and you!

アイドルという生き方を選んでくれてありがとう

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

 

バトンの響きに懐かしさを感じたのでやるよ!

配布元はこちら。ありがとうございます。

okometokaraage.hatenablog.jp

 

 

じゃにーずおたく自己紹介ばとん


【名前】
きこ

 

【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】


名前:松本潤

好きなところ:この男は天使。そして気配りのできる男でもある。共演者などへの対人関係は勿論、彼の手がけたコンサート演出を観ると、細部にまでこだわり抜かれた構成にその凄さを実感させられる。また、見た目の印象に反して意外と天然だったり不器用だったりというギャップ。すごく可愛い人。*1

担当になったきっかけ:真剣に思い出そうとしたのだけれどもう覚えていなかったよ。気付いたらあなたのことが好きだったの!!

 

名前:横山裕

好きなところ:見た目の麗しさと中身の子供っぽさから生まれるギャップ。喋らなければひたすら美形。かと思えばwebでリア恋まっしぐらな文を打ってくる恐ろしい男。最近アイドルとしての意識が高まってきているからこの調子で頼んだよ。何してたって可愛いけどね。

担当になったきっかけ:ザ・クイズショウの本間(ひたすらにクールで冷徹な役柄)を見て彼が気になり47の円盤を見てみたらドラマとは真逆のワンダーボーイっぷりに頭がやられて見事にギャップ落ち。

 

名前:上田竜也

好きなところ:お顔の美しさと自己プロデュースの上手さが素晴らしい。なんにでもなれる人。しっかりとした意思と熱いハートを持つ男。不器用なところと信念の強さにキュン。見ているだけでゾクゾクする男です。

担当になったきっかけ:2010年に雑誌で顔を認識してからずっと見た目が好きでした。2015に友人からマーケティングを受け、マリー様とAOL様のギャップにドボン。今現在はあの容姿でありながら可愛らしい中身をしているところが愛おしく、またしてもギャップにまんまとやられた。

 

名前:二階堂高嗣
好きなところ:第一印象からは想像も付かない繊細さと計算高さ。その時々で自分をどう見せたいかがはっきりしている、アイドルとしての素質が非常に高い人。今後彼がどんなアイドルになるのか興味が尽きない。
担当になったきっかけ:

dm-you.hatenablog.jp

 

ギャップ大好き芸人やってます。

 


【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

あれは忘れもしない7年前。友人に嵐のDVDを見せられ大野智のソロパフォーマンス(Rain)に魅せられたのがきっかけでした。宿題くんでどっぷり。

 

 

【担当遍歴】

2009松本 + 2010横山 + 2015上田 + 2016二階堂
2010から2015までは歌い手を追っかけていたよ。

 

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

・泣き虫(嵐)


私が嵐に頭の先まで浸かるきっかけになったコンビ。ふたりが並んだ時の見た目の華やかさはもちろん、潤くんと一緒にいる時の相葉さんのお兄さん感がたまりません。(しかし世話を焼くのは松潤)

動物に好かれる/好かれないコンビであるところも可愛らしい。*2 近年では仲良し度が増していて、数年前は見られなかったスキンシップもちらほら見られるようになりました。似てるところがある二人だと思う。

 

コンビ厨は書き出すと止まらないのですがいついかなる時も推したいのはこちらのコンビ。

 

 

【1番心に残ってる現場】

KAT-TUN 10ks!東京オーラス


この空間は絶対に忘れられないな……と強く感じさせられた公演でした。赤いペンライトの海を出航する船のステージ、これで終わらせないという強い意思を持ったメンバーの言葉、絶対になくしたくない想いがひしひしと伝わる歓声が止むことなく呼びかけるそんな空間は、それまでのどのコンサートでも体験したことがないものでした。色々あったけどこれはまさしく10周年の名に相応しい公演だった。

 

 

【初めて行った現場】

・嵐 君と僕の見ている風景


嵐のファンクラブに入って初めて申し込んだ公演です。

この時のグッズデザインが好きでポスター買ったしまだ部屋に貼ってある。アルバムの楽曲もすごく良かったね。何もわからない初コンサートだったのもあり記憶も薄いのですが、トロッコでお潤が相当近くまで来てくれたことだけは鮮明に覚えています。生潤、めちゃくちゃ美しかったよ。

 

 

【最近行った現場】

・嵐 Japonism Show 静岡


ジャポのDVDが出てから思い返すと魅せ方の違いが感じ取れるのが素晴らしい。衣装が全部新調されてたのもよかったから早めに円盤出してね。

dm-you.hatenablog.jp

 

 

【次行く現場】

・JUMP DEAR. 名古屋

 

JUMP担の友人にお誘い頂いたので初JUMPコンに行ってきます。

厳密にはその前にエリザベートを挟むんですけどこれは目的がジャニーズじゃないもので割愛。*3 JUMPに関しては全くコンサートの雰囲気がわからないので、(客層が若いという印象はある)すごく楽しみです。最近は高木くんのビジュアルが安定しててとてもいいのでそのままコンサートまで保ってくれ。頼んだ。

 

 

【記憶に残ってるファンサ】

あまりファンサを狙いに行ったことがないのでパス。

 

 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

TOP3までしか選べないの!??とりあえず嵐に絞って挙げさせてくれ。

 

・COOL&SOUL→Re(mark)able

ほらすぐこういうことする。でもこれは2曲でワンセットみたいなところあるから許されたい。俺ルール。

普段あれだけ温厚な顔してる嵐が牙を剥く時のかっこよさったらないよ。アラフェスでの記者会見セットを再現したパフォーマンス、それからAAA国立で聖火台から現れその空間を完全に支配した存在感は圧倒的でした。常に上を見据えるアイドルは最高にかっこいいよ。

