんながざわついてるのとか最高に良かったです……化学反応起きてた。

あとしやがれの時から思ってたけどにのみやくんがケンティーのことすごく気に入ってるのが可愛いです。面白いんだろうなあ。

 

*1:ディスコスターバイバイ始めるのは絶対に翔ちゃんが最初で絶対に相葉ちゃんもそれに付き合ってあげるのが好きすぎる