読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

and you!

アイドルという生き方を選んでくれてありがとう

サイボーグとニンジャとスナイパー

メッツ

嵐に武器を持たせてくれて!ありがとうございます!!

 

のメンバーが出演する「キリン メッツ」のCM「キリン メッツ 予告」編が、3月2日から全国オンエアされることが分かった。

真CMは荒涼とした「ニューメッツシティ」を舞台に、大野智がサイボーグ「BIG-NO(ビッグ・ノー)」、相葉雅紀がハイパーニンジャ「AYBER(アイバー)」、松本潤が命知らずのスナイパー「MJ-II(エムジェイ・ツー)」にそれぞれ扮し、アクションを繰り広げる。

 
と、いうことでメッツの新CMに潤くんが加わりました。複数メンバーでのCMの美味しさだけでもだいぶ騒げるのですが、それだけじゃなくKIRINさんは嵐に武器を持たせてくれているんですね……そういうの好きだって言ってる!!!
最近で言えばnon・noのトクサツノアラシだったり、以前の話をすればパズドラのクローンと戦うCMだったり、とにかく戦う嵐(+武器があるとなお良し)はアツいのです。
現状ほぼ設定が出ていない状態で好き勝手なこと言ってますが、よろしければオタクの妄想にお付き合いください。
 
 
まだ予告編のみなので詳しい設定はわからないのですが、現在出ている情報だと
 
非業のサイボーグBIG-NO
「一見物静かに見えるものの、敵に立ち向かうと右手に隠したロボットアームを起動させ、アームから繰り出す最強水弾ロケットパンチで砂漠化した街と人類を潤す非業のサイボーグ」
流浪のハイパーニンジャAYBER
「両手に持った水流ヌンチャクと素早いアクションで強炭酸スプラッシュをまき散らし、渇いた人類を生き返らせる流浪のハイパーニンジャ」
命知らずのスナイパーMJ-Ⅱ
「危機的な状況でもヘッドフォンで音楽を楽しみながらピストル型のウォーターガンを軽やかに操る命知らずのスナイパー」
 
といった感じだそうで……
控えめに言ってすごい。アツい。
 
 
まず大野さんのビジュアルに言及させてください。赤いマントというわかりやすいヒーローイメージがあって、その武器は自らの腕というおいしいポジション。しかも普段は物静かに見えるのに「奪われたものは全部取り戻す」のセリフを聞いていると、戦闘になると結構ムキになる熱いタイプなのでは?という印象。
非業のサイボーグという肩書きも気になるところです。絶対この人壮絶な過去を隠し持ってる。絶対過去にも何か奪われて取り戻せなかった記憶があるはずだからその辺り過去編でしっかり掘り起こしてもらいたい。サイボーグになった理由も知りたい。映画一本撮りませんか?なレベルで生い立ちが気になります。
 
BIG-NOはボス的な立ち位置でもあるけど、敵に突っ込んでいく時は自分が先陣を切っていくタイプだと思っていて、自分が傷つくことを恐れず敵の中へ突っ込んでいくBIG-NOと、それをサポートするように雑魚を一掃していくAYBER、そして少し離れた位置から二人を援護射撃するMJ-Ⅱという画が浮かぶのが素晴らしいですね。絶対この大野さん自分の怪我とか一切気にしないと思う。左腕が切られたらそっちも機械にすればいいと思ってる。傍で戦ってるAYBERは傷つくBIG-NOを見かねて「もっと自分の体も大切にして」と苦言を漏らしたりするのではないでしょうか。関係ないけどコードネーム呼びだと結構打ちづらい。
BIG-NOは傷を負っても顔に出ないからMJ-Ⅱは戦闘が終わって一息ついた後に彼の怪我に気付くんだろうな……でもこの潤くんは結構飄々としたキャラだと思うので、BIG-NOがそれでいいならそういう生き方もある、と考えてあえて口出しすることはなさそうです。ただし怪我の手当てはする。だって彼はMJだから。
 
あとAYBERなんですけど、相葉雅紀に派手なアクションをさせた人に足向けて寝られないくらいかっこいいですね!!ぐるぐる身体回してヌンチャクを振り回して回し蹴りを繰り出す姿は最高です。手足が長いんだからそういったアクションが似合わないはずがない。ところでハイパーニンジャって何者なんだろう。
高いところから街の様子を観察する様子からは、結構冷静なキャラクターなのかなという印象。流浪ですからね、彼も過去が気になる男で……一人で旅をしてきたと思うんですけど、どうやってこの二人と巡り合ったのかが気になります。意外とこの三人の中だと一番物事をしっかり考えていそうで良いですね~普段ならそのポジションはMJ-Ⅱなのですが、彼今回は結構単独行動が好きそうで戦闘好きな雰囲気ありますからね!まだ設定全然出てませんけどね!
 
そうなんですよ自担の話してもいいでしょうか。スナイパーですって。音楽を聴きながら戦うガンナーですって。危機的状況でもヘッドフォンで音楽を楽しむ命知らずですって。あーーなんか可愛い役どころもらったな!!という感想がまず出てきたのですが、BIG-NOとAYBERが近接なのに加えてMJ-Ⅱの中・遠距離武器が加わった所も非常にバランスがいいです。
他二人と比べるとキャラクターの雰囲気から若そうな感じがしますね。たぶん三人の中で一番最後に加わったのがMJ-Ⅱじゃないかと思うんですが、一番戦闘を楽しんでいるのが彼だとも思うんですね。「やっと俺の出番かよ」とか「面白くなりそうだぜ」とか、やーー可愛い!!早く戦いたそうにしてるMJ-Ⅱ可愛い!たまに先走って単独行動して窮地に陥った時にはBIG-NOとAYBERに助けられてほしい。実力も度胸も十分だけど時折一人でふらっと動いていってしまう気ままな狙撃手いいですね。
 
MJ-Ⅱに関しては音楽を聴きながら戦うスタイルについてはずっと貫いていそうな感じで、他二人とは違ってあまり暗い過去がなさそう。いや暗い過去があればあるほどオタクが楽しいかと言われたらそうなんですけど、そうじゃなくてもいいんですけど、特に色々な苦難を乗り越えてきていそうなBIG-NOとこの自由人っぽいMJ-Ⅱが行動を共にするところに萌えるんですね~何の気なしに言った一言がBIG-NOの過去に触れてしまってふっと会話が途切れるとか。それを知っていたAYBERには陰でMJ-Ⅱをフォローする役目を担ってほしい。この三人におけるAYBERの世話役ポジションが凄い2016。
 
 
まだ予告編の15秒しか流れてない状況で好き勝手言ってますが他ver.のCMが始まったらもっと好き勝手言うと思いますのでまた語らせてください。戦う嵐はいいぞ。