COOL~だとライブver.の「似せてみようと追いつかないかも」で他者を引き離していく宣言が好き。俺らはもう先に行ってんだから真似したって追いついてはこれないかもよ、なんて高らかに歌い上げるまだ売れる前の20代のあらしも、売れてトップに君臨した上でまた宣言するあらしも熱い。

それからRe~ではやはり嵐というグループのスタイルを言い表しながら、COOL~よりも落ち着いた姿勢で着実に世界に牙を立てるところが良い。ライブ映像で炎を背負いながら聖火台からゆっくり客席へ降りていき、「最高のステージここで始まる」をセンターステージで歌う演出も素晴らしいなと思っています。

 

「今居合わせる 君幸せ この歴史を後世に語れるだろう」「アマテラスの頃から 俺らは地上の遥か外側」「俺らがあくまでタイトなパイオニア

「突き抜けた未来に立っている」「未だけして何一つ変わらず ありのまま何一つ飾らず」「未開拓地をまたまた開拓」「貪欲にてまだまだ足りなく」「研いだ爪隠し牙をむく」

俺らは地上の遥か外側なんだぜ……?? アイドルとはこう尊くあるべきだというものを体現してくれている最高の姿勢にただただひれ伏すばかりです。それでいてありのまま何一つ飾らずいてくれる嵐さん、最高だな。

嵐のいいところって穏やかで内向的な草食系の空気が、ステージに立つと一変してスーパーアイドルになるところだと思っているのでそういう曲が本当に好きで好きで狂おしいです。

 

 

・Attack it!
カラオケで配信してほしいランキング堂々の一位を獲得した曲(自己判断)がこちら。

あらしすぐシークレットトラックにこういうの入れる~~こちらも攻めの姿勢が心地良いグループソング。はじけた気持ちいいテンポ感が癖になる、コンサートが盛り上がる一曲です。外野の言葉はシカトする!での翔さんの変顔はもちろん、その後に入る大野さんの笑い声がさいこーーーにかっちょいい。翔さんがグループに向けたラップ詞は最高です。

 

「5人でガッチリ組んで進んでいくんで」「あなたの心をガッツリ頂くように仕組んでる」「未だに勢力まだ拡大中 止まっているだけなどただ退屈 前進あるのみ」「向かうは頂上」

心を頂くように仕組まれてたら仕方ないな~!!こう、常に前へ前へ進んでいく精神を内包している底抜けに明るい曲なのが素晴らしく心地良いです。ノリやすいし何度でもコンサートで歌ってほしい。

 

 

・Hip Pop Boogie→Hip Pop Boogie Chapter2

これは一曲でカウントしていいよね?!

翔さんがグループに向けたラップ詞は最高です(二回目)。もうこの曲は最初から最後まで最高のリリックで完成されていたところにまさかのChapter2とかいう……櫻井翔の強さを見せつけるかのようなそんな……

彼のアイドルに対する、グループに対する信念の込められた大好きな曲です。こんなの歌われたらもう付いていくしかないって。

 

 「いままでこれからもこのメンツです」「歴史のページをいまめくれ 時代is mine 未来is mine」「ステージ上終身雇用」「こんなゆっくりでいいんだって こんな俺らだってでもいいんだって こんな景色まで見られるなんて こんな…こんなとこ来てたなんて」「人の上 下に人作らぬなら俺がその天の頂いただく」

この、ステージ上終身雇用が好きすぎて困る。アイドルとして生きることを心に決めている人間はかっこいいんだよ~~!!あと「こんな景色まで見られるなんて」を国立の真ん中で歌ってた姿は最高でした。

 

そして次に彼が書き換えたChapterⅡ。

「栄光へとまだマイペース」「あんなに夢描き 今 未来は瞳の中に」「この景色はみんなのおかげ ここまで連れてきてくれるなんて」「後追いども皆まず至らず」「何か夢があると思わないかい こんな大の大人が 大きな愛抱いたり 願いたい未来また描いたり」

最初の歌詞から7年が経って、こんなに優しさと自信に溢れた歌詞が加わって、もうこれはHip Pop Boogie一曲でひとつ記事を書くべき話になってくるのでとりあえず映像を見てください。

ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO、そしてARASHI BLAST in Miyagiに収録されていますとにかくカリスマに溢れた最高の帝王櫻井翔がそこにいる…ので……

 

あっあと100+さん作詞の嵐楽曲はどれも大好きです!いつもお世話になってます!

 


【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

 振り付けこそ選べないので保留させてください!これはほんとにグループでも個人でも選びたいものが多すぎる。

 


【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

その考えはなかった!ごめん常に客席で見たい!

 


【1番好きなペンライト】

・10ksの銃ライト。

あまりのかっこよさにカスタムしました。かっこいいよ~~

f:id:dm_you:20161002030622j:plain

基本おもしろペンライトが好きなのでエイトのタンバリンは爆笑しましたし、光り方のやかましさでさらに大好きになりました。 JUMPの仮面ライト持つのが楽しみ!

 


【1番好きな衣装】

今年のものからピックアップだと

・10ksオープニング海賊衣装
・I SCREAM PSYCHOあたりの黒衣装 (特に藤ヶ谷さん)
・ジャポアリ 心の空衣装 軍服+袴みたいなやつ

がすごく良かったです!PSYCHO衣装はMステでも着てくれたけど見れば見るほど視覚的な強さが素晴らしい。

 

 

【よく買う雑誌】

数年前は5誌全買いでしたが最近は中身を見て厳選する大人になりました。10月現在まるで厳選できていません。

WUのフェティシズムに溢れた写真がとても好き。

 

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

・嵐ブラストinハワイ
KAT-TUN 10ks!
・エイト 十祭

このあたりは生きる上で見て損はないからおすすめしますね。アニバーサリーものはいいぞ。
あとキスマイのI SCREAMは過去最高の円盤になるだろうから発売したら見てほしい。

 


【ジャニヲタになる前の趣味は?】

漫画、ゲーム、コスプレ。普通~~の二次オタでした。

今もしてるのはゲームくらいで、最近の流行りとか全然わからなくなってしまった……

 


【最近気になっている子】

手越祐也菊池風磨高木雄也!好きな要素を感じます。

 

 

【最後に一言!】

久しぶりのバトン楽しかったです。ありがとうございました!

 

 

*1:最近99.9でその可愛さが世間に少し気付かれてしまった

*2:志村どうぶつ園 松潤ゲストの回参照

*3:下書きで放置していたらエリザベート観劇を終えてしまった

10ksとシャララと楽曲大賞

 

ここ最近のあれこれざっくりまとめ。

 

 

10ks!

 


随分と発売してから日が経ってしまったけどKAT-TUNの10周年ライブが詰まったDVDが出たよー!!
集大成の名にふさわしいと言える最高の円盤になっていましたので、少しでも今までKAT-TUNに触れた事がある人は是非見てほしい。人数に変動があったとしてもまさしくこの3人がKAT-TUNなのだと見せ付けられたかのような衝撃でした。

 

オープニングのGOLDで一気に最高潮までボルテージを引き上げられる神セトリ、ドンエバのラップの空白を捩じ伏せる無音とアクセントダンス、客席に向けて撃ち放たれる三発の銃弾、水と光と炎で圧倒的なまでにステージを支配する演出、これから3人別れた道を進み再び巡り会うユメユメの構成、共に叫ぶ誓いの言葉、ドームを震わす客席の声。これほどまでに熱いコンサートなかなかない。単純に言ってしまえば、エモすぎる。


見て欲しいが故に友人用に一枚余分に購入し送りつけたくらいの熱量を受けた、10周年の言葉が似つかわしい素晴らしいコンサートでした。もうこれは見てくれ。それが全てだ。

 

 RAYのカメラワークはすごいぞ。


 


シャララの乱


皆さんはシャララ狩りをご存知だろうか。

他グループ担のTLにすらお邪魔したと聞いているがどうなんだろうか。


キスマイがリリースした最新シングルSha la la ☆Summer Timeが発売初日のオリコンでボイメンの全国デビューシングルに負け、1位の座を取れなかったことから始まったこの騒ぎ、結構のん気していたキス担もこれには焦り必死にウィークリー1位の座を獲得するため店舗のシャララを根こそぎ狩りに出向いたあの一週間のことである。
私も例に漏れず狩って無配していましたが、この新曲とてもいいのでむしろ回りに配るきっかけができて良かったよね。


キスマイサマーが終わってしまう、そんな寂しさを吹き飛ばすような爽やかな曲調と笑顔の溢れる素敵なMVもおすすめできる良曲です。

MVとスピンオフMVとはもう勿論ハッピーでコミカルで最高に見てて気分のいいものに仕上がっていたんですけどちょっと待って下さい。実はこのシングル、それだけじゃないんです。

まさかのユニット曲収録!!!エイベは神か。

 

初回Aには北山、横尾、宮田の「スナックSHOW和」
初回Bには二階堂、千賀の「70億分の2」
通常には藤ヶ谷、玉森の「Touch」
がそれぞれ収録されております。

 

まあそうだね、特筆すべきはやっぱりスナックSHOW和かな……端的に言ってドラマCD。ジャンルで言うと組曲(by北山氏)らしいんだけど組曲て!!
内容を簡単に説明すると、スナックSHOW和で働くママ(宮田)の元に訪れる常連のギャル男(北山)とサラリーマン(横尾)との会話とカラオケを盗み聞きしているという設定の上作られたらしいんですけど、よくそんな設定で曲作る発想に辿り着いたな!?ユニット曲なのに実質ソロ3曲みたいになってるのも面白い。

 

ニカ千ユニットはとうとう結婚か……グループ内2組目だな……みたいな気持ちになれる優しいバラード、玉ヶ谷は玉さん得意のEDMに藤ヶ谷さんの声が上手く融合したお洒落なダンスチューンになっていてそれぞれ全く違った魅力が楽しめるのでどれが一番とか決められる構成でもなく、かなりいいバランスだなと思っています。あっでも強いて言うなら玉ヶ谷の曲がすごく好き。


いやーこれ披露してくれる機会絶対必要だと思うんだけどどうなんですかね?来年のコンサートとかでどうです?全組み合わせのパフォーマンスが見たいしスナック組はMV撮ってくれ。

 

 


楽曲大賞

 

~キスマイ楽曲大賞が楽しかったログ~

 

私の投票履歴はこちら!見事なまでの新規っぷり。 

楽曲部門1位:「ジョッシー松村のSCREAM」

彼の作り出すエンターテイメントが、確実に彼の味方になった。二階堂高嗣の織りなす魅力的な世界を見れば、いつの間にか松村の魅力に取りつかれているはず。このMVは説明するより先に見てほしい。

楽曲部門2位:「BE LOVE」

二人だけの優しい世界がそこにある。結婚おめでとう!!ライブで初めて見た時に目を疑いました。宮玉にしかできないパフォーマンスだからこそ、この二人がやる意味があったと思います。

楽曲部門3位:「FIRE!!!」

世界よ、これが背中合わせシンメの真骨頂だ。二人の魅力が知りたいならこれを聴いて、観て、感じてほしい。ぞくりと肌が粟立つほどの空気と完成された世界感がそこにあります。

楽曲部門4位:「I Scream Night」

夏が終わるのは寂しいことじゃないよ。まだまだ終わらせたくない、そんな夏を惜しまない。ライブパフォーマンスを経て完成された2016夏の最高の一曲だと思います。水しぶきの中、笑顔で踊る彼らの姿が我々の夏のワンシーンになりました。

 楽曲部門5位:「Get Ready」

生まれ変わっても君がそこにいる、そんな双子シンメの最高峰。この夏完成されてしまった、もう音源だけでは物足りない一曲。ダンスも歌も大好きなのが伝わってくるソロにシンメの片割れが加わった時の魅力は、もう映像でないと伝えきれる気がしません。尊い。

 

どうしても今年のコンサートが素晴らしかったので最近の曲に偏ってますが、ジョッシーとFIRE!!!にコメントを採用して頂けたので熱量が高かっただけに嬉しかったよ~

巷でFIREのコメントは熱量がおかしいと囁かれているのもありがたかったです。藤北とかいう唯一無二の存在がそうさせるんで……なんかもうFIREは駄目です。あれは駄目。私が今までに目にしたことのない世界だった。

 

今回は選ばれるといいなーと意識してポエマーコメントをしていたので嬉しかった報告でした。おしまい。

 

 

近いうちにジャポとパワパラの感想も書きたい。

 

 

キスマイのファンクラブに入りたい 3

このシリーズはこれで終わり。つまり、担当が決まってキスマイのファンクラブに申し込む準備ができたということです。やったぜ。

 

前回のお話はこちら。

dm-you.hatenablog.jp

 

ここまで書いた上で言ってしまうと、実は、たぶん私はこの人を好きになるんじゃないかな、という人がひとり見つかった気がしています。

前回の記事で私はこう書いていて、そのまま彼に無事収まることになった。

 

私が好きになったのは二階堂高嗣くん。

キスマイの中で彼を一番にしたいと思いました。

 

  • きっかけはジョッシー松村

まあここに関しては賛同してくれる人も多いと思う。とにかく可愛いから。

f:id:dm_you:20160719010005p:plain

見てこの可愛い子。これを見るまでニカちゃんにこんな引き出しがあると思ったことがなかったから相当びっくりしたんだけど、普通に可愛すぎる。
仕草も女の子表情も女の子、しかも自分が可愛いことをわかった上でそれをアピールしてくるタイプの女の子。 完全に好きです。好きすぎて笑うしかない。


このPVが彼を気にする切っ掛けになったのは間違いないと思う。

ソロでPVを作る機会を与えられてこんな発想に行きつく人なんだということもそう。彼のソロは各所で話題になっていたし、キャラクターとしてのジョッシーとまっちゃんを完璧に自分の中で作り上げて演じている中で、彼が考えるエンターテイメントに興味を持つようになった。

 

  • 爪にぐっと心を掴まれる

何言ってんだって思った?正解。

共感を得られないかもしれないんだけど、彼の爪を見て私は心臓が止まるかと思ったし彼を好きだと観念するタイミングだったから正直に書いてみた。適当なことを言ってるわけじゃないんだよ。

f:id:dm_you:20160719012220p:plain

ご覧頂こう。ニカちゃんのぴかぴかな爪、今見てもまだドキドキする。

 

その日、何の気なしにRe:のメイキングを見ていた私は、二階堂高嗣の手がアップになった瞬間息を飲んだ。爪に光沢がある。最初はトップコートでも塗ってるんじゃないかと思ったくらいぴかぴかのそれを見つけた瞬間、心拍が一気に早くなったのを覚えている。

あの彼が爪のお手入れをしてる図なんて一度も想像したことがなかったわけだ。手が綺麗なのは知ってたけど、爪まで綺麗にしてるなんて、ええ……?二階堂高嗣が爪を気にしてお手入れをしてる事実だけで三ヶ月飢えずに過ごせるレベルですよ本当。

動揺したまま彼の爪についてググって、過去番組でみっくんが爪のお手入れキットをニカちゃんにプレゼントしていたのを知って、それをものすごく嬉しそうに受け取っていたニカちゃんを見て、ああこの人本当に爪のお手入れしてるんだ、と思って恋に落ちました。どんなだ。

兎にも角にも、ギャップ大好き芸人だからもう推すしかないなと思ったわけだ。ギャップがないと思ってた人の見せるそれは本当にやばくて、それは彼の演出によるものでも、ふとした時の表情でも色々なところに散りばめられていて、とにかく私は二階堂高嗣から目が離せなくなってしまった。

Re:メイキングの爪落ち二階堂担とかいう意味わかんないフレーズも嫌いじゃない。

 

 

彼の中にあるアイドルとしての理想を覗いてみたい、と思うほどに彼は完璧にアイドルであるように思う。自己プロデュースが上手く、とにかくその場に応じて自分の魅力をきっちり引き出せる彼は私にとって恐ろしく魅力的に見えています。

これは私が先日書いた内容なのだが、ニカちゃんは誰よりも『アイドルとしての二階堂高嗣』を大切にしているのかもしれない。私だけが感じていることだろうかと思って検索してみたら、この点について言及している人は少なくなかったため気のせいではないようだ。

彼のプロ意識の高さが好きだ。彼の作り出すもののクオリティが好きだ。いつでも元気で笑顔をくれる二階堂高嗣でいてくれるのだろうなと思えるところが好きだ。まだ上手くは言えないけど、私は彼に対してアイドル性の高さを感じている。

 

底抜けに明るくておバカで子供みたいな、それだけの人じゃないような気がした。印象にそぐわずファンとしっかり距離を取るところだったり、冷静な部分を持ち合わせていて、周りと擦り合わせて自分の進むべき方向に舵の取れるバランサーな彼の考えていることがもっと知りたいと思うようになった。(この辺りで二階堂担のブログを漁り始める)

 

まあ後はコンサート演出をやる人が好きなので今後も引き続きみっくんと共に演出に関わってほしいところだ。コンサートの演出は、その時々で自分たちをどう見せたいかであると思っているから。 

 

 

長々と書いてしまったけどとにかくニカちゃんが可愛くて気になって私はこの人にお金を落としたいと思ったってことだ!まだまだ成長途上であろう彼のこれからを見守って応援していくために、私は二階堂高嗣をキスマイの担当にします。

 

 

二階堂高嗣がジャニーズのアイドルとしてどう成長していくのか、今からとても楽しみだ。

 

 

あ、あともう一つ。

フライングになるけど、ニカちゃん誕生日おめでとう。生まれてきてくれて、アイドルになってくれて本当にありがとう。

f:id:dm_you:20160731015503j:plain
今年のケーキはおそらくこれが正解だろうって顔しながら集めた

 

デュアルスクリーンが使えるカラオケで鑑賞会しながらのお祝いだったんだけど最高の環境だったので、興味がある方は是非試してみてください。二面の壁にでかでかと映し出される自担、相当いい。

 

 

Japonism Show 7/23静岡レポ

ARASHI “Japonism Show” in ARENA 行ってきたよー!!!

ドームの時とはまた違った魅せ方で、新鮮な気持ちで楽しめるまさにショーといった感じ。

アリーナクラスのコンサートに久々入ったから思った以上にキャパが小さくてびびったよ……双眼鏡通したら衣装がとてもよく見えるレベルだったよ……

 

 

以下ざっくりネタバレレポ

 

ただいま (メインステージ上段)

暗闇の中、歌詞を映し出すスクリーンと歌声だけで始まる演出。本人たちはそこにいるのですが、暗くて遠目からでは最初はシルエットもぼんやりとしか見えません。そこから歌が進むにつれステージが明るくなって、落ちサビでスポットが当たるという流れ。

後光が差す嵐さん神かと思った。

 

A・RA・SHI (メインステージ下段→ムビステでバックステージ→メインステージ下段)

メインステージがムビステになるんだろうなと思ったらその通りだったけど、何よりメインとバクステの往復時間が早すぎてびっくりした。アリーナすごい。

 

Sakura (メインステージ下段) 

Japonesque (メインステージ下段→上段) 

衣装がいいぞー!白メインで赤の入った、全員腰回り重ための衣装だったので踊る度メンバーの腰布がひらひら舞って素敵でした。無駄な布の多い衣装はいいね……

ジャポネスクは途中から扇子や傘を持って踊る演出あり。

 

ワイルドアットハート (メインステージ上段→下段)

天使だったよ。 

推しコンビのわちゃわちゃによってこの曲これ以外の記憶がない。

 

二宮タップダンス (メインステージ下段→中段)

 メインステージ下手側でたかたかタップを披露するニノちゃん。ちょっと跳ねてはどう?と言いたげな目で歓声を要求するアイドルと、甘やかしてキャー!って言ってあげる観客の図はもはや様式美だなと思いました。

 

インザルーム (メインステージ)

たかたかタップをしながら階段を上って行って肩越しに振り向いて、それまでの可愛い雰囲気とがらっと変えた色っぽい歌い出しを口にする二宮和也には誰も勝てない。

ちなみに立ち位置は 上段センター二宮(ソファー)、中段下手に大野・上手に相葉、下段下手に櫻井(ソファー)・上手に松本(ソファー)でした。櫻井翔の帝王感よ。

 

復活LOVE (メインステージ上段)

ライトの色調が変わって、黄色い光に照らされた五人のちょっとしたアクセントダンスが入ります。肌の色から衣装から全部黄色に見えるから加工された映像を見ているような不思議な気分。メインステージの奥にスタンドマイクが現れて復活LOVEへ。

 

櫻井スネアドラム (メインステージ下段→上段)

この静岡から新しい試みをしたいと言う翔さん。観客席に手拍子での参加を求めます。予想以上に順応性の高い客席に「すごいね?!こんな早くできると思ってなかったから時間余っちゃうよこれだと」と驚く様子も。

びっくりした勢いでスネアドラムの縁にスティックが当たってしまい「あっぶね!これ高いんだよ……」と言う様子も。かわいい。 

 

Lucky Man (メインステージ上段→下段→ムビステ?)

大宮が肩組ながらわたわた階段降りてるの見て妖精かと思ったよ。

静岡スクリーーーーーム!

 

Troublemaker (バックステージ)

お山ハートビートあり。 大野さんはちゃんと最後の列に入れてもらえてました。

ここで相葉さん振り間違え(MCにて記載)。

 

Daylight (バックステージ→トロッコでメインステージ)

新曲です。って言うからパワパラかと思ったよ潤ちゃーん!!

 

 

MC (メインステージ)

ボケボケ翔さん。

「二か月も空いたらもう思い出すじゃないよね。覚え直すだよね」な相葉さんと、自宅で何度も振りのビデオ見ながら練習するも毎回同じところばっかり間違えちゃう大野さん。

 

こういう重大発表はちゃんとして!知念くんおめでとう!

 

この二宮さん絶対ポケモンGOやってる。夢があるからやっててほしい。

 

スクリーンに映る自分の動きを見てたら混乱して間違えた相葉雅紀は天然記念物。そしてそれにしっかり気付いてるTOP担。

 

客席と一緒に手拍子してるのに、翔さんのドラムが始まるとぴたりと止まって翔さんに見入ってしまう大野さん(二宮さん情報)。

 

櫻井「みんなそういうのちゃんと察してできるから!」 

 

 

Everybody前進 (メインステージ下段)

懐かしい映像がスクリーンに映し出されてました。この曲の振り可愛いよね。 

 

DJ×MJ (メインステージ上段→下段)

メインステージ上方に人がちょうど入るくらいの箱が三つ並べられて、全面がスクリーンの状態で連結。MJがそこに手をかざすとスクリーンがiPhoneの画面のように動き出します。

もうこれは説明しきれないから映像化された時に見てほしい。映像と動きが一体になったパフォーマンスはとても見応えがあって釘付けになりました。何より潤が楽しそうなのがいいよ!

 

I seek (メインステージ下段) 

Disco Star (メインステージ下段)

にのちゃんがすこんって転んだからびっくりした。隣でディスコスター走りしてた翔さんもそりゃびっくりして覗き込んじゃうよね!かわいすぎるアクシデントでした。

 

Rain (メインステージ下段)

イントロが流れた瞬間もう客席の空気が変わるわけ。5人Rainの攻撃力がすごいから早く円盤にして正面位置からじっくり見させてほしい。*1

曲終わりで二宮さん以外の四人が後ろに置いてある箱の中へ入っていきます。

 

秘密 (メインステージ下段)

 入っていった箱から出てきたのは着ぐるみだったんだぜ!三十路過ぎが動物の着ぐるみ従えてかわいく秘密踊っちゃってんの、ずるい。

 

Shake it! (メインステージ上段)

こちらはJr.を従えてのしぇけ。席位置の関係で機材がちょっと被ってしまっていたのが残念。

 

T.A.B.O.O (メインステージ下段)

なんかもうこれもイントロで客席がざわつくよね。ごちそうさまです。 

 

三日月 (メインステージ→ムビステ→センターステージ)

発行×→発光○

これ今回のベストオブ謎衣装だよ。すごかった。なんかオーバーサイズってレベルじゃなくもこもこしてんの。しかも内側から発光してるからすごい、幻想的なんだけどでもなんか衣装の形状には疑問しか抱けないみたいな絶妙な気分になれるそんな衣装でした。脱いだらすごいんだぜ。

 

マスカレード (センターステージ)

暗転して白いの脱いだら全身光ってた。

マジカルソングの比じゃない、ってかあの時のいかにも電飾ついてますな衣装とは全然違って、服の布自体が光るような感じになっていて技術の進歩を感じました。ずっと衣装見てたけど全然構造がわからなかったな……近い席で仕組みが見えた人はご一報ください。

 

Bolero! (センターステージ→外周トロッコ)

ここか次の曲でちょっとした外周リフターがあったはず。

今回の公演では相葉さんのティシューは無し。どうやら設備不良らしく、残念ですが相葉さんの安全が一番。ここからの全公演も怪我などなく無事に終わりますように。

 

青空の下、キミのとなり (外周トロッコ)

近年この二人の距離感が近くてコンビ推しの人間としてはありがたみしかないです。今思えばティシューができなかった相葉さんを励ます意味も含んだ握手だったのかな、なんて思っていたりも。

 

大野マスクパフォーマンス (メインステージ上部)

横の方から双眼鏡で見ちゃうと入れ替わりの瞬間とか結構見えるもんですね。これは正面から見た方が楽しめるパフォーマンスなんだろうな~

 

Miyabi-night (メインステージ下段)

心の空 (メインステージ下段)

この衣装にベストオブジャポアリ賞 衣装部門あげたい。

上半身だけ見ると軍服テイストの洋風衣装なのに、下半身は全員が袴のようなロングスカートを翻している。着物の帯のようなパーツもついていてまさに和洋折衷といった感じ。

そして筆で塗られたようなスカートのゴールドに和を感じさせられ、全身に散りばめられたラメは特効の炎の色を反射して、比喩でなく全身がきらめいている様がとても美しく、この衣装が二曲だけなのが勿体ないくらいでした。

あと心の空は足の動きが大きいからばっとスカートが広がったり舞ったりするのが綺麗だったよ。相葉さんの蹴りで腰回りの布が翻ったのがすごくかっこよかったので、今後入られる方は是非見ておいてください。

 

挨拶 (メインステージ下段)

なんで脱げなかったのかは見そびれましたがひとりだけ前衣装のスカート履いたままの大野さん。そういう仕様なのかとびっくりしてたら二宮さんと笑い合って、スポットライトが外れてから脱ぎに行ってたからアクシデントだったよう。

 

僕らがつないでいく (メインステージ下段→上段)

それまでの曲の中で、一番気持ちの入った歌声だったように聞こえた。特に大野さんの伸びやかなビブラートがすごく沁みました。

 

 

Power of the Paradise (メインステージ下段)

ここからアンコール。Tシャツに着替えたメンバーがメインステージから登場。この曲を待ってた!

パワパラ、略称に賛否あるみたいですけど当ブログでは構わずパワパラでいきます。披露はテレビと同じ長さだけだったので、早くフルで聞きたいです。

 

愛を叫べ (メインステージ→外周トロッコ→バックステージ)

キューピッドの矢をおじゅんが撃つやつやってくれたんですけど二宮さんは一回目なかなか倒れないし、翔さんは二回目で「愛が重いよー!」なんて叫ぶしやりたい放題で最高にかわいい。

スマイルマーク作れなかった総武線もかわいかったしハッピーソングが過ぎるぞこれは。

 

感謝カンゲキ雨嵐 (バックステージ→ムビステ→メインステージ)

 

大野智かわいい問題。潤くんの真似して自分も矢を放つも誰も倒れてくれなくてみんな笑う→「So Soイイことなんてない」で翔さん笑ってちょっと噛むのコンボはずるい。最後の最後でとんだ幸せ空間になってました。

ラスト、俺らの名前はー?で銀テープ。

 

 

その日のうちに上げようと思ったらこんな時間になってましたけど、キャパが小さいと動きも覚えてるもんだなとしみじみ思いました。自分の記憶力に自信がない方なのでね!割と移動まで書き出せたのがびっくり。

 

ジャポニズムといえばこれかな、という印象。特に客席との距離が近いアリーナでは、会場が真っ暗に暗くなるというのはステージ上を暗転させるのにすごく重要な役割を担っているんだなという印象でした。

自分でペンラの色を変える楽しみはあまりないかもしれないけど、とにかく会場の光が美しいから客席まで見て楽しんでしまう。会場全てを演出されているなんてすごい空間ですよね。

 

ドームツアーとは似ているようで結構違う作りになっていたと思うので、早いとこジャポアリも映像化お願いします!特典たくさん付けてください!

 

長々と読んでくださってありがとうございました。夢のように素敵なエンターテイメントでした。

 

*1:座席的に結構下手からの視点でした

キスマイのファンクラブに入りたい 2

 

dm-you.hatenablog.jp

 

先日こちらの記事で呑気なことを言っていたわけですが、考えれば考えるほど誰のことが好きなのか迷走しそうになっていた。一人に絞るという行為がこれほど難しいものだとは。

私がそんなことをしている間にも、先日コンサートへ連れて行ってまんまとキスマイに落ちた友人はファンクラブに入ろうとしている。早くね?*1

 

しかし私だってファンクラブに入りたい気持ちはずっと持っているのだ。ただ担当が決まらないだけでこんなにも入会が困難だとは知らなかった。7人担として入らせてくれ。

 

さて、前回の記事を上げてから自分の中でメンバーについて考えてみたので、順番に書いていきましょう。

 

 

北山宏光

グループに対する考え方が大好きな熱い男。

貪欲に上に向かって爪を研ぐアイドルが好きです。同時に演出を手掛けられるアイドルも好きです。トップを掴み止るための熱量の高さと向上心の高さ、それが私の求めるアイドルへの願望で、みっくんはそれを持っています。

私はみっくんの作るコンサートの演出が好きだし、MCとしてトークを回していく彼の姿もとても好きで、コンサートでは小さな身体の隅々まで意識を行き渡らせてアイドルを全うしているところも好き。

かわいいとかっこいいが同居した彼からどうしても目が離せない。自分の魅力で人を引き付けられる人だと思っています。

 

・千賀健永

ストーリー性が強くて、ピュアで、苦悩を乗り越えてきている人。

かっこよくあるために舞祭組が正しいのかわからなかった、先日読んだ1万字インタビューでの千賀さんの発言にぐっときていました。

グループのために自分がやりたいことを切り捨てていく決断力と真面目さが好きです。切り捨てるっていうと、ちょっと違うのかな。今自分が何をしたらグループのためになるのか、自分がどうすることでメンバーのためになるのかしっかり考えている人なんだと思います。

すごく純粋で綺麗な人だよね。不器用で、悩んでたり、上手くいかなかったりも多いけど、ちゃんとすごく素敵な姿をファンに見せてくれる、そういうところとっても好きです。

 

宮田俊哉

圧倒的に王子様。

これだけ彼がバラエティーキャラとして一般に馴染んでいる一方、絶対に捨てないものが、王子様であるということ。ファンの子にはきらきらした自分を見せたい、と何度も彼が言っているように、本当に宮田くんは王子様だと思っています。

求めれられるものを受け止めて全力で返せる彼が「アイドルは向いてると思う」と口にしたその言葉は私は正しいと思っています。宮田くんは表舞台で輝ける人。歌声もとっても優しくて素敵ですよね。

俯瞰でしっかりとみんなの意見を取り込んで緩衝剤として溶け込める、そんな優しい彼がいてくれるからキスマイが上手くいくんだろうな。とっても魅力的で本当はすごくかっこいい、ファンにとっては最高の王子様です。

 

横尾渉

リア恋枠ナンバーワンの結婚したいアイドル。むしろ渉さんと結婚したくない人なんているの?(個人の意見です)

甘やかしたいかわいさを持つ人で、同時に甘やかされたい母性を持つ人で、なんてずるいんだと思います。グループの中でも甘やかされてるし、そんな甘やかされる姿を見るのも好き。ちょっとポンコツなところのある彼の動向は、どうしたって愛したくなってしまうのではないでしょうか。

歌も喋りも上手くはなくて、かっこいいことが苦手。でもそんな余裕のなさにきゅんとしてしまう、彼はたぶん正統派とは違ったアイドルの形を見せてくれている人で、私はそんな彼に今日もときめいています。

あとI SCREAMツアー内「MU-CHU-DE恋してる」の狼耳横尾渉は誰が何と言おうと誰よりかっこいい最強の狼さんだから、そのあたりはしっかり映像に残しておいてほしい。

 

藤ヶ谷太輔

あざとさとギャップに心を打ち抜かれたい。

ギャップ大好き芸人としては藤ヶ谷さんのギャップについては本当、好きしかないんですよ。グループ内でのセクシー担当としてやっている彼がメンバーの行動で無邪気に笑っていたり、渉さんにデレデレしていたりする様子なんて特に堪りません。

自分の魅力をしっかり引き出せてかっこよくあろうとしているところも大好きで、やはり彼のパフォーマンスは女子の喜ぶポイントをよく熟知しているのだろうと思える部分がたくさんあります。あざとい。

知れば知るほど第一印象からの差にきゅんとする、そのポイントだけで見たらギャップ好きな私が一番好きになるであろうタイプは彼なんだろうな、とずっと思っています。

 

玉森裕太

ふわふわきゅるんな男の子。

過去の記事で書きましたが、私が一番最初に好きになったのは玉ちゃんでした。ゆるくてふわっとしてて優しい空気を持っていて、愛されるために生まれてきたような可愛い男の子。愛されることを自覚している。

なのに体つきはすごく男らしくてたまに見せる鋭い目つきは普段の彼とは一線を画すほどの熱を持っている、彼もまたギャップ萌えの人なのだろうと思っています。今年のソロPVの造形美も本当に良かったし。

甘え上手なところはいつもキスブサでの萌えポイントですし、特に彼の甘めな声は大好物。ふにゃっとした笑顔で微笑まれて全てを許してしまいたい。

 

二階堂高嗣

表情豊かでやんちゃで、大切なバランサー。

彼の中にあるアイドルとしての理想を覗いてみたい、と思うほどに彼は完璧にアイドルであるように思う。自己プロデュースが上手く、とにかくその場に応じて自分の魅力をきっちり引き出せる彼は私にとって恐ろしく魅力的に見えています。

メンバーが何をしているのか観察できて、その中で自分はどんな立ち位置に行けばいいのか考えられる彼は、切れ者であることは間違いないんじゃないかと思います。グループとしてのバランスを取るポジションってのは、すごく大変だし大切な立ち位置なんじゃないでしょうか。

あともうとにかく笑顔がかわいい。ひたすら甘やかして可愛がってあげたくなる笑顔の持ち主ですよね。ころころ切り替わる表情の豊かさについつい愛おしさを感じてしまいます。

 

 

ここまで書いた上で言ってしまうと、実は、たぶん私はこの人を好きになるんじゃないかな、という人がひとり見つかった気がしています。

書き方で誰かわかるかなあ。文章量は同じになるくらいに書いてみたつもりではあるけど、もしかしたらもう滲み出てるものがあるかもしれない。

 

月末に遊ぶ約束をしている友人と、その時ファンクラブへの申し込みをしようよという話をしているので、また申し込みが無事終わったら改めて記事にしようと思う。

それまではもうちょっとだけ、誰を担当として推したいのかじっくり考えたいと思います。

 

 

*1:7/10レポ記事参照

待ちに待ったジャポ円盤が出るらしい

最近キスマイの話ばっかりだったんだけどさ。

 
 
嵐、Japonism円盤出るってよ。


 

やっおま、えっどれだけ待たせたとうわっやったー!!!!!やったよー!!!!
ちょっと待って特典映像ないの!?嘘だろ。

 

私ジャポ円盤が出るまで57198回はTwitterでジャポを待ち焦がれるツイートしてたんですけど、「きっと特典が多いから遅れてるんだ……」とかいうポジティブ思考で乗り切ってたんですけど映像ないの?

ということは発売がこれだけ遅くなったのはただ単にアリーナツアーのネタバレ回避のため……嘘だろ……

 

 

どうにも納得がいかないので、この気持ちを公式にクレーム伝えるべくジェイストームのサイトを開いてみました。

 

f:id:dm_you:20160713234230p:plain
あいしーく超かっこいい

 

じゃなくて、問い合わせフォームなくない?

 

調べてみたらどうやらジェイストームにはそういった問い合わせフォーム的なものはないようです。そっか……事務所傘下のレーベルだとそういうことがあるのか……

 

仕方ないので、読まれているかわからないファミリークラブ宛ての要望ハガキ職人になろうと思います。*1 アリーナツアーも映像化してほしい。せめてアリツアには特典しっかりつけてほしい……

ファミクラへの要望ってほんとに意味あるのかなー。あるって信じないと何もできないよな……

 

あっでもジャポ円盤は本当に待望していたので超楽しみです!!!

MUSICのきゅるるんにのちゃんを見るまで死ねないって3847回は言ってたんだからさ。

 

 

*1:カツンの充電完了要望送る用にハガキだけはたくさんある

キスマイのファンクラブに入りたい

 

私は今、非常に困っている。

 
 
先日書いた記事で、キスマイの担当が決まっていない話をしたよね。その時は「担当が決まってなくても時々に応じて全員愛でていけば何の問題もない」と思っていたのだが甘かったらしい。普通に問題あった。
 
 
先日I SCREAMに参戦して、ファンクラブに入りたい気持ちが強くなった。
区切りの年にして新しいものを見せてくれた良いコンサートだった。キスマイに再熱してもうじき一年になる今、やはりファンクラブに入ることでファンとして応援の姿勢を取って行きたいと思えるものだった。キスマイ、頑張ってほしいよ。
 
しかしながら、これが問題だったわけで。
 
 
そう、ジャニーズのファンクラブに一つでも入会したことのある人は分かると思うんだけど、申込書に「一番好きなタレント名」を書く欄が設けられているのだ。担当を決めることを余儀なくされているシステムに私は直面してしまったのだ。マジか。私は今現在こんなにラブキスマイyesしてるのに。
今までファンクラブに入ってきたグループに関しては最初からこの人!という担当が決まってたから、こんな事態に陥ることが初めてでひどく動揺してるんだけど、同時にめちゃくちゃいい状況かもしれないと思っていてですね。
 
私はこれから担当を決めるためにキスマイ全員の魅力をしっかり見返していかなくてはと思うんだけど、これはちょっと…ちょっと楽しいのでは?
今の時点で私は誰に転んでもおかしくないと思っていて、初めて味わうドキドキ感にちょっと興奮している。
困っているんだけど、楽しい。我ながら現金なものだなと思うけど、アイドルのことを知るのが好きなオタクだから仕方ない。
 
やー楽しいな!誰の担当になるんだろう!今の時点で絶対無いと言い切れる人が一人もいないから本当にドキドキしてる。全員が担当候補なんてそんな楽しいことある?
 
まあ、あまりに目移りしすぎていつファンクラブに入れるかわからないのが当面の問題なのでどうにかしたいです。
ひとりに絞れない時ってみんなどうしてるんだろう。切実に今、教わりたい。